monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS モジュール7:第2形態 WF-500ベース

<<   作成日時 : 2010/07/26 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

結局モジュール7の移植先は無難なところでUltraFire WF500に落ち着きました。
画像
ただ新しいヘッドへのフィッティングは予想以上に難航し熱伝導経路の確保には苦労させられました。
なんか変なボルトとか出ていますが色々またアクロバチックな芸当をかましつつ第2形態はこんな感じになっています。
もういっそLumens FactoryのP7 Mターボヘッドとかポン付け出来ないかしらん?とヨダレ垂らして眺めてたのは秘密です。

それと一応またアルマイトの実験もしてみたのですが・・マスキングで失敗しています。
実はカトキチさんの方式を一部取り入れて導通用アルミワイヤーを固定と同時に酸化からの保護の目的で絶縁用シールテープを巻いたのですが、それには微量ながら接着剤が塗布されていてそれが反応時に流れ出した跡が付いてしまいました。
これが素の自己融着テープかブチルゴムなら大丈夫だったかも。。

とは言えそれ以外は今までで一番均一な仕上がりとなっており、この処理のキモとも言える”導通経路となる接点そのものを酸化させない事”すなわち電流の安定供給が皮膜形勢にかなり有効な事は確認出来ましたので次回は
もう少しうまく行けそうな気がします。・・たぶん。


しかし、まずはWF500のヘッドにモジュール7をフィットさせるのが先決って事でアルマイトはヘッド部のみとなっております。
ええ、まあ単に熱伝導経路の確保の方で力尽きちゃったんですけどね。

とりあえず今回は第2形態って事で延長チューブ無しのCR123×3セルサイズとしてみました。
電源は18500×2〜16340x3迄で最大12Vの電源電圧で駆動します。
画像
これで全長18cm・・ってネック部えれー隙間が開いてるのはスルーでヨロ。

WF500は本来フィラメントモジュール用のためヘッド部は浅いけどネック部は長く、ボディ側は深くねじ込まれるようになっているのですが、モジュール7はLEDの中でもキャニスター部がでか目なので奥まで入れられませんでした。

で・・・最初に無理矢理押し込もうとした結果がこれだよ!
画像
いや元々レンズ自体薄めだったみたいで、今はSTFに入れてた厚めレンズに換えていますが、それにより更にネック部の隙間が広がったと言うわけです。


そんなこんなでいつも以上にドッタンバッタンしながらも一応1000ルーメン超としては最小構成のカタチにはなりましたとさ。
画像
出力は18500x2で約670mA×7、16340×3セル時の最大出力は880mA×7でトータル6160mAだから約23Wってえ大喰い仕様。
その割にはと言うか理論通り出力増加に対する照度の伸びはやや緩慢となり、18500x2で約1100トーチルーメンなのが16340x3でも1300トーチルーメン程度となっています。

またいずれの電源の場合もそれぞれに問題を抱えており、18500だと容量はギリだけど電圧が低いので電流がえらい事に、16340だと初期電圧ではギリだけど容量はチビっとなのに出力が増加しちゃうのでやっぱりえらい事に・・と。

これは同時に回路へも大きな負担となっており、電源電圧が低い程に発熱も増加ってえダブルパンチでMAXだと数分でシャットダウンします。。
少なくともLED側の熱の半分はダイレクトにヘッド側に誘導出来ているはずですので、やはり回路自体の発熱か非力な電源によると考えるべきなのだろうなあ・・。

むう、ここだけは目標としていたL500Rのターボ版に似なくても良かったのに。

ええ、ぶっちゃけ1000トーチルーメン級が欲しけりゃムチャなMODなんぞせずに大容量電源がデフォで付いてるMicroFireのL500Rをポチっと買っちゃった方が楽だし安心確実だと思います。
改めてあれは良く出来た名作なんだなあと今更ながら確信しました。

もし私に弄り癖が無ければR2モデルの方を迷わず買ってるところですが・・・まあこう言う性癖なんだから仕方ない。


私のような屑モッダーでもどこまで出来るかやれるとこまでやってみるテスト。
基準&目標は今年もコレ、車のハロゲン60Wハイビーム。
画像
と言うわけで・・・次回は野外照射に行って来たでござるの巻。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おおっ!コチラも赤っすか!

やっぱり1000lm Overだと18650×2でもキツイんですね・・・う〜ん、いろいろ考えてるのですが、ちょっと考え直そうかな(^_^)

野外照射に超期待(*^ ^*)
nob
2010/07/26 22:00
nobさん>
はい通常の3倍ひぃひぃって仕様ですが赤にしてみました。
あ、今回の第2形態では18650×2では無く18500x2のサイズにしていますが、いずれにしろLEDが7直なんで電圧的に回路の方がヤバいって感じでしょうか?

むしろ並列あるいはSST-50のように低い電圧に降圧して大電流って方が電源的にも回路的にも楽させられたかも。
18650×2からなら3.7V×4A程度はまあ安定して流せるはずですが、その場合のランタイムは理論値で30分〜45分ってとこでしょうか。

もっとも・・C/D MAGなら25500や32600なんかも使えるのでその気になれば電源的には青天井ではあるんですね。6セルDのリチウムとかだともぉすんごい事に?
monozof
2010/07/26 22:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
モジュール7:第2形態 WF-500ベース monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる