monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット通販:MTE C3-70101 5モード SSC版

<<   作成日時 : 2008/04/05 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

そうそう、ヒトは写真のような静止画を見る事が出来ないんですね。

いや、静止画として記録するようには出来ていない・・と言うべきか。


ああ、これもいつもの取り留めの無い前置きですので、すっ飛ばして頂いても特に問題ありません。
しかし・・光学と視覚認識と言うモノはそれぞれに非常に密接に関係しているのも事実。
どんなモノも最終的にはヒトの感覚と認識に繋がっているのですから。


さて、銀塩・・昔ながらのフィルムですね。
これには化学変化により露光した時間の分だけの光学的な情報が記録されます。
時に1/1000秒と言う瞬間を、時には何十秒、いや何分もの間の光学的情報を記録する。
そうして出来上がるのが写真・・と言うモノ。

そう、ここで記録された情報はいずれも”間”なんです。

例えどれほど短い間であっても、けしてそれはゼロ秒ではない。

逆に例えそれがどれほど長時間であろうとも、記録されたモノ=写真の中では全て同一の時間に収束されてしまう。

これがヒトの場合はそう見えてしまう事はあっても、”通常は”必ず視覚情報と時間はセットで脳に送られ記録されていってしまう。
例え見えている像に変化が無かったとしても、脳内のカウンターは進んでいて、視覚として入って来る情報にはタイムスタンプが付加される・・と言うシステム。
まあ、これは現時点では”そう考えられる”程度ですね。
時間の認識については物理的にもまだ不明瞭な点も多いので、将来脳のシステムが全て解明されるまで仮定として扱うほかありません。
いずれにしろヒトは知覚としても時間の軸から完全に抜け出す事は出来ないモノと言う事です。

ですので、この時間的に閉じた世界は写真の中だけに存在する。
それ故にヒトは写真のような画像を直接見る事が出来ない。
・・と、言うわけです。

ちなみに、写真はそれに加えて2次元じゃあないか、と言う意見もあると思うのですが・・それについては光学的情報についてだけ言えばヒトも同じと私は考えています。

片目・・ひとつの眼球、すなわち単一の受容器官から得られるのはフィルム同様に平面的な情報に過ぎず、左右の眼球から得られる異なる位相からの情報が脳内で計算され合成され立体感のある像となって認識される・・と考えられます。
そしてその計算の際に参照されるのは、既に蓄積されている他の視覚情報に関連する記録になるのだと思います。
見たり、聞いたり、触ったり、と言う外的刺激の体験であり経験ですね。
もちろん、ある程度はプリセットされているとは思いますが、直接視覚と結びつく情報は生後目が見えるようになってから。
こう見えているモノはこれくらいの大きさで、これくらいの距離があるってのは多くは後から蓄積された情報から導き出されていると思われます。
これが空間認識であり、トリックアートなんかはこれにより生じる錯覚を上手く利用したモノですね。


我々は3次元でモノを見ている・・そう思っているだけなのかも知れません。


ですので、もしもこうした空間認識に関する情報処理能力に問題が発生したとしたら、世界は空間的な広がりを失なってしまう。

まあ、実際にはヒトは様々な感覚で空間を認識していますので、光学的情報に多少の齟齬があったとしても、完全に空間認識能力が失われる事は無いと思います。

つまり、この3次元に広がりのある世界はヒトがそう知覚する事により存在している・・・と、そう考える事も出来るわけですね。


・・・と、今回はこんなところで。お疲れ様でした。



で、ようやっと本編です。と言ってもまたネット通販なんですが・・。
いや、本当に今週に入ってから連日のように、しかし細切れで届いて来ていて紹介し切れなくなっています。
もっとも、これと言って目新しいモノも無くて、今回もすでにおなじみのコレです。
画像
ええと・・これはKai domainに2/29に頼んだ分です。
SKU4056:MTE C3-70101 SSC 42180 U-Bin 5Modes LED Flashlight Black(1xAA)20.81ドル也。うん正確だけど長い名称だ。

が、これはなかなか良いですね。想像以上の出来にちょっとビックリです。
すみません最近のMTEは良くなっているとは聞いていたのですが、まさか本当にこんなにまともだとは思っていませんでした。(うぉいっ)

あ、でもテールキャップは元の蓄光のはテールエンドがフラットかつタッチが曖昧で好みではないので、手持ちのオレンジのを程よい押し加減にして換装させて頂きました。
中のでっぱりを真ん中くらいでカットしてあります。
画像
テールエンドからは飛び出してしまいますが、押しやすさ優先としました。
色もOリングとお揃いって事で。

使用LEDはSSC Z-Power P4 Uだそうです。
画像
kaiはこの辺はマニアックなので間違い無いと思います。

SSC版はスムースリフレクターを装備。
それでもCREEのOPリフより照射パターンがきれいなのが魅力です。
画像
判りやすいようにガンマを200%に補正した画像と並べてみました。
中心から周辺にかけて実に淀みなく減衰していく階調。
これはヒトが視覚認識しやすい光学的情報を届けてくれそうですね。
こうした大きな落差の無い連続したデータは、中継器官でさしてゲインを調整されなくても脳内で補間しやすく対象物の認識を容易なものとしてくれる事でしょう。

要するにパッと見ても何がどのようにあったか判りやすいって事です。

ちなみに各モードのトーチルーメンも参考までに。

Hi=76.68
Mid=35.50
Low=8.88

単三型ニッケル水素電池よるテール電流は最大2.2Aでした。
推定ですがLED側では600mA位でしょうか。

いずれにしろ照度も十分に出ており、かつ近距離から中距離まで実に見やすい配光でこの価格、確かにこれは良く出来ていると認めざるを得ません。
実はまだ少しMTEをナメてましたが、正直すまんかった。

しかし、これは困りました。
出来が良くて弄る余地が無いんです。
いえ、元々CREE Q5の20モード版を自作する素材として頼んだモノだったのですが
・・・このまんまで良くね?てな位にバランス良く出来てます。


それにコレ・・例によってありえねー頑強さでヘッドが接着されてて、バイスに固定して柄の長いレンチでがっちり掴んで回そうとしてもビクともしねーですヨ。
しかもナイトコア譲りなのか、なまじ強度の高いヘッド形状なんで歪ませ接着剤割り攻撃も無理そうっス。

はぁはぁ・・・・。
ふ・・・負けました。(またか)
もう・・これで良いや。明るいし。。



と、諦めてフと脇に目をやると・・・あるモノが。

これはあるいは・・もしかすると?
画像
C8とフュージョンさせてみた、の図。
いやキッチリ最後までは閉まらないのですが、一応C8の延長チューブをくっつけられました。
これでC3-70101を2AA駆動出来ま・・・出来るのか?

対応電圧とか判らないけど、無理やり駆動(待て・・)してみた照射比較です。
画像
ええ、べらぼうに明るくなりました。
が・・・べらぼうな勢いで照度が落ちて行きます。
加えてべらぼうな勢いで発熱しています。
ヘッド周りだけでなく電池からの発熱もかなり感じます。

これはヤヴァそうだ。。
ちなみに無理矢理2AA駆動の照度は・・

Hi=115.73
Mid=57.72
Low=16.69

いや、照度降下が早過ぎてこれも途中経過みたいなもので、一瞬だけなら最大130トーチルーメン位出ていたと思います。

そしてHiの時のテール電流は・・・7.6A。べらぼうです。

なるほど、このC3-70101 SSCに搭載の昇圧回路の適正な対応電圧は1.5Vまで、と言う事のようですね。

危うく燃え死ぬところでしたわ
(シャレになってませんが)

まあ、そう言うわけで間違っても14500とか突っ込まないように。
チラっと一瞬だけ青い光が漏れて・・・沈黙します。



・・・ちょっとだけ試した限りはね。

(*注:その後無事蘇生しました)

何はともあれこのライトは正しく使えば、明るく見やすく丈夫で安売り中華としては一般のヒトにもお勧め出来るMTE印良品と言えそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
レベル版もってますよー。
作りも割といいし、ヘッドにOリング入れれば完璧ですね。1mくらいなら水中でも使えました。
>>危うく萌え死ぬところでした
まさかそんなわけ・・・なぜに咲夜さんw
そうかエクステンションで寄せて上げt(くぁwせ
浜ちゃん
2008/04/05 21:51
え・・MTEのくせにっっ生意気ね!とかの方が(違う)
まあ期待してなかったモノが意外に良かったりすると、ついツンデレってしまいますよね。
逆に期待してたモノが期待はずれだったら・・。
ジャンクにs(ry
monozof
2008/04/05 23:04
あれ、MTE Rebel版の同色を
所持してますけど、バイスと
ベルトレンチでサクっていきましたけど。。
>ヘッド

とりあえずは気が向いたら
熱湯風呂作戦でもどうでしょう?

しかしテール電流が7.6Aって。。。(怖)
unkochan
2008/04/05 23:45
MTE C3は多孔系のアルミを使っているんでしょうか、
接着剤がかなりしみこんでいる感じです(^_^;)
ベルトレンチで一気に回せばはずれてきますが、
場合によってはネジ山も持ってかれます(´・ω・`)
そのときはねじ山に例の薄い銅板を挟み込んで
締め付けるとまたしっかりと締まってくれますが。
あと、ヘッドを開けるとLEDとキャニスターがきちんと
くっついていないのが気になって全部やり直したくなってくるので注意が必要です(^_^;)

takebeat
2008/04/06 00:06
unkochanさん>
おはようございます。
これは今開けても特にする事が無いので、このまま知人に使ってらおうかと思っています。代わりに以前にあげたパトプロのLuxeon1Wを・・何にしようかな?
一般用途には明るくなり過ぎないようにしなくては。。

takebeatさん>
その辺はクライアントとしてMTE社に要請してみるってのもアリかも知れませんね。3要求して1実現すれば儲けモノ?と、そろそろR2版もバラツキはありそうですがGO出来そうかも。
monozof
2008/04/06 08:43
実は現在発注の物には最初R2を載せられないか頼んでみたところ、
R2版も出来ないことはないみたいですが、どうもやる気がなさそうです(^_^;)
まだ入手性が悪いのかな?
その代わりといってはなんですが、他の部分がかなり改良されています。
この件についてはBam!boo! Informationに書く予定なので少々お待ちください(^_^;)
takebeat
2008/04/06 09:54
Cutter社では(今度は本当)単品約11米ドル、100個@9ドルまで下がったのでもう少しなのかも知れませんね。
しかし、既に交渉されていたんですね。さすがです。
ニューバージョンの発表楽しみしております。
monozof
2008/04/06 12:13
ヘッドにOリング入れたいんですが、ワシも開けられません。Oリングさえ入ってたらMTE最高なのに…
barikenn
2008/04/06 15:31
いらっしゃいませ〜。
しかし、いつの間にかMTEがこんなに高く評価されていたとは・・いや今までナメてて本当すみません。
後はMTEのやる気次第って事でしょうか。
ふむtakebeatさん、よろしくっ(他力本願)
monozof
2008/04/06 17:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ネット通販:MTE C3-70101 5モード SSC版 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる