monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 野外照射比較:と言いつつ寒いので車中から

<<   作成日時 : 2007/12/28 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

私のテリトリーは少し山の方にあるのですが一昨日は-13℃でした。
UltraFireC2Sセカンドと3CP Q5WHの試射をしようと新しい冬季遠距離照射場に向かったのは良かったのですが・・・寒くて外に出るの嫌で窓から手だけ出して撮影してみました。

カメラはメーターパネルの上に置いてタイマーセット、までは良かったのですが・・・無限遠にしておくの忘れてて帰って確認してみたら肝心のターゲットポイントはピンボケしまくり。
まあそれでもどれくらいの明るさで照らせているかだけは確認出来るのですが、仕方ないので・・じゃなくて今日組み直したWF-500用三つ目モジュールとたまたま出来ちゃった3C1の試射も兼ねて再び照射場に行って来ました。

今度の場所はこんな感じになっています。
画像
枠内の中心にあるトタンの塀まで大体100m位あります。
一応ロードメジャーも持って行ってたのですが、寒かったので(ry
すみません、車のオドメータでカウントして100m以上ありそうって程度の距離です。
枠内の範囲を拡大したもの。
画像

これが基準となる車のハイビーム(60Wハロゲン)の明るさです。

で・・本当は一枚づつ説明したかったのですが、前回撮影時のはボケてるのと、今夜は時間が無いのと、ライト自体どれも暫定版なのでまとめて一枚だけ載せておきます。
画像
てな感じでした。
そう言うわけで明日はWF-500用三つ目モジュール改の記事を予定しています。

*12/29追記
今朝WF-500用三つ目モジュールのランタイム測ろうと思ったら・・・DCコン焼いちゃいました〜。。 。
使用していたのはDXの3.7-9V 800mAコンバーターだったのですが、電解コンデサ2個がスペース食うのでかなりアクロバティックな詰め込み方をしていました。
一応外部テスト時は2セルでも回路の発熱は感じられなかったのですが、LEDの熱を受けてどこかヌルっとズレて接触したのかも知れません。
感じとして一番奥のLEDに近い3番のダイオードが破壊、次に1番の抵抗が破壊、何故か中間の2番は無事でした。
現行のはコンデンサがチップタイプになっているので少し余裕を持って組み込めそうですが、代わりを取り寄せるまで何を入れとくか考え中です。

と言うわけで既に同じ個体は無いのですが、参考までに周辺も含めた比較画像を追加しておきます。
画像
あ、UltraFire C2Sも一応もう無くなっています。
いえ本体はあるのですが、リフをまた別な所に送っちゃいました。

と言うわけでtakebeatさん、放熱リングのお礼としては安上がりで申し訳ないのですが、せっかくそちらにもC2 Q5あるようですので、よろしければ野外照射の折にでも遊んでみてください。近距離だとパターン汚いわ軸はブレてるわですが、外ならそれなりに飛ぶと思いますので。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
いつも拝見しています。
すご〜く寒そうですね・・・
なんか、どんなに明るくてもLEDより
フィラメントの暖かい光がありがたいような(笑
森のプ〜さん
2007/12/29 03:54
おはようございます、いらっしゃいませ〜。
やはり電球色はホっと心温まりますね。
白色は・・むしろ波長分布は平均的で多くの情報を認識出来るのでしょうけど、それが”心”に対してはかえって落ち着かない要因になっているのかも。
と思ったら、何気にAmazonの広告が漆原氏の初期の作品集でこっちも心温まります。やっぱりこの人は絵師なんですよねえ。
monozof
2007/12/29 08:55
monozofさんありがとうございます、そのうちC2 Q5に組み込んで写真とってきますね。

CREEの3灯モデルはその明るさがかなり自動車のヘッドライトに近づいていきていますね、
自動車のヘッドライトが切れてもこれだけで走れそうです、もちろん速度は落としますが(^_^;)

CREE Q4の4灯なら果たしてどうなるのか?

更に多灯でハイパワーだと思いますがトヨタが自動車のヘッドライトにLEDを採用する時代なんですねぇ。
takebeat
2007/12/29 12:07
あ、もう近くの支店まで行っているようですね。
細かい線傷も残るテキトーな磨き方ですが、その分メッキと違い多少手で触っても汚れても大丈夫な野戦向きなリフになっています(本当か?)。荒っぽく扱ってあげてください。

車の前照灯は両サイドにあるのでCree Q5なら6灯x2くらいあれば実用になりそうですが、配光やらの問題でまだ正式に認可されていないので、まずはレース車両からとかでしょうか。でも現状ではHIDを打破するのは難しいかも。となると、やはり頻繁に点けたり消したりする家庭用照明の普及が目下の課題と言えそうですね。

まずは4つ目、RC-T5のレポを楽しみにしています。
1000平方メートル・・302.5坪の工場から世界に向けて羽ばたくかRomisen。
monozof
2007/12/29 13:51
SF-502Xはこのカテだと全く圏外ですね。名前だけは立派なのを貰っているのに・・・
個人的にはC2Sの配光が好きですが、3CPの中心光も捨てがたいですね。
0909
2007/12/30 17:49
遅レスですが・・すみません、脳内でレスしたつもりになっていました。
SF-502Xは普通クラスの代表で入れてみたのですが、他がべらぼうなだけでちゃんと50m位は飛んでいます。
ただ照度が80ルーメン弱と、この中では一番照度の低いC2Sの217ルーメンの半分以下で周辺光も無いので暗く見えてしまったようです。
いずれTTFCにでも換えてリベンジさせたいところですね。
monozof
2008/01/02 11:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
野外照射比較:と言いつつ寒いので車中から monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる