monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ミニ四駆でライトON!

<<   作成日時 : 2010/04/01 21:51   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

さて前回は日亜の砲弾型LED:NSPW500GS-K1をダイレクトドライブで点灯走行させてみたわけですが・・・結果はいまいち。。
これではまるでショボい自転車用マーカーライトのようだ・・。

と言うわけでリベンジすべくリビルドする事にしました。

はい、大方の予想通りここは低出力LEDでは現在最高の発光効率を誇るの日亜 NSPWR70CS-K1 雷神に換装。
画像
しかしそのままだとデカ過ぎるので、まず500GS-K1同様レンズ部を全面カット!
更にサイドも中の具ぎりぎりまで削り落とします。

さて、これを500GS-K1に換えて・・・の前に。


現在の私のミニ四駆界におけるポジションとスタンスについて確認しておきたいと思います。


前回お話しした通り私はこれまでミニ四駆の世界と言うモノを全く知らない状態でした。
まあ、今もまだ知らない事ばかりな状態ですので私のポジションと言うのはもちろん底辺、最下層にあります。

そうですね、例えば・・タミヤ主催の公式レースは現在行われていないそうなので・・タミヤ貸し出しの5レーンの公式コースで行われる大会で優勝を争うくらいのレベルの方々を神レベルとしますか。
そして今回のきっかけとなった第一次ブームの復帰組である同僚をまあ人(並〜達人まで?)レベルと仮定したとすると・・今の私はまだせいぜいミミズとかミジンコとかプラナリアとか?まあ虫けら以下のレベルと考えて良いでしょう。

そこでミニ四駆界においては大先輩にあたる同僚にこの世界についての様々な事柄をご指導ご鞭撻頂いていると言う段階なので、正直まだ速さとかレースとかそーゆーレベルには程遠い。

人間で言えばせいぜい小学校3〜4年生レベルと考えるのが妥当なようです。

話を聞くと何でも第一次ブームの頃は今のように高機能なGUパーツも少なく、またマシン自体も今と違ってリアローラーを取り付けるステーすら無いのでウィング部を自分で加工してローラーを付けてたのだとか。

またそのローラーもプラで今よりすごく回転が悪い、しかしちゃんと回るベアリングローラーは高くて子供がおいそれと手が出る代物では無かった。

限られたお小遣いで高性能なローラーを買うべきか?それとも新しいマシンを買うべきかで死ぬほど迷った・・そんな時代だったとか。

そこで私も最初はノーマル部品だけで出来る限りの事をやってみる事にしました。
何が不足していて何が必要なのか?自分なりに考えてみる事、これはどの世界においても大切な第一歩と言う事なのだと思います。

次にGUパーツでレベルアップを図るにしても今の私のレベルに相応しく制限を設ける事にしました。



改造費はマシン一台分までとする事。


つまり私が改造に使える予算は本体の税込み定価である945円までとなります。
先のローラーを買うか?マシンを買うかで悩んだ当時の少年達の葛藤の追体験をするわけですね。

もっとも実際子供では無いのでこうした予算制限でも無いと魅惑のパーツがショップに行けばてんこ盛りな現代、ついついバカバカと要らない物まで大人買いしちゃいそうですので、これはちょうど良い縛りになるかと思います。
何よりもそこで”考える”ようになるってのがやはり一番大切な事ですよね。



あ・・ただしLEDなどネタ系パーツや機材に関しては予算に含みませんのであしからず。(もう手遅れだし)



そう言うわけでスポンサーさん・・もといミニ四駆においては大先輩であり師匠の同僚が敬意を表して俺のネタ ミニ四駆も載せるよう脅迫されたので仕方なくご覧ください。
画像
ちなみに最近の楽しみは銀魂の神楽ちゃんに罵倒される事だそうです。
ああ、やっぱりドM属性なんですね。本当にありがと(ry


そんな事はともかく・・・


これでようやくナイトレージJr.のフロントグリルにぴっちぴちですがなんとか収める事が出来ました。
画像
あの・・元から雑な性格な上にかなーり勢いで作ってるんで仕上げがすっげえ汚いのは見なかった事にしておいてください。


加えて電源が一定電圧を切るとレーンチェンジなどでモーターの負荷に合わせて明るさが落ちるのは情けないので控えめながらも出力制御出来るよう回路も搭載。
画像
これにはサイキットさんのLED BoosterSXを採用させて頂きました。
これでテールと合わせ電源側で65mA程流れていましたので、トータルでもせいぜいトルクチューンモーターに換装したのと同程度かそれ以下の消費電流ではないかと思います。

そうすると雷神の方にはそれぞれ20mAくらい流れそうですので・・2灯合わせて20ルーメン位は出せそうかな?


配線はこんな感じでぐっちゃんぐっちゃんカオスな取り回しとなっております。。
画像
しかし端子やワイヤーらでもっと重量嵩むかと思ったらそうでもなくてニッケル水素電池込みの重量で143.3g(アルカリだと-6g)でした。

と言ってもこれはまだLED以外はすっぴんだからですね。
GU(グレードアップ)パーツとか足して行ったらすぐに150g超えそう。

あ・・それでも一応ガタのひどいシャフト回りとかは余りパーツでスペーサーとか自作して矯正しています。
画像
こことかはとっぱらったリアウィングの根っこのパイプからでっち上げてみました。

他にもメインシャーシの両端とかあちこち少しづつ手は加えてありますが、いずれも安易にGUパーツを使わず元のキットに付属の素材でどこまでやりくり出来るか?またノウハウについてもできる限り先達の知恵に頼らず自分自身で考えて工夫できるか?も課題とさせて頂いています。

あ・・そうそう、ROFfactoryのおきゃんさんとこの記事は私も拝読させて頂きました。
なんでも第一次復帰組の 同僚 師匠が言うには、あれは非常に丁寧で優れた解説となっているので良く読んでおくようにとの事。
ふむふむ、なるほど・・・って、実はまだ内容の半分も理解出来ていないけれど頑張ってみます。


ま、それはそれとして・・・私の場合はまずは光らせ照らす事こそ最優先事項である!
画像
これならどうでしょう?
だいぶヘッドライトらしくなったかな?

上から全体を見るとこんな感じ。
画像
うーん・・・やはり荷台にトノカバーくらい欲しいかも。(誰得?)


そうそう、前回の500GS-K1はいつでも引っこ抜けるようただ穴に差し込んであっただけですが、今回は一応エポキシで固定しましたので蓄光も入っています。
画像
グロウパウダーはあまり明るくないので余っていたピュアブルーを使用。

ふ〜む・・なんだか 痛い 青色ポジションランプ付けたみたい。


で、肝心の実走行動画は・・・もう少々お待ちください。。

次回 後悔 公開予定!!・・・たぶん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【led ライト ヘッドライト】関連商品
led ライト ヘッドライト に関するYahoo! 楽天 の検索結果、ブログからの口コミ情報を提供しています。 ...続きを見る
オンラインショップ シンプル検索
2010/04/04 11:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
わははは、monozofさんならきっとこういう方向(ベクトル)でやってくれると思っていました(^^
私は息子と一緒にやっていたクチで、彼の興味がパソコンやらゲームに移っていってなんとなく寂しい思いもしておりました。
走行動画楽しみにしてます〜

今となっては恥ずかしくて見せられない10年前の私のミニ四駆コンテンツ(爆
http://www.mars.dti.ne.jp/~ogura/mini4/index.html
RUU
2010/04/02 00:15
RUUさん>
さ、さすがRUUさん!速さはもちろんの事とっくに未来も先取りされてたんですね。
そちらの方の走行動画が見たいくらいです〜。
この辺のカウルデザインもむしろ時代は今!かも。

・・って思ってたらうちの師匠はなんかバイソン・マグナムGスペシャルだかってのを買って来たぞ?
monozof
2010/04/02 01:27
ノっちゃだめだノッちゃだめだ
ノッたらだめなんだぁぁぁー!

というのが、今の私の心境です。
おきゃんさんとことか、fixerさん
からの直話とかで、とても興味は
そそられるのですが・・・
トイラジでヌルく遊んでることに
します。電飾標準装備の(笑)。
リオ
2010/04/02 08:22
いやあ思っていた以上に奥深くて面白いモノですねこれ。
単に高出力高回転モーターにして最高速を上げたからってラップは縮まらないってとこがまた良い。

それにほら実車はもちろんライトを弄るのに比べても部品とか安いものですし。

で・・限定パーツとか出たらつい次から次へと買っちゃうのよね。
やはり全てはタミヤの思惑通り?
monozof
2010/04/02 20:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミニ四駆でライトON! monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる