monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット通販:オーディオQさんから日亜三昧

<<   作成日時 : 2009/02/27 22:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

DOT-itと3LSLで使い切ってしまった日亜500GSを頼むついでに、私も巷で明るいと噂の日亜の高効率ハイパワー系を頼んでみました。
画像
500GSx10と一緒に136と183と083がオーディオQさんから到着。
合計4,077円+送料800円=4,877円也・・ぐはっ結構いったな。。
とは言え一応136と183は貴重なエンジニアリング・サンプル品なので仕方ないですね。

私個人はプレミアbinとかにはさっぱり価値を感じない人間なのですが、こうした本来は技術者の方々が研究・開発するために提供されているモノを私のようなモノが遊び半分で使うのにはさすがに気が引けていました。

これらはもっと真摯にLEDと向き合っている方々が手にするべきモノだ。
私が手に入れるのは・・いずれもっと量産され安く広く誰もが容易に入手可能になってからでも十分だろう。

今まで明るいと評判の136に手を出さなかったのはそう言うわけだったのです。
が内心・・なにぃっ!?シングルチップのLED1個が1,260円?たっけ〜っっと思っていたのも事実です。
いやあだってCREE R2なら2個買えますもん。(せこ

でもまあオーディオQさんでの発売からもう結構経つし、そろそろお遊びで無駄遣いしても良いよね?
って事で、まずはGS-430からとっぱずした036とNCSW136TEとの2ショット。
画像
肉眼だと小さくてどうなってるのかよく解りませんでしたが、こうして見ると確かに036のはレンズの根元だけ残してぶった切ったって様がわかります。

それにしても・・・いつ見てもこのレンズ美味しそうだな。
寒天かゼリーのスイーツのように見えてしまうのだけど・・具は栗ではないんですね。

お次はNS6W083の2.5Wバージョンとも言えるNS6W183TE。
こちらも貴重なエンジニアリング・サンプル・・・だけど多分136ほど人気無さそうなので遠慮なくポチっとな。
画像
パっと見はWarmなNS6L083よりちょっと黄身が薄いって感じで、よーく見ないと具のチップが見えないくらい濃い目の蛍光体が被せてありました。

それでは1W版のNS6W083の方は?ってえと、こんな感じで結構スケスケなんですね。
画像
いや〜んボンディングワイヤーまで丸見えよ〜んだとは知りませんでした。





・・・とかついアホな事書いちゃいますが、真摯に向き合ってる方々からfuzakeruna!と怒られない内に計測に移ります。


まずは350mAでの結果からどうぞ。
画像
今回もさっぱりアテにならない人力測定でしたが、日亜ハイパワー組の予想以上の高効率ぶりに驚かされました。

CREE換算なら136でR2〜R3相当の高効率となります。
そして183、083でもCREE Q5に匹敵するって事に二度びっくり。
まさしく噂通り、これらは海外ハイパワーLEDに十分対抗し得るモノでした。


ただし・・・保てない。

特に136については350mA程度でも猛烈な勢いで照度が落ちていくとです。。

もちろんCREEもSSCも照度は落ちていきますが、割と緩やかで粘りがあります。
それが日亜のは小さい分たぶん倍以上の速さで降下して行き、下げ止まりが見えないと言う感じ。
そのためこの計測値は点灯直後の最大値から一瞬後の初期降下の途中段階での値となっています。
なので一応あらかじめ少し間引いてはあるのですが・・136でもあっちゅー間にCREE Q5の値を下回り、放っておけばおそらくP4レベルにまで成り下がる。

これはLEDの形態が完全に発光素子単体に近いためかと思われます。
対するCREE XR-Eなどは、それ自体が何と言うか・・電球のように固体だけで自らの効率を維持できる。
SSCやLuxeonのような形態もまたそのボディと端子が外気との熱交換と遠赤外線放射により効率低下を緩やかなものとしている。
これが136は・・電球に例えるならグローブも碍子も無く直にフィラメントだけが生えているような感じ?
まあそれ単体では自らの熱で自らを衰弱させてしまうので放熱が必要なのはハイパワーLEDでは共通なのですが、この136は全LEDの中でも特にデリケートと言えるかも知れません。

日亜の・・と言うか小型のチップLEDがハイパワーな懐中電灯用としては扱いにくいと私が考えるのはそうした点があるからです。

もちろんこれは発生する熱を遅滞なく排出するよう対策を施せば問題無いのですが、熱抵抗と言うモノは面積に依存しますので発生源が小さければ小さいほどそれは難しくなる。
相当に比熱が大きく比重の大きな(=体積の小さな)物質を介する必要が出て来ると思われますが・・まあ、いつも通り手探りでいくしかないかも。。

うん、今までSSC P4を虚弱体質呼ばわりしていたけど・・・いや、まあどっちもどっちかも。


それならば・・って、わけでは無いですが、これまで日亜が得意としていた0.5W(180mA)でも計測してみました。
画像
いや、実はこれまでGS-430やGTR-731で使われていた初期の036がどのくらいの効率かも確認しておきたかったんですが、たまたまかNFSW036のカタログデータとほぼぴったりになっちゃった。

どうやら350mAだと豪快に照度低下を起こしていた136もこの位の出力だと大丈夫みたいです。
本来が0.5Wで設計された形態と考えればむしろ当然の結果と言えるかも知れません。
あ・・ちなみに136は既にGS-430の基板に載せての計測なので素の183やSSCよりは熱的に有利にしてあるのですが・・やはり小型チップLEDは高効率だけどハイパワー駆動はなかなか難しそうだと感じました。

てえ事は・・逆にNJSW036でも1Wまでなら結構イイ線行けちゃうかも?


が・・・そっちはそっちでLED-ONさんくらいでしか売ってねーのであった。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ほっとんど知識に無いエミッターなので、仕様書とか読んでみようとしたら、、、

NS6L083ATたらNS6W083たらNS6W083TEたらなんたらかんたら、名前ややこしいっちゅーねん(#−−)


慣れないとワケわかんないDEATHね(^^;
川端
2009/02/28 14:02
136はライトにきちんと組み込むと700mAでも大丈夫でしょうけど、
それよりも電流を抑えるとCREE Q5との差が開いて高効率なのがいいですね、

AKOray K-102(AAA)に入れてみたいなあ・・・
takebeat
2009/02/28 14:44
川端さん>
これはですね・・私もようわかりませんでした。。
特に136だけ一気に効率ハジけちゃってるのでパッケージングこそRIGELだけど具は全くの別モノと考えているのですが・・途中に何かあったのか?は謎。

まあいよいよ混迷状態になったら、名も知らぬ親切な人がこっそり助け舟を出してくれる・・と良いなあ(他力

takebeatさん>
ふむ、ちっちゃいとは言えハイパワー、やはりきちんとマウントされてこそその真価が発揮されると言う事ですね。

小型ライトへの運用は、136の効率で0.5〜1W版とか安く出ないかなあ・・とか期待してみたりして。
monozof
2009/02/28 18:03
型名は NS6W083BTE の場合、
B=バージョン (083 -> 083A -> 083B...)
T=テーピングのT?
E=エンジニアリングサンプルのE
かと思います。

将来は NFSW036CLT-K1E なんて型名が来る可能性も...
n
2009/02/28 23:34
おはようございます。ごっつぁんです!

なるほど、136も量産型では普通にNCSW136Tとして記載されるわけですね。
個人的には廉価な高効率0.5W版とかもキボンヌ(せこ

あるいは・・NCSx136-H1とか、その多チップ版をもう一気に主力として展開して頂けるとウマー(無茶ゆう
monozof
2009/03/01 09:03
LEDの進歩は凄まじいですねぇ;;

ちなみにNCSW136TEに計測はスター基板付きでの計測でしょうか?
それとも、素子単体で放熱環境なしでの計測でしょうか??
nora
2009/03/02 21:01
こんばんわnoraさん、このエンジニアリングサンプルでは色温度も低めでしたので136のポテンシャルはかなり高そうに感じました。
測定はGS-430解体編(URL)の最後にある画像のちび基板に載せて、そこから伸びる熱伝導を兼ねたピンを測定缶(台)の0.5mm銅線をU字型に折り曲げた端子に差し込んで点灯させました。
それで比熱容量と表面積はある程度稼げてはいるのですが、ちゃんと熱伝導に優れた基板を経由して大き表面積で放熱してやれば格段に安定性は増すと思われます。

ただ、本格的に大電流でぶん回すのであれば放熱の為に大型のボディが必要になる。
大型のボディであるのならLEDのパッケージングも大きくて良くなり、またLED自体が大きくなれば熱伝導の為の接触面も多く取れるので扱いが容易になる。
・・と言うところで、このRIGELのパッケージングでははたしてどの程度でぶん回し、どの程度のボディに搭載するのがベストバランスか?を光学系も含めて考えて行きたいと思っています。

とりあえずXR-Eの光学系との相性は悪くなさそうナリ。
monozof
URL
2009/03/02 23:04
なるほど、参考になります。

しかし、いつも興味深いデータばかりで陰ながら楽しみにしています。

ありがとうございました。
nora
2009/03/03 19:22
初MODで136Tに手を出した者ですが、目視では熱ダレ起きているかどうか判別不能です〜
明るく高効率で小さいので4チップ多灯という野望を目論んでいたのですが…
Rozaly
2009/03/03 19:48
noraさん>
いや、怪しいデータなのであまり参考にしない方が良いですよ?(うぉい

とは言え、そう言って頂けるとたいそう励みになります。
これからも気楽にご鑑笑頂ければ幸いです。

Rozalyさん>
おお!136で4つ目とはゴージャスぅ〜。
でも確かにそうした使い方は合いそうですね。
350mAx4の1.4Aとかでも136の4灯ならCREE1灯の1Aかそれ以下の消費電力になりそうですので発熱も少なくなるし、明るさはCREE P4換算なら2A相当なる・・のかな?
monozof
2009/03/03 22:34
monozofさん>>

予算がついたら特攻してみようかと思います。

現在の仕様

136TE @ 700ma(BB400 mod)+tiablo A9 opリフ

自作モジュール画像のurl (携帯からぅpしたので未確認)
結構やっつけですが放熱はうまくいっているようです。参考までに。
Rozaly
URL
2009/03/04 00:06
おおっ!これはもう完璧な熱伝導仕様じゃないでしょうか?
なるほど高さ調整も兼ねて多段構成を一体化させてあるんですね。お見事です。
monozof
2009/03/04 08:48
御誉めに預かり光栄です!
これからも光り物スキーとして精進していきます。
Rozaly
2009/03/04 18:03
いやあ、とても参考になりました。
私も明日から・・明日・・てえとバイオ5の発売日!
じゃなくて、私もまたそろそろフラッシュライトの方も弄りたくなって来ちゃいました。

うん、そう言えばG4-1・・ポロリしたまま放置プレイ中だたーよ。。
monozof
2009/03/04 20:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ネット通販:オーディオQさんから日亜三昧 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる