monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS Ultrafire WF-500:三つ目入れ替え実験

<<   作成日時 : 2008/02/20 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

「カレーの配給量を減らそうと思います、閣下」
と、第2週が明けた最初の朝、のば太がmonozofに言った。
 -------------------------
一人当たり一月にカレー2パック
北国でたいした労働もしない男たちにとってそれは贅沢だろうが。
「ええっ!?嫌・・い、いい・・判断だ、ミスタ・のば太」
できる限りあらゆる用心をしておかねばらない。
この赤貧がいつまで続くのか、あるいは財布に補給しないで、いつまで備蓄で食い繋げられるのか、予測不可能だ。

”ハカワヤ文庫 膿の男/monozof・シリーズ<130>「廃軍提督monozof/1.スープカリーの聖ペトペトさん」著 ヤシノレ・フ、コット・つォしスター/趙 合金 訳”より抜粋




冗談ですってば(本当か?)




それはさておき、またあれこれ三つ目で遊んでおりました。
もちろん「これは・・最凶のジルペリット?」・・とか盛り上がる事も無く・・(おーい)
電源、回路とも基本的にエコ仕様なまま18650x1で1020mAから1200mAに、CR123Ax2にでは1500mAから1800mAへと若干の出力アップ。
その代わりRCR123の使用は3V、3.7Vとも不可となっています。
この時点で回路側の発熱源はほぼ電源用ICのみ、2セル長時間運用でも温度は50度前後に抑えられる・・と見ています。たぶん。
結果としてLED側の発熱も1灯600mAですので70度前後を見積もっていますが・・CR123Ax2での測定は電池代が辛いのでそっちは最後にでも。

で、大体の骨格のようなモノとその組み合わせパターンは見えて来たので今回は少し遊んでみました。(遊んでばっか)

前にKaiから取り寄せた32mm三つ目基板、あれがWF500用三つ目リフとサイズぴったりだったんですね。
面白そうなのでKLC8を載せてツッこんでみました。
画像
えらい汚いですが気にしないように。
この基板は本来3直用なのですが、連結をカットして並列で繋いでいます。

また今回はただ載せただけ状態ですが、ビス止めも出来る構造なのでキャニスターにネジ穴開けて完全密着させる事も出来ます。
ただし、それだと基板とLEDの厚みがありますので、リフはキャニから浮いた状態になります。

そこで私のオススメは・・むしろリフ裏にビスで固定、それをベゼルでキャニに圧着の方がLEDにも優しく熱伝導も圧倒的に良い結果が得られる事でしょう。
その場合は配線を3C3のようにプラグ式にすれば脱着も楽チンになると思います。

まあ、今回はとりあえずKLC8とリフの相性を見るのが目的なので固定しないで載せてみました。
その場合でもCreeより厚みがありますので、このままだとベゼルが閉まりません。
そこでモジュール全体を奥に下げてやるため、バッテリーチューブの接点パーツを外しておきます。
画像
これは以前に(元)コスワースさんがフィラのWF500で発見されたワザで、最近では(現)あやしげさんがRC-T5でも活用しておられました。
これはいつかパク・使わせて頂こうと思っていたのですが・・今回いただきました。
これでベゼルもちゃんと閉まるようになりました。ごっつぁんです!


そんな感じでWF500 3KLC8なるモノをでっちあげてみました。
比較用にはRC-T5は回路不良で出力半減してしまっているので、判りやすく照度基準用FENIX L2D CE Turboモードを使用。
電源は18650の1.2A駆動で約230ルーメン出ています。
画像
画像では伝わりにくいですが、中心から周辺までムラなく自然に減衰していくパターンになっています。
2mから照らすと3mくらいの範囲をカバーしてくれるので近、中距離で使いやすそうです。
ちょっとしたハンディ室内灯と言うか、地下倉庫の棚卸とかで重宝しそうなライトになりました。

とは言えやはり気持ち悪いKLC8カラーも健在で、三つ目で若干マイルドになっているとは言え、そのままだと相変わらず軽く欝な光色ですねえ。
これでFraenのHMB3コリのように完全なミックス光が出せたら至福の光色になるのになあ・・・。
まあ、今回はKLC8のようなLuxeon系にもリフが合う事が判っただけでよしとします。
画像
それに照射パターンが遠距離には向かなくなる事さえ判っていれば、光色はSSCやK2にする事でクリア出来る問題ですね。(と何気に別ネタも振ってみたりして)

そのうちSSCの4chip版のP7だかが出てきたらぜひまた試してみたいところです。


*2/21追記
この組み合わせは一回きりって事で、せっかくなので記念に野外照射も取っておきました。
画像
例によって上は下の画像の一部で約100m照射です。
やはり近、中距離向きの配光です・・って、やっぱ光色ムラ写ってるのね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
なるほど、リフに穴を開けたのはチャカの先に付けてそこから玉を発射する為だったんですね。ライトで敵の目を眩ませながらトリガーを・・・
認識灯でも入れるのかと思ってました。
0909
2008/02/20 23:44
いっそライト自体から発射と言うのもイケそうな気はしますが、この穴だと22LRか25ACP位でしょうか・・ってレンズが。。
あるいは成型炸薬で(だからレンズが・・)
monozof
2008/02/21 01:53
CPF読んでいたらkaiのマルチLED用ダウンコンバーターの改良品がようやくサンプル品ができたようです、
これで結果が良ければ出荷ももうすぐのようで。

これでたまったみつめのジャンクが生き返ります(T_T)
takebeat
2008/02/23 01:04
おはようございます。本当だ!来週には出荷まで行けるかも。サンプル結果が楽しみですね。
と言いつつ私は1セル特化に白コンも欲しいス。
こっちはDXで26日まで品切れだったりするので、まとめてKaiに頼もうかな。
monozof
2008/02/23 08:54
白コンなんですが、
LED接続端子の「棒」がなくなってからかなり無駄遣いしています(´・ω・`)

半田するにも奥まっていて半田付けが難しく、予期しない部分にまで半田付けしてしまうらしくまともに点灯しなくて常に点滅に。。。_| ̄|○

棒なしバージョンがきたらもう私にはお手上げなのでしばらく他の人の様子を見てから注文したいと思います(^_^;)
takebeat
2008/02/23 13:43
棒?そんなのあったけ?・・と見てみたらありました。
貫通して良いならピンバイスでスルーホール作ってスズメッキ線やら砲弾の足やら立てたいところですが、元のはどうやって立ってるんじゃろ?
あるいは先にスズメッキ線やら立ててシリコンチューブかエポキシで後から被覆装着とか・・って、すみません私まだ現物見た事ないのでいまいちよくわかっていません。。俺はこうしてるぜぃとかって人はアドバイスプリーズ(はぁと
monozof
2008/02/23 14:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Ultrafire WF-500:三つ目入れ替え実験 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる