monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 凸が来た:X2000 Flood-to-Throw Zooming

<<   作成日時 : 2009/03/11 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

うう〜ん、なるほどこれは・・・。
画像
ええ、どう見ても ですね。
本当にありがとうございました。




と言うのは冗談で、この凸はある意味今旬な光学系とも言えます。
照射パターンがCREEのダイくっきりで凸型ってだけではなく、光学系に凸レンズが使用されているんですね。

これらライト用のレンズは基本的に単玉で本格的なアスフェリカル(非球面)レンズでははなく、多くはただの半球形の安価なガラスレンズだと思いますが、これひとつで狭角から広角まで幅広くセッティング出来るので便利です。

それだけに従来は安っぽいイメージが強かったのですが、最近では狭角としてTiablo A9用遠射ヘッドに、広角としてはMcGIZMO SunDropで採用されているようで気になっていました。
これらはおそらくレンズも従来の安普請ではなく、その用途において吟味されたモノが選択されているのだと思います。

これは、そろそろ新たなる凸の時代が来るのかも知れない・・・と考えていました。


そこにこのライトを頂いた・・ええ例によって頂きモノなんですが、なかなか面白いですよこれ。
画像
画像
これはオクで落としたらしく詳細は不明でしたが、DXでの名称だと・・SKU13732 : X2000 Flood-to-Throw Zooming Glass Lens Cree P4 LED Flashlight (3*AAA) ・・と長い名称のと同じっぽい。
DXでは他にも数種バリエーションがあって、CR123専用のショートボディ版もあるみたいですね。


サイズはUltra Fire C2よりも少し短く、バッテリーチューブは3AAAライトらしく約27.5mmと寸胴系。
画像
例のごとくDXのフルネームは長いので以降はX2000FTZとします。



ヘッド部にはスポットのサイズを示す5段階のマークが刻印されていて、その右側にはx1からx2000までの表示、左側にはZOOM IN ← @5M → ZOOM OUTの表示が入っています。
画像
このヘッドを一番縮めた状態がx2000でもっとも広角なFloodの位置で、伸ばしきった状態がx1の狭角なThrowと言うわけですね。


それでは実際に照射パターンの変化を見てみましょう。
画像
ヘッドを伸ばし切った位置での凸から□、そして○になってサイズが大きくなって行きます。
Flood側はNeutral色とかと組み合わせてみたいかも。
*3/17訂正
撮影条件に誤りがあったので訂正し差し替えしました。
誤:F5.6
正:F2.6


ただし、このX2000FTZには専用の切り欠き付き3AAAホルダーが付属しておらず、代わりにテールスプリング部の高さを下げて18650仕様としているようでした。
画像
それでガッカリして私のところに送ってくださったとの事ですが、その代わりオリジナルの3AAA仕様よりも出力は増えていてテールで750〜800mA流れていました。

手持ちの3AAAホルダーを加工して入れられるように出来るか試してみたいところですが・・・いっそ3AAA、18650、18500、16340x2フル対応にしちゃうってのも面白いかも。
まあボディ側はこれで良いとして・・・ヘッド側はこれバラすの無理っぽい?

18650電源で出力が上がっている事もあり肉眼でもかなり明るいので、今度は露出を変えて遠射系とも比較してみました。
画像
ちなみに1mでの照度はx1で10,000Luxちょい、x250でも約8,000Luxくらい出ていましたのでスポットサイズを考えると結構明るい方だと思います。

が、さすがに長距離になると遠射リフのようには飛びませんでした。
屋内だとめっちゃタイトに感じるx1でも、50mくらいになるともうかなり巨大な四角いFloodパターンになってしまうんですね。

これがTiabloのA9用ヘッドではパターンが広がらない遠射用になっているっぽいのですが、頂点から周辺部にかけてちゃんと曲率を変えた本当のアスフェリカルレンズになっているのかも興味あるところです。

が・・・残念ながら私はA9本体を持っていないのよね。。

どなたかヒトバシラった方いらっしゃいましたら情報プリーズ!



*3/12追記

また少し雪が降ったので、以前に撮ったA10など遠射系と比較してみました。
画像
ありゃっ凸が逆さまだった・・ってのは良いとして、こうして見るとそれほど拡散してなかったのね。

ただ飛んではいるけどスポット自体はフラットであまり明るくは無いようです。
どちらかと言うと周辺光が少ない事でスポット部が明確になっている感じでしょうか。

とは言え、これがDXのと同じくP4ランクでWCの光色であるとしたら・・・凸のポテンシャルはなかなかどうして侮れないものがありそうです。

Tiabloは持ってないけどレンズ単体も結構いろんなサイズが出ているようだし、次回注文時にでもポチって何かに入れてみようかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
凸なやつですね。ヘッド部を伸ばすと凸になる。って事は、LEDとレンズ間に光のロスが生じると思うんですが、内部はノンリフですよね?
内側にシルバー塗装とかすると光量UPするのかな。ってヘッド外せるのか否か。
0909
2009/03/12 12:23
はいレンズは凸!でXR-Eのサインは凸!だと確認できました〜。

これがMC-Eだと見事な田!が描かれるものと思われます。
が・・ベゼルは接着っぽいので基本はバラせないのかも。
バラしたって方がいらっしゃいましたらそちらも情報ヨロであります。

円盤状の反射鏡っぽいのも見えるのですが、中はどうなってるのだろう?
monozof
2009/03/12 12:55
はじめまして、monozofさん。
先の方まわるはずです。
アオゲラ
2009/03/12 22:18
こんばんは。アオゲラさんの仰るように、ヘッドの先端(ベゼルって言うのかな?)がネジになってるので緩めていけばレンズが取れて、さらにLEDモジュールもネジネジで外せますです。
いや、私もコレ持ってるんですが「使えネー」と棚の飾りになってました(^^;;
RUU
2009/03/13 00:27
アオゲラさん>
いらっしゃいませ〜。
え、マジで?・・って本当だ!外れました。
情報ありがとうございます〜。

このベゼルってば中は意外に深くてがっちりしてて一応Oリングも入っていたんですね。

RUUさん>
なんと持ってらしたんですね。
はい、おかげ様で具の方も取り出す事が出来ました。
なるほどキャニの部分がストッパーを兼ねてて、抜き出せばヘッドもスポって抜けるようになるのね。
monozof
2009/03/13 01:45

2009/03/14 05:32
もしかしてエポキシ蓄光剤がLED周辺に塗ってありませんか?
PtSkP
2009/03/14 09:10
ω くぱ・・あ?(違

PtSkPさん>
え、そんなのもあるんですか?
LEDは反射鏡と一緒にジュラコンみたいな白い樹脂のカラーで押さえてありました。
詳細はまた解体編で(たぶん
monozof
2009/03/14 12:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
凸が来た:X2000 Flood-to-Throw Zooming monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる