monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘッデン野外照射:三種の配光

<<   作成日時 : 2008/06/29 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

マジでサミットに向けて24時間警戒体制が整って来たみたいで、全国の警察・機動隊・自衛隊からもかなりの人員が北海道に集結しているようです。

そんな中・・ちょろっと近場でヘッデンの野外照射をして来ました。
画像

参加ヘッデンはGENTOS HW-733Hに743Hの回路を移植してKLC8に換装したW-7335H。
それからVer.2になって完全にメーカー製1W級モデルの明るさとなった3W3LED。
最後にGENTOS GTR-731Hに日亜NS6L083A電球色を搭載したフォグ仕様の三つです。

え?ええ、基本的にはこないだの面子と一緒です。。
ただ、この三つはそれぞれ異なる配光の見本としても最適と考えました。
HW-7731Hはフラットな配光で手元から近距離までに最適化されています。
3W3LEDはSSCモドキの素直なパターンで、程よいスポットと周辺光の優等生。
GTR-731Hは野外上等の一点突破野郎となっています。
まずは約10mほど先の立ち木へ向けての照射。
画像
ここは一応道路脇なんですが熊笹が1mほど生えいて、もう少し降りると小川が流れています。
で、ここには道路から降りられる場所が一箇所あるんですが・・帰りに道(らしき踏み跡)を見失ってしまって泣きそうになったのは秘密です。
これは先に説明した通りそれぞれのパターンの特徴が良く判る結果となりました。
出力的には3W3LEDが一番多く400mA+α、次にHW-7335の320mA。
GTR-731Hは180mAと半分程しかないですが、一点に集光する事で1Wに匹敵する突破力を持っています。

次はもう少し入り組んだ状況で撮影してみました。
画像
一応奥の斜めになっている倒木当たりをターゲットに照らしたのですが・・HW-7335はフラット配光なのでそれより手前(5mくらい)の枝とかを明るくしてしまいました。
おそらく倒木まで含めて一帯が均一に明るくなっているのだと思いますが、やはり手元から近距離メインの範囲照射タイプと言えるでしょう。
一方3W3LEDは直ぐ手前の笹は周辺光で明るくなっていますが、それとは別にスポット部は倒木を照らしてくれているのが判ります。
足元と中距離と言う感じでオールマイティな使いやすい配光だと思います。
更に下部両サイドの赤色LEDを日亜500GSに換装。(0909さん出来ましたー!)
先端フロスト加工により手元明りも強化しました。
最後にGTR-731H改、周辺光はほとんど無い変わりにターゲットへの照射力は高い事がうかがえます。
普通なら使いにくい配光なのでしょうが、もしこれで霧や靄が出ていたら・・こいつが最もアテになる光となっていたかも知れません。


今年はGENTOSやLED LENSERでワイド・スポット焦点調整可能なモデルが増えました。
ヘッデンの場合はどうしても出力に制限がありますので工夫が必要なのだと思います。
遠くへ飛ばそうとすれば範囲が狭くなり、広く照らそうと思えば遠くへ飛ばなくなる。
周辺光とスポットで両方をカバーするには出力を上げる必要がある。
しかしヘッドライトと言う性格上、軽くなければならない、コンパクトでなければらない、長く使えなければない、熱くなってはいけない、乾電池が使えなくてはならない・・とフラッシュライトに比べ実に制約が多い。
可動式レンズによる焦点調整機能はそうした中、理想を追求するための一回答だと思います。
今後更に改良が進み熟成される事を期待したい技術ですね。


私はと言うと・・・それとは別の式を模索したいと思います。
進めるとしたらやはり範囲照射用のワイドと一点突破用スポットの2灯方式でしょうか。
多灯別配光方式はすでにStenLight S7やCATEYEのHL-EL700RC(海外リチウム仕様=HL-EL830RC)などがありましたが、ようやくナショナルからもBF-280としてお目見え。
すんごく気になるところなのですが・・もしかしてスイッチって両サイドの小さなふくらみ?
これでナショナル最大の美点とも言えるロータリースイッチとCR123A対応バッテリーボックスがオプションとかであったら最強だったかも。
それでもMODベースとしてはなかなか魅力的なのですが・・・。

誰か・・ヒトバシラー勇者様はおりませぬか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
厳戒態勢が引かれる中、ご苦労様です。
それぞれの照射パターンが良く判りますね。照射位置もまるでブッシュに潜んで獲物を詮索しているような。
勿論迷彩服でヘッデン装備でエアガン持って・・危険です。
ナショナルのBF-280(281は手元灯が電球色)は本体下部に大きめのスイッチが有るようです。(URL参)
3Wの方はCREEかな?
0909
URL
2008/06/30 00:49
3W3LEDをIR仕様にして赤外線ゴーグルで・・って、たぶん本職(護衛の方)はすでに会場付近に潜んでると思われ。

おお!BF-280は下側1ボタンスイッチになったんですね。で両サイドのは突起ではなくて指かかりの為の窪み?
とするとモード切換えは順送りっぽいですが、ビームとワイドの同時点灯とかは無さそうですか。
個人的にはまずオンは0.5W点灯で、そこから強く押すと3W強の間欠点灯、ダブルタップすると3W常時点灯とかが理想かも・・って、これNovaTacのパターンでした。
monozof
2008/06/30 02:21
>>BF-280
定かでありませんが、APEXに対抗的したPanaとかってー、alaris540さんが持ってたヤツかな?違うかな(^^;

ヘッデン。歩行限定だと霧とか煙とか気にしなければ、たぶん5mm砲弾LED多灯が一番使い易い気が私はしますが、、、

ヘッズアップライトだったかな?
LEDではないのですが、ペリカンの、たぶんフィラメント1灯+5mm砲弾×3灯のヤツとかがあるシリーズとか。

ああいうのは、やはり「それ用」っちゅーか、色んな状況でオールマイティーなのかも知れないな、なんてなことを思ってみましたm(_ _)m
川端
2008/06/30 08:21
川端さん>
おはようございます。
私も記憶が朧なのですが照射レポが見当たらず・・でもalaris540さんならきっと(グっ)と期待しております。
そうヘッデンは使用者と一体化するので、フラッシュライト以上にリニアに必要とされる明るさ・配光・光色や許容される大きさ・重さ・形状が変わるのが難しいけれど面白いところですね。
私も普段はあまり動かないので5m砲弾・・2灯くらいでも十分足りるかも。。
monozof
2008/06/30 11:27
ハイ、BF-281買って鍾乳洞を照射して来ました。
LEDは3W・0.5Wとも日亜製のようです。目下トホホ(ヒトバシラー)な記事を作成中ですので、もうちょっとお時間下さいませ。
alaris540
URL
2008/07/02 02:19
おはようございます。
すみません、PCを修理に出されていたんですね。
しかし、BF-281はもう購入済みですでに実戦投入されてましたか。本州は梅雨シーズンで大変かと思いますが、レポ楽しみにしております。
monozof
2008/07/02 08:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヘッデン野外照射:三種の配光 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる