monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 噂の銀栗:DXから14mmベース

<<   作成日時 : 2008/03/12 14:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

DealXtremeからSKU11023 Cree Q5-WC LED Emitter with 14mm Base ・・・と言うモノが届きました。
画像
いわゆる銀栗Q5なんですが・・・DXですからねえ。
ええ、基本的に表示されている仕様も品質も信用はしていません。
自分で確認して始めて「ああ、同じモノだった」となるのがDXクォリティ。
カートシステムや発送などショップとしてのサービス体制はピカイチだと思うのですが、実際のモノをチェックする能力はちょっとお粗末と言わざるを得ないでしょう。
工場のある深川にもスタッフはいると思うのですが、マニアなKaiと比べると・・書いてある事は話半分で・・くらいに考えておいた方が良いかも知れません。
もっともKaの方も気まぐれ過ぎて、2/29にポチったオーダーステータスに一切の変化無し。
新型DCコンやらKDスペシャルを弄るのに忙しいのかも知れません。
その点はDXは在庫アリの品ならサクサク梱包発送してくれるので助かります。
これなど3/4に頼んで3/10に届きました。
その前の3/2に頼んだ分は内1点に入荷遅れ発生で、それ以外が今日送られて来ました。

それはそれとして、モノの素性についてはやはり信用出来ません。
前に取った黄栗Q5 WGはしっかりWCカラーでしたから。
それとは別に確認しておきたい事もあります。

本当に銀栗は黄栗よりも低Vfなのか?と言う疑問です。

そうらしいと言う話は良く聞きますが、何しろ自分で実際に確認したのはHF-18に入っていた銀栗P4の1点だけですからねえ。
そう言うわけでチェックすべき点は2点。
DXから送って来たのは本当にQ5 WCなのか?
銀栗Q5が個体によらず共通して低Vfなのか?と言う点。

で、まずはいつも通り350mA定格での照度を測定してみました。
画像
今回も基準LEDも含めて測定し直し改めて係数を設定しています。
と言うか、やはり安定したデータ取るには安定化電源でないと無理ですね。
まず初期から前回より0.03V高い電圧だったのですが測定中にも変動するので、最初に測定した分は2度測定し直しています。
それでも各ランクに収まるよう係数決めるのに苦労しました。
安定化電源・・安いのだと2万円以下のもあった気がしますが・・やっぱり精度とか怪しいのかな?

肝心の結果は・・まずは本当にQ5ランクの明るさは出ていました。
また黄栗Q5よりいずれも定格駆動で照度が向上しているのは噂通りですね。
が・・Vfは低めも高めもどっちもあるみたいですね。
これは?と思って黄栗ととっかえひっかえ測ってみたので間違いないです。
銀栗であっても黄栗とそう変わらない高Vfの個体はある、と言う事が判りました。
まあ5個中2個ハズレってのはP4の頃と変わらない率ですし、照度の方は文句無しなので良しとします。


何よりも銀栗にも高Vfのモノはある
と判ったのは何よりの収穫でした。


むしろ現実的な問題はアタリの低Vfのをどのライトに回すべきか・・・。
とりあえず2個は行き先が決まってしまっているので、残りはアタリ1個とハズレ2個。
うむぅ、三つ目用・・いや何でもないです。。

何はともあれ本当にQ5で明るいってのは判ったので、次は光色です。
DXではこれをWC・・クールホワイトとして掲載していましたが・・・。
画像
ええと、どうも違う・・・ような気がします。

ちなみにP4WDがQ5WCと変わらないように見えますが、この頃のWCはもう少し青みが感じられる更にクゥールなホワイトだったので、当時はこれを他のサンプルと比較してWDと判定しました。
初期のQ5が電流増加による光色シフトが明確だったからか?は謎ですが、最近のWCはあまりクールではなく、自然な真っ白と言った感じになっているようですね。


しかしコリで壁に照射して比較してみたのですが、ちょっと判り難かったかも知れません。
サチった部分を消して、色の見える部分を少し強調してみました。
画像
やっぱり・・・違いますよねえ。
私にはこれは・・多少WDかWC寄りかも知れませんが、WGか軽くWHに見えます。
いや、たぶんコレは正規の分類ではWGだったと思います。
ちなみにKaiに入ってる銀栗Q5はWGらしいんですよね。
その前のWCが出回り始めた頃は、DXはQ5初期のまんまWGって表示してましたが、WCが来ました。
今回も実物をチェックせずに前のスペックまんま使いまわしたんでしょうね。
なあに、このくらい対応電圧が違ったりするのと同様に安売り中華では良くある事です。


うん、さすがはDXクォリティ。
(*注:でもアタリが出ればデカいのよね)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがDXクオリティw
届いて確認するまで何が出るかわからないw
ええ、うちでも何度
「違うだろ!」
と突っ込みを入れたことやら・・・(^_^;)
cinq
2008/03/12 22:39
なるほど天然ボケと考えれば良いんですね。
今回も「どーせそんなこったろうと思った!」と言う期待を裏切らないボケっぷり。
ツッコミ派にはたまらない仕様なのか?
よぉーし、もうツッコまないぞ。
monozof
2008/03/12 23:49
私も先日Vfの高い銀栗に当たったばかりです(´・ω・`)
AMC7135を使った16モード(1A)のボードでは並のP4を350mA駆動したライトのような明るさでした。。。_| ̄|○

今は14500+昇圧コンでQ5らしい明るさになっていますが、まさか14500+AMC7135(1A)であそこまで明るくないとは驚きました。

あと、どうも最近Vfが高いから電流が流れないんだと誤解しがちです、電流が流れないからVfが高くなっちゃうんですよね。LEDに関しては原因と結果を逆に覚えてしまっていることばかりで参っています(^_^;)
takebeat
2008/03/13 01:44
Vfタカカタラソノブンブチナガシテヤルヨイ!
リオ
2008/03/13 09:05
takebeatさん>
そうですね、私なら上手くいかない時は・・あきらめる。それで死ぬわけでも無いし、どーでもいいや、と言う(ダメ人g)
いや、今を生き延びないと逆転のチャンスも無くなりますからねえ。泥を食らってでも生き延びたいと思いますが・・出来ればビーフカレー味の泥が良いなあ。

リオさん>
OKOK!シャッチョォサン、ダイジョーブ。
イマ”タオ”ノ チカラ、タメテルトコネ。
monozof
2008/03/13 11:16
こんにちは。
某所で落札した黄栗Q5WCがP4並の暗さで凹みました。
以前のようにmonozofさんが検証した物をオークション
に出品してほしいな〜。
ノチ
2008/03/14 15:21
たまたま前のP4がVf低め・照度高めのアタリで、そのQ5がVf高め・照度低めだった・・とかでしょうか。
まあ他の要因も関連しているかも知れませんので、組み合わせを変えて試してみる価値はあると思います。

オクも今だと製品の入れ替わりが早過ぎてついていけない感じですね。検証が終わった頃には世代遅れになっている可能性が高そうです。でもC8のように今更だけど気になり始めるライトもありますね。
でもまあオクもショップもこの一年でぐっと安く、かつ取り扱うライトも増えてくれたと思います。一年前はL0D CE1本手に入れるのもダイミング次第、早い者勝ちだったのが嘘のようですね。
monozof
2008/03/14 18:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
噂の銀栗:DXから14mmベース monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる