monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS SST-50:とあるアンダードライブの光射砲

<<   作成日時 : 2010/08/08 21:48   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

結局SST-50を5Aでフルドライブさせる回路はKaiの詳細不明のヤツを頼みました。
それが8月6日に香港郵便で受付られたようなので、たぶん後一週間ほどで届く・・はず。

それまでに搭載予定機の方の準備を進めておこうとまずはLEDからの配線をこんな感じに多脚・・じゃなくて大電流を想定してアノード・カソードそれぞれ4本づつの多線としました。
画像
確かこの線は仕様上1.5Aくらい流せるAWG28だったと思いますので、4本あれば5Aでも余裕だろうと考えたわけです。


が・・・キャニスター側とか準備してる内になんだか待ち切れなくなっちゃって、とりあえず手持ちの回路で試しに組んでみる事にしました。

回路は昨年青C2に使ったKaiのP7・MC-E用の2.8Aのヤツをチョイス。

でもって搭載予定機のキャニスターが馬鹿でかいのを良い事に本番用回路と同時載せしてもジャンパで切り替え出来るように接点端子を例のマッキーマスキングででっち上げて準備OK。
画像
5Aの回路が届いたら中で空いている片半分の方に載せてジャンパで切り替える予定です。


光学系もこれは本場用では無いけどまあ試射なのでデフォルトのスムースリフのままでいいや。
画像
うん、映り込み具合を見てもパっとしない感バリバリですが ・・とりあえず穴のサイズだけは程良いようなのでこれで良しとします。




あ・・リオさんとかにはもう分かっちゃったと思いますが、あの馬鹿でかいキャニスターと言えばもちろんこいつです。
画像
UltraFire RL-2088のガラにSST-50を突っ込んでアンダードライブながら2.8Aでどの程度のものか見てみるテストです。


いつものハイパワー系の露出設定で壁面照射してみたところ、やはりXR-Eのようにピンスポとは行きませんでしたがまあまあ明るい太めのホットスポットでドーンって感じになりました。
画像
ちなみにパターンはキタネエ 1mでの中心照度は約14,000Lux、50cmでは約50,000Luxと言ったところでした。

それよりも全光束がこの出力でXR-E R2×3灯のM2XC4に匹敵する約600トーチルーメンを叩き出した事には関心させられました。
これはつまりMC-EのMランクを超えている事になるわけで、シングルダイながら多灯の高効率をこの出力で叩き出していると言う事ですね。

以前の350mA測定時にはいまいちパっとしませんでしたが、2.8Aになってようやくラージダイの本領が発揮されて来たようです。

これはデータシートに見られる電流が増加しても効率低下が少ないと言うのがどこまで本当か更に興味が沸いて来ました。


後は本番用のKaiの5A回路が・・・本当に5A流してくれるか?だよね。


※8/12 追記&訂正
RL-2088純正スムースリフもパターン見て結像する距離に合わせてみたら割りと合ってるようでした。
画像
30-50cmで全体が結像してその後は半分くらいが直進して残りはクロスして広がる感じ・・かな?

まあ、いずれにしろ本番用はこちらのOPリフになります。
画像
このリフは内面形状はRL-2088純正とほぼ同じで、これだと1mでちょうど10,000Lux、50cmでは43,000Luxとなります。

あ・・ちなみにこれは相性ベストと思われるTiablo A9用ではありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ああやっぱり考えていたことは
(以下略

この状態で、熱はどうですか?
ネタライトがさらにネタライトに(笑
リオ
2010/08/09 20:06
リオさん>
はい、やっぱりコレでした〜。

熱は今回はまだたったの?2.8A駆動なので何とも言えませんが・・いっそネタらしく「もっと熱くなれよ!」とこちらも思い切りぶん回してみたいと考えています。

ちなみにモジュール7は修造・・じゃなくてフィラメント並みに短時間でヘッド全体アチチに。
monozof
2010/08/09 21:10
さっそくの実験お疲れ様ですm(_ _)m
照射は予想通りって感じ、MC-Eと比べてダーククロスないだけでもメリットだけど、価格差が・・・(^^ゞ

>たったの?2.8A駆動
やっぱり「5A流してなんぼ」なのかなぁ(^_^)
nob
2010/08/09 21:25
nobさん>
元々ランクも何も詳細不明なKai版だからってだけではなくてSST-50はまだ分からない事が多くて手探り状態で進んでいます。
データシートもどうも断片的過ぎて実身が見えて来ない感じ。

あるいはSST-50の最大定格5Aってのも単なる便宜上の仮身なのかしらん?
monozof
2010/08/09 22:35
ほほぉ・・・
2.8AでMC-EのMランクを超えちゃうんだぁ・・・
ふぅーん・・・
でっ でも興味なんか無いんだからね!
cinq
2010/08/09 22:50
2.8Aでも効率が良いなんて、SST-50に非常に興味が湧いてきました!
実用的には太目のスポットは使いやすいですよね。
Higu
2010/08/09 23:52
cinqさん>
おはようございます。
あ、そう言えばMC-Eの最大定格2.8Aってのも仮の上限でしたね。
具はXR-E P4〜Q2相当×4なんだから理論上は4A駆動でも大丈夫なんですが、確か前にP7 Cで試した時(URL)は・・やはりLED自体の排熱がネックだったのね。
MC-Eならもうちょい耐えられるかな?

Higuさん>
はい、発光効率そのものは4ダイのMC-Eより高いようです・・が、スラグ部の接触面積が超狭いのでいかに速やかに排熱出来るかが鍵となりそうです。
今回のマウント方法だとダラダラと照度落ちて行ってP7のCランク程度で落ち着く感じでした。
やはりフルドライブにはスラグ拡張が必要かも。
monozof
URL
2010/08/10 07:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SST-50:とあるアンダードライブの光射砲 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる