monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS Spartanian 一世

<<   作成日時 : 2008/10/22 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

アイアム スパールタァァーニアーンっっ!!
これはたった300人で数万の軍勢に・・・え?そっちじゃない?


・・・とベタベタさんですが、かつて一世を風靡し今では希少となった初代Spartanianです。
画像
CR123祭りってわけではないですが、これまたご好意で一年ほど前に購入されたのを送って頂いたモノで、マジこいつが初代最後の一本とかだったらどうしよう?

でも完全ノーマルではないようで、光学系をコリメータに変更なさってました。
画像
ヘッドサイズにもほとんどピッタリで違和感ないっス。

コリホルダーを支持している金属の爪は最初そう言うパーツが付属していたのかな?と思っていたのですが・・・これ電池の端子をカットしてスタビライザーとしてたんですね。
なるほどこの手はコリドロップでも使えるかも。
画像
LEDはオリジナル通りKLC8・・ですが基板がSSCなのは一回載せ換えたとか?

KLC8は安価な割に比較的バラツキが少なくP4並以上の照度が出て、またSSCに比べ熱ダレしくく色温度も高過ぎず良い具合、と私も好きなんですが・・光学系で色分離しちゃうと何とも言えない気持ち悪さでグッタリ来ちゃうのが難点と言えます。
これのオーナーの方がコリにしたのもそれを緩和する為だったそうです。

せっかくなので手持ちのも交えて軽くKLC8でコリ祭りでも。
画像
向かって左からLuxeon用Fraen FLP-HMB3、隣はたぶんBest HongKomgさんからProlight WarmWhiteと一緒に取ったコリとホルダーで確かKLC8にも合ったはず。
左側のがSpartanianに入っていたコリで本来はCREE用なのですが結構なんでも合うようです。

それぞれの照射パターンはこんな感じになりました。
画像
まだ若干中心に青みが寄っていますが、リフだと結構はっきり出てしまう色分離もコリだと緩和させれて許容範囲と言って良さそうです。

しかしSpartanian・・本当にこれ結構明るかったんですね。(失礼)

それにてっきりDDか抵抗制御でぶん回しているとばかり思っていたのですが、なんとまともに回路が入ってました。
画像
回路基板押さえはネジ込み式で、キャニスターの仕上げも8WMiniやMINI 6Wよりだんぜん丁寧でした。

実は回路が入っているって事はランタイムを測定してみて気が付きました。
画像
典型的な降圧回路のカーブで、これで抵抗制御だったら回路要らないぞ・・と思ったらちゃんと入っていたと言うわけです。
前回までの記事をお読みの方なら解ると思いますが、非力な16340で明るさと時間を両立するってのはバランス良い出力設定が必要となります。
さすがに昇圧・昇降圧回路に比べ降下率は大きいものの、これも降圧回路としては悪くないカーブだと思います。

測ってみたら16340で560mAと実に良いとこついててビックリ。
なんとSpartanianてばに一年前に既に時代を先取りしてた?

とは言え、これはたぶんそうしたポリシーだからなのだと思いますが、1セルで降圧コンなので事実上16340専用機となります。
つまり明るいのは16340だけで、一次電池ではショボショボに。
測ってみたらRCRの3Vでは170mA、CR123Aだと140mA位でした。
まあこれも今ならAMC7135で定電流駆動するところなのでしょうが、当時の中華ライトの状況を考えるとこれでもかなり奢った構成だったのだなあ、と関心しました。

ついでに破壊したMINI 6Wとの比較でも。
これまた何かのクローン同士って事か多くの部分で共通仕様となっていました。
画像
ベゼルはMINI 6Wの方ががっちり肉厚でネジピッチも微妙に異なるみたい。
レンズはSpartanianの方が若干厚みがありますが径は一緒で、Oリング類も共用が効きます。
あ・・ローレットはもう私の好みでMINI 6Wのガッチリ型をだんぜん支持します。

と言うわけで、現在もう一機パーツ共用の効くCR123ライトが手元にあるわけで・・こっちはどうしましょう?
やはりキャラを分けた方が良いかな・・とかで思案中。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お!
ちょうどKLC8とNX05を組み合わせて見てたところです。
なんてタイムリーな!

意外とKLC8て何でも合うんですね。
あとはどのパターンが好きかってところでしょうか。
cinq
2008/10/23 17:46
KLC8は安い!明るい!熱に強い!とCREE族の吉野家的存在と言えますね。光色も日亜同様ちゃんと混ざればむしろ理想的な成分なので、HW-733Hでは拡散コリのFLP-HMB3と組み合わせての採用となりましたが、小さめなCR123ライトで近距離範囲照射型ってのにも向いていると思います。
cinqさんは何に入れるんだろう?
monozof
2008/10/23 20:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Spartanian 一世 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる