monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ミニマグ+TLE-5EX:TypeF概要

<<   作成日時 : 2007/06/14 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

まずはこんな感じになっています。
画像
ショボいでしょう?これだけです。
ヘッド内ではこうなります。
画像
どこかで見たよな・・。
図解にするとこんな感じ。
画像
(すみませんヘッド部の内部ネジは面倒なので省略しました)

ごらんの通りモジュール側はまあ補助的で主にヘッド部から熱を送っています。
そしてヘッドからボディへと言う間接伝導なので普通のライトに比べれば効率は全然たいした事ありません。
上げる方法自体はまだ色々ありますが・・・誰でも簡単に出来て、またすぐに元の状態に戻せるよう、この位にしておきました。
ちゃんとしたモノは専門の方にお任せします。
たぶんもっと格好よく効率も良いモノが出来る事でしょう。

と言うかTerraさんの方でこれくらいアタッチメント化して付属させてくれないかしらん?
単体だとTLE-5EXの性能が発揮されずもったいないですもん。

使った機材、材料はこれら。
画像
基本的に誰にでも手に入れられ、誰でもが真似できるモノ達。

そして結果をまとめたのがコレ。
画像


TypeFと言うのは熱の流れを作ってやる事で特定のモノにこだわる必要はありません。
その目的に使えるのなら何でも良いんです。
むしろソレっぽい名前がついていたり、ソレっぽい用途で販売されていると。その見かけの情報に惑わされ本質的な物性を忘れてしまう事になるので注意が必要なのかも。
熱と言うモノは物質を伝播するエネルギーの一形態の呼称に過ぎない。
そう認識すれば・・えーと、扱いは楽になるように思います。
まあ私はモノ屋なのでモノ(物)のコトワリ(理)を認識の基するしかないのですけど。

と、そう言えば巷では各地でマグ祭り開催中だとか。
せっかくの機会、これまでマグに馴染みの無かった人達にもマグを知ってもらいたい、と思うのですが私に出来る事と言えば・・・これくらいかなあ。
画像
基本的な動作の図。
ここではTLE-5EXが付いていますが、バルブでも一緒です。
TerraLuxなどのバイピンモジュールの良いところは、オリジナルの構造を一切変えずにLED化を容易に実現している点だと思います。
そしてオリジナルのミニマグの機構の素晴らしさ。
実にシンプルで完成されたシステムだと思います。
あと望むとすれば、バラした時にマイナス接点の金具をポロっとやって無くさないようにS字にしてテンションかけておくとかくらいでしょうか。
いや、本当は普通そこはバラしちゃいけない事にはなっているようなのですが、水没させた後に水切る時、バラした方が早く復活させられるのですからもったいないですよね。

さて今までマグに興味の無かった方々、いかがでしょう?
マグが欲しくなって来ましたか?
シンプルですが奥が深いモノですよ。

さあ!私と一緒にミニマグズを・・(それだけはイヤ)



PS:
一応組み立て手順も紹介できるよう写真は取ってあるんですが、そちらはミニマグなんて知らんと言う初心者の方を対象とするので面白みはないかも知れません。
せいぜい道具のショボさに泣ける可能性くらいか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
TypeF効果すごいですね
構成について質問して宜しいでしょうか?
ヘッド側の固まる放熱用シリコーンはリフ側から塗布されたのだと思いますが硬化したあとのヘッド分解が困難ではありませんか?
マグマグ
2007/06/14 21:22
Modベースには持って来い!なライトですね。私も弄る勉強をしないと・・・
激伝から、UltraFire WF-606Aが届きました。2AAと1CR2使用のライトです。ボンディングワイヤ4本のCreeで、C2と同じくらいのスポット照射です。色は、スポットのくせにかなり黄色いです(;>_<;)
14500を入れたいのですが、詳細が全く判らないのでもう暫く我慢します。
0909
2007/06/14 21:23
マグマグさん>
はい、普通に分解組み立てフィラ換装も出来ます。
もちろん元通りの姿に戻すのもあっと言う間に出来ます。
逆に見た目フツー過ぎるのが問題なのかも。

0909さん>
マグMODはその分大抵のパターンは出尽くしてしまっているので個性を出すにはセンスが要りそうですね。

メロン系でなく黄色系なら好きかも。
私もTLE-5EXに14500を・・い、入れ・・はぁはぁ。
もうちょっと我慢しよっと。
何処かに勇者はおりませぬかー?
monozof
2007/06/14 22:09
少し前まで全くMAGには興味無かったんですが、弄りだしたら楽しくて楽しくて(^.^)
シンプルだからこそ奥が深いのでしょうね〜

しかし、いつもながら情報量豊富で読み応えのある記事、非常に参考になります。
cinq
2007/06/14 22:28
度々すいません
固まる放熱用シリコーンとは硬化後モジュールに張り付いたりしないのでしょうか?1枚目の写真で明らかかな
ヘッドをねじっているときはモジュール、スイッチユニットも回っているという事ですね
マグマグ
2007/06/14 23:23
cinqさん>
私は寝た子を起こされたと言うか・・どこかに影で暗躍している仕掛け人がいるのかも知れません。
うちはバラすのだけは早いのですが・・原型を留めたのは今回が始めてかも。

マグマグさん>
ああ、そうか。
詳しくは工作編を見ると解るかと思いますがTLE-5EX自体はSSCのボディ上面とリフ底が接触しており応力は主にそこに働いています。シリコーンはプニっと基板にまとわりついている感じですので、最初に軽く削れた後はさしたる抵抗にはなっていません。
その為に高さ合わせをしていたんですね。
またスイッチユニットの稼動範囲はわずかなので、モジュールがヘッドと一緒に回転するのはせいぜい2度くらい。すぐにスイッチユニットと分離し、それ以上緩めてもヘッドだけが上がります。
monozof
2007/06/15 00:03
おぉぉ
効果高いですねぇ、直接ボディに熱を送るのは、あの機構上無理かなぁと思ってましたけど、ヘッド側とくっつけるだけでも、結構効果ありますね♪
さすがです (^_^)b
モジュール上部にアルミ系のわっかとかでポン付けできるといいですねぇ、個人的にmod系工作苦手なんで、アレなんですが、なんかあがいてみたくなってきました(^_^;)
Shinta
URL
2007/06/15 01:04
何とか効果はある事が判ってホっとしました。
ボディへダイレクトはスイッチアッセンブリを改造すれば出来るのですが面倒なので今回は見送りました。
やっぱりTerraさん純正で作って〜。
Shintaさんも弄って〜。
でもオリジナルでコレクションしてくれる人も必要なんですよね。う〜ん・・私には無理そうだ。
今回のは珍しくオリジナルを壊さない方法にこだわりましたので何かのヒントにでもなれば幸いです。
monozof
2007/06/15 01:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミニマグ+TLE-5EX:TypeF概要 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる