monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS CREE XP-G R5:1Aランタイム測定

<<   作成日時 : 2009/11/22 21:07   >>

かわいい ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

<前回までのあらすじ>
余裕ぶっこいて700mA測定でTE判定負け>判定に不服がある、コミッショナーを呼べ>こうなったらガチバトルじゃよー!←今この辺


そう言うわけでXP-G R5の検証もこれで最終回となりました。
今回は予告通り1Aでの測定を行いますが、700mA時とは並べる順番を変えてあります。
まずは生グラフからまとめてご覧ください。
画像

画像

画像


R2のグラフの降下角が少し急峻になった意外なんか前回とあまり変わんねーじゃんって感じですね。

そう思って初期の50%に達する時間を入れておきましたが・・・時間だけだとR2の1時間27分がもっとも長いですが、前回よりも早く降下が始まっている事からやはりトータルスコアは期待出来そうにありません。

次がXP-Gの1時間20分で時間はR2よりも7分短いとは言えやはり巡航中も初期照度からの低下は少なく急降下するまでほぼフラットに出力を維持している事から今回もかなりの好成績が期待できそうです。

最後は「これで負けたら引退 解体、フツーのライトに戻ります」宣言をしたTE '09ですが、時間的には最下位。
グラフ形状もXP-Gに近いとは言え微妙に初期照度の維持率では劣っているように見えます。

これでは多少初期照度で勝っていたとしてもトータルスコアでXP-Gを凌ぐのは難しいかも知れません。

さあ、いよいよTE解体の時が迫って来たのでしょうか。


「なあに痛みなどほんの一瞬でございますよ」




とまあ猿芝居はこれくらいにして、データをOpenOfficeでまとめた集計表をご覧ください。
画像

画像

画像


・・と個別グラフだとむしろ判りにくいかも知れませんね。

先に初期照度を見た方が判りやすいですか。
画像



でもって、これらをまとめたグラフがこれ。(先に出さんかい)
画像



トータルスコアでは・・・

XR-E R2が1465.08

XP-G R5が1874.48

TE '09が・・・2255.78








ク・・ククク・・・・っ







げっはっはっはっはぁっ!! 

(外道に堕ちた?)




ふうぅ〜・・・メシウマっ!






・・・って、いや冗談ですよぉ。

まあバレバレの展開だったかも知れませんが、賢明な皆様なら理論的に必ずこうなる事と解っておられた事と思います。

TEは1Aでようやっと1LEDが350mAの効率(あるいは効率低下)となるモノですので。
むしろそれにXP-Gが700mAまでしっかり付いて来ていたって事に驚愕しました。

もしも今日までのXR-EのランクアップがLuxeonのように緩慢なものであったなら、これはまぎれも無くLED界のビッグバンと呼べた事でしょう。

しかし今はマルチダイもあるしハイパワー系の多灯運用も一般的になっている。
多少ランクアップしても大きな変化に感じられなくなって来ている気はします。

それでも変化は確実に訪れている。
いや実感は無くとも常にあらゆる要素は変容を続けているのかも知れません。


そしてやがてまだ見知らぬ変化が未来にはあり必ず訪れるモノ。




てなところで最後にこの検証の間のわずかな、しかし大きな変化を確認してお別れしましょう。
画像
上段が700mAの壁面照射で下段が1A時のものです。

まあ結局のところ例えどんなライトであろうとも出力を上げて照度が増えれば、その分効率は下がり時間は減少しトータルスコアは1Aの方が悪くなるんですよ。


TEはそれを少しでも・・・って、これもこのままだと分かり難いですね。


それではと、それぞれ重ねてみましたがいかがでしょう?
画像

ちなみに赤い三角は出力増加に対する照度の上昇率を見るために入れてみたんですが・・・。


うう〜ん・・・どうも私700mA時のR2の値を少し測り間違えちゃってたかも。。
定格350mA時のデータから理論的に考えてみたらもうちょい初期照度出てても良い気がして来ました。


でもまあ、もう面倒くさいんで後は皆様の方で脳内補正ヨロ

(で終わるんかい!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
測定お疲れ様でした。
貴重なDATAをありがとうございますm(__)m

熱ダレによる照度低下が心配だったのですが、そんなこともない様子ですね(^ ^)
もっとも1050mAも流すと効率悪いようですが・・・トーチで210lm Overしてるのは凄いけど(^^ゞ

ウチのXP-G搭載機の仕様が見えてきました。

・・・で、やっぱりTE'10はXP-G3発ですか?(*^_^*)
nob
2009/11/23 00:05
お疲れ様ですm(_ _)m

なるべくしてなる結果なんですね。
まあ、私は「なるべく」を考えていなかったので「そーなんだ」ってな印象だったりなんですが(^^;

私如きでも判ったような気になるので、視覚的でとても解かり易いデータだと思います。


うーん・・・

ただ、結局ライトにするときに。みたいなことを想像し始めると、、、

アタマがわれるよーに痛いっスね(−−;
川端
2009/11/23 08:51
ちょい時間が取れたので個別レスなど。

nobさん>
なんか最後の集合グラフでは綺麗に三段ラインになってて、ちょうどXP-GがこれまでのシングルLEDとマルチ(ダイ含む)LEDの間を埋める存在みたいな感じでしょうか。
実はP7が出る少し前頃に同じようなコンセプトでXR-Eのダイを2個一にしてDuoってのを試作した事があったんですが・・素子間が詰められなくて豪快にダークリング出てガックリってな事がありました。。
それを今は綺麗な扱いやすいパターンで手に入れられるようになったのですからありがたい。

もっともそれでXR-Eの価値が失われるとは思いませんし、当面TEにXP-Gが使用される事はないと思います。

と言うか以降XP-Gの最適な運用法の追求はnobさんはじめ皆様にお任せいたしました。(丸っとな)
monozof
2009/11/23 12:42
川端さん>
もしも・・リンゴが木から落ちるのを真上からしか眺められなかったら・・。
「リンゴの実は熟すとある日突然に収縮して飛び跳ねたり破裂したりする」
・・と認識されたかも知れないが、これも法則のひとつとしては間違ってはいない。
観測点と観測方向が異なるだけなのだ。

問題があるとすれば・・観測者が自らの観測状態を客観的に認識出来ていなかった事にあるのかも知れない。

・・てのを今回LEDでシミュレートしてみました。

後はまあとりあえずテキトーに好きなライトに突っ込んでみるですよ。成功しても失敗しても得るモノはあるし対策はその後で考える。

・・・か、ハレルーヤを唱えるだよ!
monozof
2009/11/23 12:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CREE XP-G R5:1Aランタイム測定 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる