monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS Luminus SST-50:光学系との相性

<<   作成日時 : 2010/07/17 20:30   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

論理的に思考すると効率と全光束言う要素だけなら例えどれほど巨大で複数のダイを内蔵したとしても最新のシングルダイの集合体には永遠に追いつけないと言う結論に至る。
例えばもしも雷神100灯ライトとか作ればSST-50の最大定格5AでSST-90の2000ルーメンを叩き出せる事になるわけだ。

けれどそこに光学的要素を加味するとまた異なるパラダイムが現出する。
もちろん雷神そのままの指向特性では距離が稼げないから現実的では無いのだけれど、それは我々がそうした世界を知っているから容易に想像出来るのであって、言わば3次元や4次元世界に対する5次元の様にソレが無い世界からはある世界は解らないのだ。

まあこの場合はようやっと2次元に空間の概念が加わった程度なのだけれど、つまりSST-50においての光学系は全光束以上に私が重要視している要素と言う事なのである。




てなわけで・・・いつものように前置き長げーんですが、要は知りたい欲求に負けてポチってしまったSST-50の光学的相性を見ていきたいと思います。
今回のオーダーはこいつら6種のリフで行ってみました。
画像
深リフ組としてUltraFire C8-A1、Tiablo A10、SmrtFire V-65Cの3種。
浅リフ組としては定番のUltraFire C2、MTEのAAライトなどに使われる18.5mmリフ、P7やMC-Eなどに使われる50mm級の平底リフの3種。

この中で簡単に他のリフを当てられるC8-A1のボディをベースとして駆動にはAMC7135×4の定電流ボードを使用。
画像
が・・・どうも1個チップ死んでるのか調子が悪くて900mAしか流れませんでした。
まあパターン見るだけだし、ノーマルとの比較にもむしろ出力はこれくらいで丁度良いか。

またそれぞれ1本代表でノーマルのXR-Eでのパターンを撮影しそれとSST-50を比較して行きたいと思います。
画像
これが18650使用時のTiablo A10のパターンで露出をこれに合わせましたので他はかなり暗く映っていますが肉眼だといずれも周辺光も相当明るくなっています。
また出力の違いも若干あるけどグラフもあるしSST-50の上限は数倍あるのでこれはこれで参考にはなるかと思います。

と言うわけでまずは深リフ組、いわゆる遠射系ライトのリフとの組み合わせ。
画像
予想通りXR-Eでも別格なA10のリフが圧倒的な集光能力を見せてくれました。
これで1mで13000Luxくらいでしたので、3Aも流せば中心照度でもXR-Eを超えられるかも。

C8-A1のリフも悪くは無いですがMRVやTiablo同様ほぼ一定の曲率の第一世代の遠射リフなので集光力はA10の半分くらいでした。
と言う事は・・A10同様により遠射に最適化されたリフ形状のSpearもかなり期待出来そうかも。

それよりこの露出だとレンズ内のゴミが更にはっきりくっきりで、なんか目玉みたいになってるぞ?。。

で最後はダークホースと言うか・・・実は存在すら忘れてて後で追加したのですが、SmartFireのV-65C。
これのリフはちょっと独特で第一世代とも第2世代とも異なる底が少し太いスポット自体寸胴っぽいリフになります。
SST-50の指向特性から案外イケるんじゃないかと思いついたんですが・・ありゃリフ傾いてたっぽい。
けどこれはこれでなかなか面白そうかも。



次に浅リフ組についてもまずリファレンス機のUltraFire C2+XR-Eのノーマルパターンを見ていただいて、それとSST-50の場合を比較してみましょう。
画像
C2は遠射系では無いけれど強く小さめなスポットなのでSST-50でむしろ程よい強さと太さになってくれるのでは無いかと予想。

まあC2リフなら大抵のLEDはそれなりに合ってしまうのですが、これで大体どのLEDの特性に近いかがはっきりしました。
あ、繰り返しますがこれシャッター速度を倍の1/60secに絞りも最大のF8.0にしていますので、周辺光についてはほとんどカットアウトされています。
画像
すでにお気づきかも知れませんが、SST-50は基本的にはXP-Gのそれに近いようですね。
厳密にはXP-G成分2に対してXR-E成分1くらいの感じで特定の角度内の光束を集めて一直線に飛ばすような用法にも向いていそう・・って、それはすでにOLIGHTのSR90が実証してたんだっけ。

ただどうしても収束できるスポットサイズには限界があると思いますので、後はパワーに任せて極太スポットでドーンってなキャラになりそうですか。

が、その一方でXP-G的に見やすい広めスポットをリどのフ径でも得やすいと言う汎用性の高さも持っていると感じました。

もっともある程度以下の出力だと今度は価格的、効率的にXP-Gの方がお得になってしまうので、SST-50が活きる運用域としてはやはりP7やMC-Eと被って来るかと思います。
その場合は効率ではやはり微妙な感はありますがダークポットを気にせず範囲照射型にも一点突破型にも運用出来る自由度の高さって点では他には無いキャラになっていると思います。

ちなみにP7用のリフでもスポットは結構はっきり出せるのですが、前述の通りXR-E用遠射深リフの方がより多くの光を集められるので・・・ごめんMTE M4-2、やっぱ出番無かったよぅ。。




※7/20追記

実は私、何故かTiabloA8/9用OPリフを持っていました。
これは試しにKaiから取り寄せてみたみたけど手持ちに使えるライトが無くて放置していたリフだったんですが・・。
画像
ふと「もしかして一番SST-50と相性ぴったんこなんじゃ?」と試してみました。
Tiablo a8/9用リフは曲率こそ一定ですがUltraFire C8やMRVよりも少し長く根本が細く収束しており遠射系としては第1.5世代と言った形状になっています。

実を言うと先に試した遠射系スムースリフはA10を除いてはどうしてもスポット部に巨大なダイの蛍光体のムラが見えてしまい気持ち悪かったんですよね。
たぶん野外ならそう気にならなくなるとは思うのですが、C8-A1やV-65では充分集光しきれていないしパターンは汚いしスポットもムラムラではいまいちテンションが上がらなくてまいってたんですが・・・。
画像
やはりSST-50にTiablo A8/9リフはドンピシャと言って良いかも。
OPでも良く集光してくれると同時に周辺光への繋がりも綺麗でOSTARに似た力強い範囲照射能力を見せてくれそうに感じました。

予想以上の相性の良さにテンションが上がって来たので他のハイパワー系とも露出を合わせてみました。
画像
マルチ2点が15W〜18Wでシングルの4.5〜4.8Aと想定した場合、900mAでこれなら2.8Aでもかなり近いとこまでイケそうですか。

更にこれで大型筐体と大容量の電源を組み合わせてMAXの5A駆動させればモジュール7の対抗馬にも充分成りうるかも?


が・・・残念な事に私はこのリフ使えるボディ持って無いのよ。。
誰かA8/9ユーザーの方、代わりに組んでみない?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
SST50はMC-Eと比較して、あえてLEDを交換するほどのモノでもないかな?て思ってたんですが、ダークスポットが出ないってのは良いですね。自分の好みだとC8-A1との組み合わせかなー
cinq
2010/07/20 12:54
cinqさん>
ダークスポットは出ないんですが、SMOで中途半端に集光するとデカいダイの蛍光体自体のムラが見えて近距離壁面だとちょっと気持ち悪いかも。

で・・本体は持って無いけど何故かリフだけ持ってたTiablo A8/9のデータを追記しました。

この組み合わせなら勝つる(私以外が)
monozof
2010/07/20 19:21
ルミナスって響きが好きなんです(*^ ^*)
私にゃ使いにくそうなので手が出せないんですけど、いろんなリフでの写真を見てたらkaiで買ったMAG C&D用リフならイイ感じになるような気がしました(^ ^♪

誰かwingさんのMAG C&D用ヒートシンクにSST載せる人居ませんかね・・・MAX5Aのコンバータってドコにあるのか(^^ゞ
nob
2010/07/22 20:56
nobさん>
実は何故かC/D MAGのフィラメント用アルミスムースリフは持っていて一応試してはみたのですが、全体にアールが強いのでダイをリフ底面に合わせた場合は中心部に寄るべき光は反対側まで反射してデカい穴あきパターンとなっていました。
これはたぶんタワーで最適な高さに合わせる必要があるのだと思いますが・・誰か専用シンク開発してみない?(無茶ブリ
monozof
2010/07/23 00:48
>タワーで最適な高さに合わせる必要がある
う〜ん、他力本願したいところですが(汗)ウチのMAG 2D MC-EにSST50をリプレイスしてみることにしました。
失敗しなけりゃイイのですが(^^ゞ
nob
2010/07/23 22:59
nobさん>
おはようございます。
そうか!MC-Eできっちり集光させてたアレですね。
うまく高さが合えばOPですし、フロスト処理されたMC-E用コリでは良い感じでしたのでイケそうな気がします。
monozof
2010/07/24 08:40
なんか呼ばれた気がしたので・・・
nobさんには特注銅のコア、monozofさんにはMAGシンクKitを準備すればいいのかな? (^^)/沼
wing
2010/07/25 00:40
wingさん>
ああっすみません!私はC/DセルのMAGは持っていないのでコンプリートはベースも充実しておられるnobさんにお任せいたします〜(勝手に)。

こちらはとりあえず隠しダマ、もとい隠しボディの方でなんとかならないか?と考え中。
monozof
2010/07/25 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Luminus SST-50:光学系との相性 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる