monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS Nano Light:with 日亜NSDW570GS-K1改

<<   作成日時 : 2011/06/18 22:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

えーと・・何ぞこれ?って物体ですが、もちろんクラゲの幼生とかではありません。
画像
なんとかナノライトのリフに合うよう上下を削っていったらこうなった。
たぶんこれでほぼボンディングワイヤーすれすれ・・のはず。

途中でいっそチップLEDかXP-Eとかにした方が早いんじゃないか?って気もしましたが、せっかくなので570GSで出来る限りやってみる事にしました。

でもってリフへの蛍光体の映り込みはなんとかこんな感じにはなりました。
画像
まだ微妙に根本に隙間が残っちゃいましたが・・・まあこれでも少しはマシになったはず。


まずは前回の最後と同じように30cmくらいからのパターンを見てみましょう。
画像
やんわりとですが一応スポット部が出来てそこから周辺へ向けて減衰する感じにはなったようです。


それでもオリジナルの砲弾の一点突破型と比べるとパンチに欠けますね。
画像
肉眼では範囲内の明るさも十分あり、ムラの無い見やいパターンとなっているのですが、それ故に割と普通と言うか明るめのキーライトと言った印象となっています。


それでもこのナノライト、当初考えていた以上に気に入ってしまいました。
こうしたボタン電池を使うライトなんてのはガジェットと言うかオモチャ的に考えていたんですけどねえ。
なんだろう?このチープさを感じさせない”ちっちゃいのにちゃんとしてる感”は。
画像
昔からソリテールは無条件に好きなモノのひとつだったけれど、これはそこにもうひとつ加わる事になりそうだ。



と言うわけで・・・。


早速MMDのN式改ちびルカ用にもアクセサリデータをでっち上げてみた。
画像
モデル名称は「Tako Light」だけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
帽子型LED+リフレクタの労力お察しします(^_^;)
私は個人的には砲弾型LEDは砲弾のままで
で、リフレクタは砲弾型LEDの横方向に漏れる光を集光するために使うように考えています、
手抜きですが作業効率はこのほうがいいかも。
カマダ
2011/06/18 23:48
カマダさん>
実は私ももうちょい楽にイケるかと思ってたのですが・・予想以上に手強かったでござる。。

とは言えナノライト自体はなかなか魅力的なベースである事がわかったので、普通の5mm砲弾も含め赤色マーカーとか紫外線バージョンとかバリエーション展開してみたいかも。
monozof
2011/06/19 22:28
ほぉ・・・これが紫外線ライトで照らすと綺麗なクラゲの幼生(違

見てたら奪い去られたナノライトがまた欲しくなってきたんですがw
海外だとエライ安いのに、なんで国内だと高いんでしょうねー
そうそう、ネジの掛かりが少なくないですか?
気が付いたらヘッドが無くなってたなんて事のないようゴチウイを
cinq
2011/06/21 20:52
cinqさん>
そうそう価格と言えばペリカンケースやオッターボックスなんかも日本だとかなーり割高なのが普及の妨げになってるよーな。
あ・・もしまた海外から共同購入の話があったら乗りますよー。

ネジのかかりは私のは気持ち良いくらいきっちりしてて、それで最後にモジュール部をグイっと奥まで押し込めるくらい。個体差もあるのかしらん?

頭がポロリ>
ソリテールだとケツだけ残してってのも結構ありましたねえ。
monozof
2011/06/21 22:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Nano Light:with 日亜NSDW570GS-K1改 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる