monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS GENTOS HW-743H:改造コリ野外照射+中華ヘッデン

<<   作成日時 : 2007/11/08 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ヘッドライトはやはりヤマ屋・・山登り関連の情報は多いですね。
BlackDiamond社の性能算出法なんかは面白いですね。
いずれメジャーメーカーの新製品が出揃った辺りで1つGETしたいところです。

さて、せっかくコリが出来たので743の方にも畜光を仕込んでみました。
画像
これはホルダーに直に盛っているのではなく、畜光テープと同じようにまずアルミテープを貼ってその上に盛っています。

今回はOrangeZincとDaytimeOrangeの混合パウダーを30分タイプの2液硬化エポキシで溶いて使っています。
画像
正面からだとKLC8の蛍光の黄色が見えています。

画像
角度を変えると今度は畜光剤のオレンジが見えていますね。

これを光らせると・・・。
画像
どう見ても遠赤外線ヒーターです。ありがとうございました。
なんだか中で発火しているみたいで精神衛生上よろしくないかも知れません。


それと単独では寂しいので、一昨日フラっと入った百均で見つけた砲弾型多灯ヘッドライトも同行させる事にしました。
画像
特価で880円でした。
Shintaさんの記事を見た後だったので、中華880円が安いのか高いのか微妙な感じでしたが、ベースボディは中華ヘッデンの定番のようで、いざとなったら改造ベースにするには良さ気だったので買って来ちゃいました。
作りも結構しっかりしていてkaiではこれのCree版などもあるんですね。
画像
点灯パターンはこんな感じで、更に点滅があって消灯に戻ります。

ですので、こちらの壁面照射は実際の切り替わりとは逆に並べています。
画像
基本的に近距離で使いやすい配光になっており、肉眼ではもっと明るく感じました。
なかなかどうしてコストパフォーマンスは高そうです。




それではいつも林道コースを回ります。
外気温は2℃。まずは約5mから。
画像画像
すみません、怪しいモノ音が聞こえたので一旦場所移動して戻ったため少し位置がズレてしまいました。え?チキン?いや水際立った撤退は高度な戦術の・・すみません実はビビりました。

続いて足元照射の約1.5m・・って高さ考慮するの忘れてました。
画像画像
この辺は特に中華ヘッデンも健闘してくれていますね。
面白いのは4灯でも12灯でも、光の強度はそれほど増えた感じがしない事でしょうか。
これは電源供給の為かとも思ったのですが、それ以上に照射範囲が分散している事に起因していたようです。
肉眼だと4灯でも十分に明るく感じるし、12灯でもそれほど明るくなったと感じなかったのですが、画像で見るとちゃんと灯数に応じた照度変化があるのが不思議な感じでした。

次は少し長い直線を照らすコースなのですが・・・12LEDの方は残念ながらリタイヤになります。
と言うのは、どれもほとんど真っ暗でガンマ200%補正しても全体がボウっと明るいだけで何が何やらでした。
これも肉眼では照らしてる感じはあったのですが、水平照射では最初の目標地点である8mには到達が難しいかったのかも知れません。
仕方ないのでここは743の元のコリと改造コリで比較してみましょう。
画像画像
実はまだセンター部の拡散が不十分なので、中央と周辺での光色の差は若干残っています。
完全に混じるともう少し白っぽい光色になるはずです。

本来はここまでだったのですが、帰り道テストがてらそれぞれ最低照度での歩行に支障が無いか確認しながら歩いていたら、2m程先に手頃なターゲットを見つけたので撮影してみました。
画像
画像
この距離で4秒は長過ぎたようで、肉眼ではもう少し暗く見えていました。
ただガンマでマイナス補正すると周辺光が消えていってしまうので、弄れない事はないのですが一応これは補正無しとしてあります。
いずれにしろどちらの最低照度も手元足元には必要十分な明るさを持っていました。
さすがに中距離からは743が圧倒的に有利になってしまいますが、一般的用途なら中華多灯ヘッデンも価格以上に実用性は高かったと記させて頂きます。

ヘッドライト・・まだ始めたばかりなので新しい情報が多くて処理だけで手一杯になっていますが、想像以上に面白いので今後も腰を落ち着けてもう少し進めてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
743は若干色ムラが有るようですが、かなり見やすくなっていますね。ムラもなんとか合格レベルに達しているのでは?
12LEDは各所の作りがかなり雑で、ベルトがすぐに取れたり電池の蓋の所のゴム(分厚いOリング?)もキャップと一緒に取れたりしますが、改造ベースには面白いかも。500GSに換装したらさぞかし明るいでしょうね。安っぽくて軽い単4電池付いてませんでした?見た目、安っぽくてもきっちり1.5V以上出てましたが。

0909
2007/11/09 07:44
おはようございます。昨夜は3時ごろまでWOWOWの映画を見ていて寝不足です。
色ムラはFraenのMidiumまたは互換コリが届けば完璧に解消されると思います。12LEDはもっとヒドいモノを想像していた割には悪くないかも。もちろん問題点はありそうですがそれはそれで楽しめそうです。電池は別に買ったアルカリを使用しました。付属のはチェッカーとかパワーを必要としない用途に使わせて頂きます。
後はメジャーメーカーの砲弾4-5灯定番モデルを手に入れてお手本としたいところですが・・どれが良いか迷うなあ。
monozof
2007/11/09 11:01
>>メジャーメーカーの

ちまたではPrincetonTecのQuadが結構評判いいみたいですよ。わたしゃ持ってませんが

GentosのHL-560は安くて並々に明るいですが誤点灯がひどすぎておすすめしませんw
はま☆ちん
2007/11/09 14:40
やっぱり?と言う事で早速Quad注文しますた。
足早にモノ的素養を調べてみたら確かに理に適った隙の無い構成をしているようですね。
もちろん様々な用途で更に特化しているモノもありましたが、もし1点選ぶとしたら・・うん、コレかも知れません。
monozof
2007/11/09 18:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GENTOS HW-743H:改造コリ野外照射+中華ヘッデン monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる