monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS Tiablo A10 R2:ランタイム計測

<<   作成日時 : 2009/01/22 21:36   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11

とりあえずTiablo A10の照度とランタイムを計測し記録し終えました。
いつもの通りショボい機材による手作業なので正確とは言えませんが・・・ええ、しつこい事だけは確かです。

もう少し正確な値が知りたい方は必要に応じてLight-Reviews.comさんのレビューを参照してみてください。
あちらの方がおそらくは測定設備にも優れ正確な値なのだと思います。


そう数値についてはあれはむしろ正確なはずなのだ。

実は私てっきりあれはデータ作成の際の入力ミスか設定ミスが原因で整合性のおかしい””な値になっているのかと勘ぐってしまっていたのですが、どうもあれらの数値は全部正しいのではないかと思えて来ました。

確かに1セル時より2セル時の方が照度が低かったり、照度差では60%の出力なのにランタイムは30%しか多く無かったりとしっちゃかめっちゃかではありますが・・・あの数字はおそらく計測された値そのままなのだと思います。

つまり正確であるが故にしっちゃかめっちゃかになっちゃったのだと。


・・・って、何言ってるんだか分からないかも知れませんが、それは一旦後回しにして私の方のランタイムも見てやってくださいませ。

まずはシングルモードスイッチで2セル時のランタイムからですが、せっかくなのでIMR16340の直列テストも兼ねて参加させてみました。
画像
画像
画像


続いて1セル時で、こちらはいずれもAW18650の2本ですが、No.1(a)は最近ちょっとヘタって来ています。
画像
画像
典型的な降圧回路のカーブですが、推定出力を考えるとこの普通さが尋常ではない事に驚かされます。
初期の発熱と電圧低下に伴う降下もほとんど無く、まるで700mA駆動してるみたいな安定性です。

これに1mでの最大照度とテール電流を加えて表にしたのがこちら。
画像
時間は初期照度の50%迄でとし、単位は分になっています。
最大照度は照度計に記録された数値そのものではなく、数回の計測で平均的と思われる値の端数をカットしたモノを採用しています。
ですのでこれは大きく間違えてはいませんが、けして正確な数値ではありません。

テール電流の値の方は普通にテスターに表示された最大値を入れてありますが・・なかなかすんごい事になっていますね。
こちらは逆に計測された数値をそのまま入れてあるだけですが・・実際はどれくらいかは後から考える事にしましょう。
1セルの方は比較的有り得そうな数値ですが、こちらも今は正誤は考えないでおく事とします。


さて、ここ迄は特に問題ないですね。
むしろそれぞれの計測方法とそこで得た数値をどう扱っているかに注目しておいてください。


今度はマルチモードのスイッチに交換しての測定データです。
IMR16340のグラフの最初の方に乱れが見られますが、とりあえずここでは気にせず進めます。
画像
画像
画像


同じくAW18650の1セル駆動も。
画像
画像


そしてシングルモード同様にこれらをまとめた表です。
画像
と、大体(アバウト)こんな感じになりました。
先の数値の扱い方が頭に入っていれば、もう気楽にそれぞれ欄の数値を見比べてみましょう。
シングルモードの18650とマルチモードの18650の差とか、シングルモードの16340と18650の比率などを考えてみるのも良いですね。
そんな感じで色々な数値の組み合わせを思い描いてみてください。


ところで・・・。
人類の大発明であると言うのは、本来はモノ認識法のひとつの形であり単一ではあまり(*)意味の無い記号のようなモノでしかありませんが、複数あるとまずそれだけで計算に使えるし、集合になったり統計になったりと汎用性が広がると同時に求める核心に近づきやすくなる便利な道具です。
(*)2進法でも0と1と言う二つの記号が必要

同様に表の中の数字もそれ自体は単にテスターや照度計に表示された記号の羅列に過ぎません。

私自身も個別に見ただけではこれらの数値が正しいのか、あるいは間違っているのか、どの程度間違っているのか、どの程度正しいのかを判別する事が出来ません。

そこで色々と数やらを比較をしてみるわけですね。
はい観測点と計測値は多いほど好ましい。
とりあえずこの中からAW'sバッテリーだけでシングル、マルチそれぞれ16340 x2と18650をひとつのグラフにまとめたのがこちら。
画像
画像
18650は両モードとも値の大きかったNo.2(b)の方を採用しました。
いずれも似たようなカーブと比率となっていますが、時間軸はシングルモードは2時間、マルチモードは3時間となっています。
縦軸の方はどちらも最大値を100%としていますが、それぞれに最大照度は異なっています。
一見似ているようですが違うモノなんですね。
逆に違うけれども共通性は見られるモノでもあります。


それでは更に分かりやすいよう、この二つをまとめて3時間のグラフにまとめてみました。
画像
ここで合わせて先の二つの表を参照します。
何かおかしいところは無いか?を確認するわけですね。
簡単なのはどこか表の適当な箇所から数値を抜いて[?]とする。
他の値からその値を求めた時大きくズレていないか・・とかですね。

もっと単純化しちゃっても構いません。
aがbより大きい時、cはdよりも小さくなる(あるいは大きくなる)とかでもOK。

要は検算ですが、必ずしも記入された数字を使う必要もありません。
なんなら各グラフの曲線の内側のマス目の数を比べっこしてみるのも良いと思います。

もちろん正確ではありませんが・・・しっちゃかめっちゃかにはなりません。


それでは私なりに整理してみましょう。
まず最大値についてはシングルモードで16340x2の時の照度を採用します。
これを私は38,000Luxとしましたが、これも数そのものよりもそれが最大値である事に意味があります。
ここでの最大値とは100%と言う事で、当然それ以外の照度は100%よりも低い値となります。

次に明るいのは同じくシングルモードの18650の時ですね。
これの値は35,000Luxですが、最大値に対しては約92%となります。

同様にマルチモードの16340x2の30,000Luxは約79%となりますが、同時にマルチモードの中では100%でもあります。
それに対してのこちらの18650の値は約93%。
この事からシングルモード、マルチモードとも18650使用時は最大値よりも照度は低下するが、その差は10%以内にとどまる・・と言う事がわかりました。
同時にこのふたつのモードにおいては電源による照度の差には相似性が見られる、と言う事も。

次に時間を比べてみたいと思います。
これの最大値はマルチモードの145分でしたのでこれを100%とした場合、シングルモードの18650の107分は約74%と言ったところでしょうか。

次に電源が16340の場合マルチモードでは33分でした。
それではシングルモードでは何分になるでしょう?・・と、そう言う遊びです。


仮に18650での比率74%を適用した場合24.42分となります。
結果の方は26分でしたが、大きく食い違ったと言う程では無いと言うところがミソです。


最後に<16340の式>のように最大限に単純化してみますと・・。
”照度が20%低下すると時間は30%増加する”なんてのはどうでしょう?
<A10マルチの式>ではシングル時の値に対しLux80%、Min130%が適用される・・と言う感じ。


それでは例題です。
仮にシングルモードで18650時のランタイムが114分だったとします。
これのマルチモード時の時間は・・・はい30%増えて約148分ですね。

同様にシングルモード時の照度が45,000Luxだったと仮定します。
この場合のマルチモード時の照度は、さて約何Lux?




ちなみにTiablo A10 R2が本当に40,000Luxを超える値を叩き出す事は私もなんとか確認は出来ました。

しかしそれは確かに計測されるが、スペックとして記録される値ではなく意味の無い記号として扱うべきモノだと思いましたのでmonolog的にはやはり最大値は38,000Luxとさせて頂きます。

それでも十分凄過ぎる性能で、既存ライトをちょっとやそっと弄ったくらいじゃ追いつけ無い事はわかりました。
注意する点はせいぜい2セル時の内部残留熱と、直列時のバッテリーへの負担くらいかも知れません。


う〜ん基準用ライトのつもりで導入したけど、こりゃ同じ遠射系で張り合うのは避けたいキャラだ・・と思いました。




・・・って、あれ?終わっちゃったよ。
私が説明するまでもなくもう解けちゃってると思いますけど・・謎解きなんて要る?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
ほとんどランタイム計らない私にとっては目に鱗。
ライトを使用するにも評価するにも、こういう比較は大事な要素だと思います。
そこから導き出される値によって使用フィールドを想像するのも面白いですね。
私個人のライト評価は、使い易さと購入価格と維持経費で構成されて・・・おっと、寿命も大事でした。
使い易く安価で入手できても、直ぐに壊れてしまっては凹なやつがゴロゴロと転がって・・・マス。
0909
2009/01/22 22:06
中華の場合は届いた時にはすでに寿命が尽きていた・・ってのもありますね。
でも寿命が来る前に原型をとどめていない場合も少なくないよーな。

A10も一通りデータ取り終わったしバラ・・って基準用なんだっけ。
でも一度これにMC-E入れてみたいな。
monozof
2009/01/22 23:55
>><A10マルチの式>ではシングル時の値に対しLux80%、Min130%が適用される
>>
>>それでは例題です。
>>仮にシングルモードで18650時のランタイムが114分だったとします。
>>これのマルチモード時の時間は・・・はい30%増えて約148分ですね。
>>
>>同様にシングルモード時の照度が45,000Luxだったと仮定します。
>>この場合のマルチモード時の照度は、さて約何Lux?

18650使用でシングルモード約45,000Luxのマルチモード<A10マルチの式>80%適用なら、

単純に約36,000Lux


でも、18650じゃそんな照度でないも〜ん。とか?(^^)



>>バラ

データ取って記録しちゃえば、もうあとは好きほーだい(^?^)
川端
2009/01/23 09:10
正解です!
正解者には幸運のチップ抵抗が・・・要らないですね。はい。


そうですね・・40,000Luxを超える値、これは要は幽霊なのだと思います。
P60Lの時の12時間幽霊のように、見えるし記録される。
けど実在しているとは言えない幻影のようなモノ。

でも、それが元で異なる観測者同士で幽霊なんて居ないんだ!とか、いいや俺は見たんだ!とか言い争う状況になるのはあまり好ましくない。
これはその為の式ですので、実際の解体は各々が望む形で行えば良いかと考えました。

テール電流の方の幽霊は・・私では解体出来ないので詳しい方々に丸投げさせて頂きたく候。
monozof
2009/01/23 12:55
う〜みゅ?
中間筒に納まっている板を、バキッ!と
外してみたい衝動にかられませんか?
かられてますよね、ええきっと(黒)
何か、そこに答えが潜んでいるような
気がしなくもなくもない(どっちやねん!)

こっ、この音はA.K.D.のミラージュ!?(違)
リオ
2009/01/23 14:51
板と言うと星模様の基板っぽいのやつの事でしょうか。
変なとこ押すとトラップが作動しそうな紋様ではありますが・・良く考えたらMC-E載せてみたいとか思ったけど、これ上面のスター型カバーからして外し方わかんねーですヨ。

あ・・リフだけ借りちゃえば良いのか。
monozof
2009/01/23 20:32
「この臆病者っ!」(某)

すみませんすみませんすみませんm(_ _)m

Tiabloでの経験則から考えると、LED周りの黒
樹脂カバー=ピンバイスで穴を開けてこじる、
基盤(星模様)=LED側の配線穴から精密−
ドライバーを差し込んで出来るだけ縁近くを
えいやっ! と・・・パキッと基盤GNDが破壊
されて・・・、だと思うのですが。。。

ああいかんです・・・やりたくなってきた(汗)
リオ
2009/01/23 21:20
パアンっ!
「父さんにもっ・・」(そこ違う

なるほど線の穴から突っ込んで奥の基板をガタガタいわせれば良いんですね。
よし!遠射勝負でノーマルA10に勝つ事が出来た暁には・・って一年後くらいになりそな予感。

ちなみにA10リフだけ借りようと思ったら・・長過ぎて収まるヘッドがありませんでした。。
monozof
2009/01/23 23:29
こんばんわ〜始めまして〜遠射系ライトということで、Tiablo A10 R2を薦められ、「買うぞ!」と決めたのですけれど、ライト初心者なのでA10の事を知ろうといろいろ見ていたらここへたどり着きました。
興味深く読ませていただきましたけど・・・解らないことが多くて・・・
いくつか・・・じゃない、いっぱいお聞きしたい事があるのですけれど、もしよかったら教えてください。
multi mode switch と single mode switchって・・・判らないんですけれど・・・
で、multi mode switchのほうがランタイムは伸びるけど暗くなる?
single mode switchのほうがランタイムは短いけれど明るくなる?(ーΩー )ウゥーン

バッテリーは18650を使おうと思っているのですけれど、かんてら堂で見ると売られているのは1本使用ですよね、2本使う時って言うのはチューブとか言うもので2本使えるように伸ばしているのですよね?
上の表を見ると、2本にしたからといってランタイムや明るさが倍になるわけじゃないので、めんどくさいかもしれないけど、1本で使って1本は予備で持っていて、切れたら交換する、そうすればランタイムは2倍になるって考えていいんですよね。
あと、18650もメーカーごとに発売されていて値段も若干違うみたいなので、できれば安いほうがいいなーと思うんですけど・・・バッテリーの質の差って大きいのですか?
もちろん、プロテクト付のバッテリーを購入するつもりなのですけど。
ランタイムの差などももちろん気になるのですけれど、一番は安全面で質の差ってでるのですか?

初めてなのに質問ばかり・・・すみません
ぜぜ
2009/07/25 23:07
いらっしゃいませ〜。
実は自分でもすっかり何書いたか忘れ去っていました。。

が・・2種類あるスイッチはそんな感じです。
シングルだとフルパワーでGO!で、マルチだと最大でもシングルよりちょっと出力控えめの74%くらいの明るさだけど照度=出力の調整が出来る。
明るさはそれほど要らないけど長時間使いたいって時もマルチなら自由に出力を変えられるのでいざって時には便利かもですね。その辺は個人のお好みで。

電源についてはプロテクト付きならPLJさん、中部プロットさんで取り扱いのあるAW18650が手堅いとこでしょうか。
容量はそこそこだけど安定して大パワーが引き出せハードな使用でも割と劣化が少ないのでライト界のスタンダード電源となっています。
UltraFire製などは安い割には容量も多めで悪くは無いと思いますが、総じて出力がAWより少し劣るのと品質のバラ付きがあるので、あまりハイパワーで無いライトで普段使い用とかに向いているかも。

一方この記事ではプロテクトは無いけど比較的安全性は高いマンガン系リチウムイオンのIMR18650と言うバッテリーを使用しています。
これはプロテクトが無い代わりに電池内部で異常があった時にも発火や破裂の危険性が従来のコバルト系より低いと言うものですが、登場してからまだそれほど経っていませんので長期間の使用でどうなるかはまだ未知数と言っても良いでしょう。
容量はAWに比べ2〜3割ほど少なくなりますがパワフルさではほとんど差が無いようです。

そっちのレポも中途半端で止まってますが、どこかに記事があると思います。
またBam!boo! Flashlight DIYさんの方でも以前にメーカー毎の実容量の比較とかされてますのでよろしければ参考にしてみてください。
monozof
2009/07/26 00:16
はや!もう答えていただけましたか
ありがとうございます。
さっきまでかんてら堂さんのサイトを隅から隅まで裏も表もこねくり回して見ていました。
そこでメッチャ興味深い商品を見つけてしまい・・・
やっとA10に決めたのにまた迷いだしてしまいまして、えーい優柔不断なヤツだ。
でお聞きしたいのですが・・・と思いましたが、
A10の照度比較とか、中華なOSTAR:UltraFire の記事とかすっごくおもしろかったので、他も見てきます。
もしかしたらどこかに聞きたいことが出てるかもしれないですしね。
ぜぜ
2009/07/26 01:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Tiablo A10 R2:ランタイム計測 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる