monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット通販:SUNWAYMAN M10A

<<   作成日時 : 2010/11/01 23:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

これが入荷するまではJETBeam JET-I PRO V3のOP仕様が最有力候補だったのですが・・・あ、資金に余裕がればRRT-0も魅力的だし、同じくSUNWAYMANのC10Aもなかなか・・いや手堅くFENIX LD10も悪くは・・・と妥協していくとキリが無いのでいいかげんこの1本に絞りました。

画像
SUNWAYMAN M10A XP-G R5 OP:
ええ例の
JISマークに似た憎い奴?バンブーさんで5,820円也。
いやあ入荷前は6,700円くらいかな〜と予想していたんですが、グっとお安くなってくれて大助かり。


と言ってもこいつは一応私が考えていた理想の1AAに求められる条件を現時点で一番多くクリアしている。
列記してみると・・・

・最大照度はどーでも良いから30〜50lm位の実用(1AAでのメイン)モードを備えている事。
・リチウムイオンは使えても良いけど出来れば1.5V電源専用が好ましい。
・XP-G R5あるいはCree R2以上の効率のLEDである事。
・想定距離20m以内、速度15km/h以下の運用で使いやすい配光である事。
・クリップ装備、かつ両方向対応可能である事。
・多少ゴツくても確実に保持しやすい造形・表面形状を重視。
・同様にコンパクトさより十分な肉厚を持つヘッドサイズ22mm〜25mmを想定。
・勘合部は潰れにくい角ネジまたはSUREFIREレベルの深く大きいピッチ必須。

・・・・てなとこでしょうか。
ええ私的にはせっかくの今旬のダイヤル調光や140lmの最大照度なんかはむしろオマケ的要素でして、それよりもしっかりした基本性能と明確なスタンスの方を評価します。


それではとりあずはザっと全体像を見ていきましょうか。
パッケージングと付属品はこんな感じでコンパクトでシンプルなパッケージは今のエコなご時勢には好ましいですね。
画像
ツヤツヤした黒色塗装のちょっとひん曲がってるクリップだけが不似合いにチープな感じだけど・・・良くあるつや消し黒染めスチールにしなかったのは意図的なのかな?
あるいはこぉ大人の事情でわざとJETBeamよりちょっと安めなポジションニングにしてるとか・・ってのは勝手な妄想ですが、中華は親会社がどことどこで繋がってるかってのはちょっと興味あるところですね。

それはともかくヘッド側の+端子もRRT-0みたいにフローティングではなく固定で、キャニはネジ止めとちょっとづつチープな感じですが、まあさすがに価格が半分ですのでむしろコストの有効運用としてはベストと言えるかも。
画像
一方テール部はC10A同様に外部から固定と言う凝った構成なんですね。

ちなみにM10Aのスイッチはフォワードクリッキーで半押し間欠点灯できますが、スイッチ自体がガードに対して深い位置にあるので親指を寝かせた状態では押せません。
点灯するには意図的に指を立てて指先で押す必要がありますが、それだけ誤点灯しにくいと言う事でもあり、これはまあ慣れると思います。

それよりも中のスイッチのボタンが少し小さいせいでカバー越しだと感触が伝わりにくいのがちょっと嫌かも。
かつてのGENTOSのSF-123とかに似たゴムの弾力がスイッチのバネの感触を邪魔してる感?
位置的に誤点灯の心配はまず無さそうだからプラの中敷きでも挟んでもうちょいダイレクトタッチにしてやろうかしらん。

またこれは実際には届いてから気付いたのですが・・てか期待してなかったのですが、この価格でこいつ角ネジなだったんですね。
バッテリーチューブの口もスロープが付けてあったりと派手さは無いけど本体の造りにはスキが無くて本当関心させられます。
画像
研磨痕もボディの細い縦溝のミーリング跡くらいで外周は実に滑らか〜でびっくりしました。
しかもいっちょ前にシリアルナバーなんかも入ってたのね〜。


いずれにしろこの価格でこれだけの性能と品質のライトが手に入るなんて、本当に今のライト界は満たされているなあ。
画像
サイズはこんな感じで1AAとしてはちょっとゴツ目だけど前述の通りそれは私の理想形に近い事なので好ましい要素。

つまりコンパクトなEDCとしての1AAライトではなく、1AAと言う最小の電源で使える本格的なフラッシュライトを望んでいます。
かと言ってCR123ライトなどに多く見られる本体サイズ無視したぶちまけハイパワーではなく、1AAで得られるエネルギーをフルに使ってもきちん余裕を持って受け止められるボディを持っている事が重要。
画像
まあそれでも充分小さいんですけどね・・って、そうそう一応私は手は小さい方(手首-中指=約17cm)だと思うのですが、SUREFIREの広告に使われている外人さんってやっぱ手ぇデカいな〜とか思うの私だけ?


そう言うわけでこれの場合EDCするとしてもキーリングでブララブよりはやはりクリップでベルトとかに挟んでおくのが良い感じ。
画像
サイドアームとかバックアップって感じですね。
よって私はヘッド下向きがデフォとなりますが、上着のジャケットとかならヘッド上もありかも。

搭載されるLEDはもちろんXP-GのR5ですが、もうすぐ47やOLIGHTからはS2搭載機も出回るみたいだし、光色が例のクソ・・失敬、綺麗な白色の1A-1BなのでバラせるようならランクはR3でも3A位に換装したいところ。
画像
リフの方は奥まで平坦部無しにすぼまる深いOPリフでなかなか好ましい配光となっていますが・・詳しくは次のレポで。
ヘッド部も充分な肉厚で形状も面取りだけとし無闇にとんがらせなかったのは良い判断だと思います。
このサイズだと仮にクラウン付けても点灯確認用のスリットくらいの方が取り回しに良いかも。


それでいてネック部には本格的なヒートシンクを装備しているのでその気になればCR123仕様のM10R同様ぶん回せるのだろうけれど・・小型ライトでリチウムが使えるってのは常に諸刃の剣なのだ。
それよりも実用照度同様に地味だけどイカしたLowの方が今時のライト界のトレンドでしょうか。
画像
公称4lm・・ってえと数mAのスーパーローモードか。
サバイバル・・な状況にはなりたくないけど、日常でも点けっぱで行動のライフライトとして。

ええ、これくらいなら肉眼で直視しても辛く無いんで上着のポッケにヘッド上で入れといても安心ですね。


・・って、やっぱ今回もアウトラインだけで長くなっちゃったよぅ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
このメーカーもなかなか良さそうな感じですね。
EZ-AAのような1AAタイプをいくつか購入しましたが、どうも好きになれないんですよね。コンパクトにしているのにデカイ感じで・・・
で、こういった方向の1AAタイプを見てると、何故か同様のデザインで存在していることが多いCR123タイプに目移りしてしまうみたいです。
その点、C10Aはいい感じなんですよね。
カトキチ
2010/11/02 01:48
カトキチさん>
そうAAそのものが実は結構デカくて重たいモノ。
なので、むしろこのサイズになってようやく重量とのバランスが取れている感はあります。
またLuxeon時代なら大きさの割に非力と感じた明るさも今なら「大丈夫だ、問題ない」・・と言うオチ?
monozof
2010/11/02 09:21
1AA限定だとサブ・バックアップ兼非常用狙いかと勝手に思ってたんですが、どっちかっつーとEDCメインだったんですね。
貴記事からの印象は良く出来たライトのように思えますm(_ _)m

個人的には、手持ちだと1AAってーとどーしてもARC-AAが好きなんですが、しかしここで引っ張り出してくるにはもはや今日びの1AA多機能とは違うというかそもそも多機能の段階でカテゴリが違っているというか(^^;

久々にライトに興味が湧いたというか、触発されて1AAに少し萌えちゃったのでググったりとかしたのですが、
思ったのは、やっぱ現行販売されているのは1AA器でもエミッターがわりと大きな電流を許容するもので、筐体はアルミが多いですか?

私は、大昔のテクナスプラッシュライトみたいな樹脂完全防水の単純構造筐体で、発熱の極力少ないエミッターで、かつ1AA。みたいのが欲しいとかなりずーっと思っているのですが、そういうのって今でも見当たりませんね。。。
川端
2010/11/03 07:52
川端さん>
いえ、正確には単三電池1本を電源とするEDCも可能な本格的なフラッシュライトってのを最終イメージとしています。
そして既存の多くは本当のEDC用1AAAのデカい版になっちゃってるか、14500頼みの単三型バッテリーが使えるCR123Aタイプのライトって感じ?

フル樹脂ってのは・・それ良いですね!
光学系も含めほとんどが絶縁体に身を包まれたライト。
もちろん出力は更にギリギリまで制限されるでしょうが・・アリだな。

と、そうそう。
おそらく前コメではたぶん公称値をご覧になられたのでしょうけど、このブログで何度も書いているように”物理的にそんな数値なわきゃーねえ!”と脳内変換されていた事と思います。
と言うわけで次回はいさささか手厳しい内容となるかも知れませんが・・その痛みはきっと明日の糧となると信じております。
monozof
2010/11/03 20:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ネット通販:SUNWAYMAN M10A monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる