monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 光源年代記:あるいは黎明期の終り

<<   作成日時 : 2007/12/20 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

政府は温暖化対策の一環として今後数年を目処に白熱電球の製造を打ち切る政策に乗り出す、とか夕刊の一面にありました。
まあ実際今の電球型蛍光灯は種類も豊富になったし、インバーター内臓でもコンパクトなのでほとんどの一般照明用途では事足りそうです。
実は私自身が職場ではそれを推進する立場だったりして、今年は屋外も交換した事で昨年と比べてかなりの電気代を節約する事が出来ました・・・が、今年もボーナスが出る可能性は無さそうです。。


それはともかく、ここしばらく更新も滞り気味でボケーっとしていました。
ヘッデンのコリ換装も済んで、S.T.Fもユーザー様の元へ帰って行ってひと段落したと言うのもあるのでしょうが・・・思うに、そろそろ黎明期の終わりを感じていたのかも知れません。
Luxeonの頃は・・もしかしたらフィラに追いつけるか?100ル−メン出せるか?と追い求めるモノが明確であり可能性は・・まだ見えていない状態だったと思います。
こうなったら良いなあ凄いなあと夢を馳せていた時代ですね。
まあ、大抵どの世界もそうした頃が一番楽しいんですよね。
デジカメも200万画素時代が一番熱かったですものね。

今では1灯で200ルーメン位は普通で、三つ目なら500ルーメン、PLJさんとこの9灯で1500ルーメンなんてえの迄ある。
もはやLEDってレ・ベルジャーネぞ!である。
それに今まではライトもLEDも以前より格段に安く入手しやすくなっていますね。
手頃な価格でも十分明るい中華ライトがごろごろしている。
次々とリリースされる新型ライト、確実にランクアップしてゆく高効率LED。
モノも明るさもインフレ状態の今・・・何をすれば良いか分からなくなってしまいました。

そんな事を考えながら何気なく空を見上げました。
私が空を見上げる時ってのは、どうもこれまでの経験上煮詰まっている時のようです。
画像
で、毎回思うのが・・・今生きてここにいるのはとんでもなく低確率の偶然であり、それは奇跡に近い幸運なのだ、と。
まあ、なるように成るさなあ。



と、言うわけで・・・相変わらず脈絡がありませんが、すっかりほうって置いた自分の3CPでもかまってやろうかと思いました。

まずは貸し出し用に組んだS.T.FからQ5WHの乗ったモジュールを取り出して、そのまま突っ込んでみました。
こいつは2セルに最適化してありますんで1セルだとダメダメになっています。
Vfの高いQ5WHだもんだから電流も450mA程度で、1mでノーマル3CPにすら負けます。
依頼品では1セルに特化させる事で安定して照度を維持するよう組んだのですが、自分用のですから何も約束事はありません。
そう安定しなかろうが数分で落ちようが、かまやしないのですね。
あ、なんかちょっと楽しくなって来たかも・・・。
画像
抵抗(左下の茶色いの)なんざいらねーや、と言う事でとっぱらってGOです。

確かこれは2セルで1Aになるように0.75Ωにしてたんでしたか。
これを直結にして1セルにすると・・・。
画像
テール電流で750mAと程よい感じになりました。
こいつのVfだと3.6V位でしょうからLED側も同じようなものだと思われます。
照度は1mで15000Lux位、2mで4000Lux位とたいした事ありません。
ちなみにAW'sの18650ですが3.94Vと保存用電圧に落としてあります。
満充電だともう少し電流も流れて明るくなってくれる事でしょう。





ああ・・・好きにして良いんだっけ。
別にぶっ壊れようが燃えようが構わないので2セルも行ってみましょう。
画像
と言いつつ使いかけCR123Ax2なんですが、2A近く行ってました。

「さすがは高Vfだ、2A流れてもなんともないぜ」(AA略

いやいや電圧落ちてるとはいえ大丈夫なのかこれ?
ちなみに照度は1mで24000Lux位で、2mでは6700Luxでした。

もちろん、こんな状態で持つわけないと思いますが・・・まあたまにこう言うのも悪くないですね。

あ、RCR123x2は・・・心の準備が出来てから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家のボイラー室件洗濯機置き場は点けたと思ったら消す野繰り返しで電球型蛍光灯だと明るくなる前に消すことになるし。
おまけにやたらと寿命が短くなっちゃいます。
電球が無くなったら蛍光灯なんて付けてらんないからLED電球だろうなぁ・・
takebeat
2007/12/20 01:02
おはようございます。
ライトは明るければ明るい方がいい。ランタイムも長ければ長い方がいい。コストも少なければ少ない方がいい。人にも地球にも優しければ言うこと無い。
今日の1Lmの向上の追及、1分のランタイムを延ばす挑戦、1℃の熱を抑える研究、照射パターンの改造、全て新しい「もの」を生み出すプロローグだと思います。
これをするから新しい何かを発見できる訳ですし、可能性も上がるのかと。
でも、私も実際何か画期的なライトや周辺部位が登場しないとなかなか食指が動かないようになってきました。
車で例えるとGT-Rを手に入れてある程度満足している人がすぐにポルシェを買いたくなるのか?ってことでしょうか?ちょっと違うか。

今、面白いと思っているのは、リフ内にソーラー充電パネルを仕込み自分の点灯で充電するハイブリッドライトが出来ないかと。ソーラーパネルの能力が飛躍的に向上すれば可能な気がしますが・・・だれか作って!

私はほんの少しボーナスではなく「寸志」を頂きましたので、有馬記念で増やそうかと。ボーナス補完計画が発動しています。
0909
2007/12/20 08:15
おはようございます。トイレとかもそうですね。照明器具としてのLEDはまさにこれから。電球型蛍光灯のように小型で内蔵できる発熱が少ないLED用インバーターと合わせて普及して来るのかな?
monozof
2007/12/20 08:31
0909さん>
あ、書き込みかぶっちゃいました。おはようございます。
古い特撮映画にアトランティスでは太陽光をエネルギーとして蓄積する技術が発達していて、灯りはもちろん兵器にもなってしまうと言うのがありました。
そうした想像の産物が、ある程度は実際に創造されて来ているのですから現実ってすごいなあ(逆か?)と思います。

新しい想像・・バイオ技術で巨大化したヒカリゴケの森をつく(ry
monozof
2007/12/20 08:41
夜のトイレにLEDライトを持ち込んで天井に向けて照らせば今のCREE1灯でも十分明るく用を足すには十分で、これがCREE3灯モデルなんかになると本を読むにも十分な明るさだったりしますから消費電力当たりの明るさだったらもうその辺の安蛍光灯を超えたのかな?なんて思ったりもします。
あとは演色性と価格くらいかな?試しに3CREEのLED電球買ってみようか・・・
takebeat
2007/12/20 09:22
涅槃に向けて装填中ナリ。座標確認〜!
リオ
2007/12/20 10:21
独白>
今回のタイトルも古典SFから頂いていますが、SFで考えられるテクノロジーはどんどん現実になってゆくモノ。
光源も油から電気、フィラメントから蛍光灯、そしてLEDへと移り変わってゆく。私達はまさに今そうした歴史の中に生きているのかも知れませんね。

takebeatさん>
LEDの場合は基本的には面光源なので、屋内照明として利用する場合いかにスポットのような指向性を奪い広くムラ無く拡散させられるかが課題と言えそうですか。
今あるLED電球がどこまでそれを満たせるようになっているか興味あるところです。

リオさん>
迎撃用ABM配備中・・って、やっぱり戦闘ですかーっ?
monozof
2007/12/20 11:09
トイレといえば。。。。
前にbonさんの掲示板で
紹介しましたが、私の家のトイレには
これをつけていまぷ(URL参照してねっ)
あまり広くない所ではこれで十分です。
ちゃんと本も読めますしぃ〜

しかも何ともいえないアンバー系の色が
とってもGoodッスぅ〜

んと、余談ですが
照明といえばフラッシュライト
以上に色合いの好みがとっても難しいと
思います。
特にご年配の方など食事をしてる所では
白色の蛍光灯の色合いでは飯が
不味く感じるなどと言ぃ出だす方まで。。。凹
unkochan
URL
2007/12/20 22:03
さすが、ライフライトだけじゃなくハイパワー系も着々と!

>照明
店舗設計の場合、飲食店のテーブル用照明は料理をおいしく見せるため、演色性の良い白熱灯が基本と言ってましたね。
最近の昼光色蛍光灯でも代用できるようになってるのでしょうか・・・
私自身白熱灯だろうが白色蛍光灯だろうが、あまり気にしないのですが、気にする人は気になるようですね。
cinq
2007/12/20 22:26
こんばんは。LED照明の普及が楽しみですね。先日「最高レベルの演色性を実現した白色LED」が発表されていましたが、電球色LEDについてはどうでしょうか?BestHongKong.comでWarm WhiteのXR-Eを取り寄せ、チャイナライトに組み込んでみました。若干赤みが強いようですが、それほど違和感ありませんでした。電球色では日亜のジュピターがそれらしい気がしておりますが(演色性とは違う!?)、皆様いかがでしょうか?
Ish
2007/12/20 23:30
ああ医龍2が終わってしまった。。

unkochanさん>
おお!これはまさしく全方位に向けて配置されているんですね。価格的にはまだ気軽に電球代わりに、とは行かないみたいですが、そちらは今後のメーカーさん次第でしょうか。
私なども若くは無いですが、小さい頃から様々な波長の光源の中で育って来ているので、それほど気にならなくなっているようです。
言うなれば現代人は今の光を基準光にいつでもシフト出来てしまえる、とも考えられますか。

cinqさん>
家庭用・・と言うか一般的な白熱灯の演色性と言うのは実はそれほど良くなくて、逆に自然光以外の人工光源でD65とか平均演色評価数の高いランプだと・・たぶん今度はあまりくつろげなくなる気がします。
ただ食事場所などでは青色の演色性はむしろ邪魔なので、赤色が引き立つ・・色温度の低い白熱灯が好まれるのでしょうね。更に処理すべき短い波長の情報量も減って気分もリラックス。
monozof
2007/12/21 00:03
Ishさん>
おはようございます。すみません、また書き込みがずれ込んでしまいました。
Warm White・・実は密かに探してたりするのですがBestHongKong.comにはCreeのがあったんですね。
その時はSSCかKLC8を考えていたのですが、Cee XR-Eも良いなあ。もう少し先になりそうですが、Warm Whiteはいよいよこれから面白くなって来そうですね。
monozof
2007/12/21 08:28
Warm White、視野に入れておられましたか!
人の肌色を見ると白色LEDでは当たり外れが大きい気がしておりまして、暖色のLEDを探した時期があります。
SSCやKLC8にもWarm Whiteがあるんですね(Edison Optoの旧モデルはあまりそれらしくなかったです)。
国内某大手のインテリア用電球色LEDも違和感ありましたし・・・。LEDが白熱球の色合いを完全に再現できるとイイですね。
RebelのNeutral-Whiteも気になりますが、入手性が良くなさそうです(^_^;)
Ish
2007/12/21 14:14
クルシ・・クリスマスも近いこの時期、最近はイルミネーションを飾る家も増えましたが、ここでも中華なLED製品の隆盛が垣間見れます。青、赤、白と色とりどりの光の中で、やはり電球色って何かホっとするんですよね。生物的に安定する光なのかも知れません。これが長めの波長でも赤だと別の反射を励起させるホルモンが分泌されるのでしょうね。

なるほど同じような電球色でも感じが違う。
それは何か重要な事のように思えます。
ヒトが見ると言う行為は光による刺激を視神経で感じて
脳に伝える事だからでしょうか。
ヒトにとっての最高の光色とは?これまた興味深いモノになりそうです。
monozof
2007/12/21 20:38
某店長(^_^;)のblogでも白熱灯と蛍光灯の話が出ていましたが、
ここへきて脱白熱灯が急ピッチになってきたように思えます。

我が家では上に書いたとおりすでに白熱電球を使っているのは洗濯機を置いているボイラー室のみとなっていますが、白熱電球だと数年、下手をすると10年近く使えるのに一度電球型蛍光灯にしたら1年持ちませんでした(´・ω・`)
色より耐久性や点灯直後は暗いとか使い勝手に方が私にとっては大問題なんですが・・・

そろそろ電球型LEDライト作ってみませんか?
takebeat
2008/05/25 00:22
先日我が家の外灯がまた切れていました。こちらは年一回は交換している気がしますが北海道の場合冬季にだいぶ痛めつけられるのかも知れませんね。逆に蛍光灯でもインバーター点灯のものは割と長く4〜5年は使っていたような。

電球型LEDライトはDXでもだいぶ安くなりましたね。
ひとつ買って調べてみたいところです。
と・・今日は何気に近未来の照明装置を妄想していました。環境適応型になっていて使用される場所に最適かつ好みの波長成分を合成してくれると言うやつです。
例えば現代の白い壁材には蛍光材料が含まれていて、明りを付けるとそれ自体が放射する短めの波長がその部屋の環境光に含まれる事になると思うのですが、近未来では光源自体がプレ発光を行ってその部屋の光の成分を測定、設定により落ち着けるリラックスモードとか頭の冴えるビジネスモードとかに波長成分を調整して発光してくれると言う・・って500文字では収まりそうにないので、いずれまた。
monozof
2008/05/25 02:17
そうそう
我が家でも玄関の外のライトは以前白熱電球でしたがしょっちゅう切れていた記憶があります。
こちらは電球型蛍光灯にしてからもう数年交換してませんねぇ(^_^;)
やっぱり適材適所ってあるんですね。
DXの電球型LEDライトは電球食があれば即海難ですけどねぇ
とりあえず普通の白色買ってLED交換って言う手もありますね。
takebeat
2008/05/25 02:26
おはようございます。
奇妙な事にトイレだけは白熱球、蛍光灯型電球問わずによく切れるので、LED懐中電灯を置いてありますが・・点けたり消したりが多いからか、色んなガスのせいかは謎。。
とは言え、撮影用光源としてはさすがに白熱球の分厚い波長分布は伊達じゃないようで、赤色方向だけに厚いキセノン球でも結構違いました・・てのを3C4 W1のレポの続きで。
monozof
2008/05/25 08:38
訂正〜誤:蛍光灯型電球・正:電球型蛍光灯

ってか蛍光灯型の電球って新しいかも?
monozof
2008/05/25 10:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
光源年代記:あるいは黎明期の終り monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる