monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS MINI MAGLITE 2AA Triclops Rev.2

<<   作成日時 : 2010/07/07 21:56   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

ようやくDXからTriclops用電源が到着、SKU26124 TrustFire製リチウムイオン充電池14500(2本パック):5.40ドル也。
画像
一応UltraFireのも1本は持っていたのですが、せっかくなのでフルパワー出してみたいし、3直LEDには2セルの方が回路も楽出来るのでポチっとな。

で、待っている間にRUUさんから頂いたツェナーダイオードをLED保護用にヘッド側サンドの端子側に追加。
画像
一応RUUさんから画像右端にある図を送ってもらって説明してもらったのですが・・・確かこちらはヘッドを外して回路側に貯まったVf以上の電圧からLEDを保護すると同時に逆電圧からも保護してくれる・・で、合ってるかしらん?

ちなみにヘッドを外してオープン状態になったボディ側接点で測ってみた電圧は19.2Vでした。
また回路側(コンデンサーかな?)に溜まってる電荷についてはごくわずかみたいでしたので、シングルLEDはともかく3直LEDならそのままでも耐えられるかも知れません。


とりあえずこれでこの構成としてはフルパワーとなりますので前の2AAと比較してみましょう。
画像
Badboy自体は自称500mAのセッティングだけど、大抵実測8割程度のところ9割流れたのでそう悪くないかも。
それ以上に14500+ダミーセルでも400mA以上流れてくれる事に関心しました。
さすがBadboyさんシンプルだけどダフよねえ。




それと・・・これはおそらく本来の使い方では無いのだろうけれど・・・。



ツェナーダイオードの話が出てから、もしかしたら出来るんじゃないか?と考えていた事があって。



試してみたくて仕方なかった事も試してみちゃいました。



ええ、ミニマグっちゃあやっぱコレが無いと〜と、自分自身にムチャぶりしてたアレ。
画像
ランタンモードを搭載してみるテスト。


光って見えているのはボディ側サンドの接点基盤で、紙フェノールだったのをガラエポで作り直したものです。
画像
これはRev.1の時リオさんが「透明のヘッドにしちゃえば?」ってコメントされてたのがヒントになっています。
そう言えばガラエポってレジストされてなければ半透明だったよなあ・・と。


もちろん基盤そのものが光るわけは無くて発光体はその下のエミッターボードの上にあります。
画像
なんか虫の卵っぽい黄色いのは電球色2012チップLEDで前回エルパラさんから取り寄せた中でモザイクかけてあった奴。
それを4直にしてアノード側にツェナーダイオードを繋いでセメダインSUPER X2(要は変成シリコーン)でゼリー寄せのように固めた物なんですが・・・あまり美味そうには見えないな。

シークエンスはこんな感じで上からヘッドを絞め込んで消灯→緩めてメインLED点灯→ヘッドを外してランタンとなります。
画像
ツェナーダイオードはやはりRUUさんから頂いたUDZTE17 12Bって12V 200mAのタイプで、これをヘッド側LEDとボディ側LEDを切り替えるスイッチ代わりに使ってみたと言うわけです。
本来であればツェナーダイオードは仮に等しい電圧のものであっても大抵どちらかに集中して流れてしまうのでけして並列に使ってはならないってのを逆に考えたんですが・・たぶん本当はもっとスマートなやり方もあるんだろうなあ。


それと、ちょい誤算もありまして・・・これ14500 x2じゃないと点灯しないのよね。。
それ以下の電源だと一瞬だけチラっと光っておしまい。
まあちっこい部品組むだけで精一杯だったってのもありますが、たぶんこれツェナー電圧にLED自体のVfも加算されちゃってるよーな気が・・・。
確かにLEDも順方向の振る舞いは2Vくらいのゆるーい曲線描くツェナーと言えなくもないのか。

それが4つあるってえと・・・これってばフルに電気流れるのは20Vくらいからって事だったりして?



ま、まあいいや。私は最後にアレさえ出来ればもう思い残す事は無いのだ。(投げた)
 
画像
てなワケでお別れはミニマグ恒例の・・・ホ〜タ〜ルのぉヒ〜カ〜ァリぃ〜♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど!!キャンドルモードの写真だけ見た時にはいったいどうやったんだろう?と首をひねったのですが…うまいこと考えましたね(^^

ZDとLEDを直列にすると合成両端電圧はVf*n+Vzになるので、もうちょっと低めのツェナーで良かったかもしれませんね。電流が流れすぎないように8Vくらいにするか、5Vくらいのツェナー+CRDというのでもOKでしょう(^ー°)
RUU
2010/07/08 00:25
RUUさん>
おはようございます。荒くれまくりな組み方でお恥ずかしいですが、おかげ様で何とかカタチには出来ました。
ああっ電圧はやっぱりそうだったんですね。
それと次やる時はNS9W153MTのように内部3直か6直の日亜の183Rシリーズとかでもっと明るく光らせられたら良いなあと思います。
この度は本当に多大なるご支援ご指導ありがとうございました〜。
monozof
2010/07/08 08:33
おお〜っ

アチキにゃあなにがどーなってんだかサッパリだったりですが、ナイスアイデーアっ!

すばらしい(^^)b
川端
2010/07/08 12:33
川端様>
まあかなーり他力のおかげと言うか、まずオープン時の保護の話が出なかったら思いつかなかったでしょうし、その他諸々も頂いたコメやらモノやらに基づいていますので全ての方に感謝せねばなりません。

とは言え・・Ver.2ってしたけど勢いだけで作ってしまったのでえれー雑だし、出力もさすがにこのままじゃバランス悪いったらありゃしない。
Ver.3ではこれらをもっとスマートに実用的かつ効率良く構築出来ればなあと思うのですが・・・お次は再びモジュール7の予定。
monozof
2010/07/08 20:11
おー!
私にも回路のこととかサッパリわかりませんが、とりあえず目的達成おめでとうございます(*´∀`)
これってガンダムに例えると
「普通のガンダムがZガンダムになって変形機能を搭載した」
みたいな感じでしょうか?
cinq
2010/07/08 21:13
cinqさん>
ガンダム的には・・とりあえずジオングに足を付けてみたけど、しょせん飾りだったぜ!的な状態?

この次はボディ側ももっと明るくしたいところですが、その場合はヘッド側も並列にした方が選択肢が増えて良さそうですね。
monozof
2010/07/08 23:10
お〜、凄いハイブリッド回路!?
modなら、14500専用も、おkだと
思うのですが・・・ってウチにも
そういうのいっぱい(笑)。

てか・・・ガラエポの接点部は
何故ATフィールド模様にしなかった
のか、と(笑)
リオ
2010/07/09 12:35
リオさん>ええツェナー直LEDの組み合わせをもっと調べれば良かったんですが・・急ぎすぎました。。
せっかくヘッド側はアルカリ2本から14500×2本まで対応するBadboyを選らんだのにボディ側の為に専用になったのでは意味ないですもんね。

ガラエポ基盤・・あ、内側塗りつぶして外周リングだけ残せば覚醒モードとか?

それはそれとして、今度シュアE2LのAA版が出ますが、あれのヘッドってKX2系とはまた別型番なのかしらん?それとも3VだからKX1Cとかになるのかな?
monozof
2010/07/09 13:48
おお!
進化している(^^♪
ナイスアイディア

転んでもただでは起きないタイプですね(^^)
wing
2010/07/09 19:18
wingさん>
まさに結果オーライ・・は、いつも通りですがヒントはほとんどコメから頂いてますのでこれからもよろしくお願いしまーす。(やっぱ他力

今度はここまでのムチャな実験を元により実用になるよう再構築したいと思います。
monozof
2010/07/09 21:14
すげ〜!
ランタンモードが実現してる(゚д゚)
細かいことは理解できてないのですが、凄いのは判ります(^^ゞ

え〜と、もしかして世界初ですか?
nob
2010/07/12 00:54
nobさん>
おはようございます。
一応”不可能では無い”って事だけは確認出来たのですが、この方式はかなり無理矢理なのでとりあえずは面白実験ってレベルでしょうか。
実はテスト中のRev.3では並列化と合わせボディ側LEDも実用的な明るさにすべくツェナーの定格内で電流を増やしてみたんですが、それでもやっぱ発熱量がとんでもなくて普通の構成だと焼き切れそうな勢いでした。
ですので将来的にもしもメーカーが作るとしたら、ちゃんとした回路か物理的に切り替える方式が望まれる・・と言う事まではわかりました。
monozof
2010/07/12 08:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
MINI MAGLITE 2AA Triclops Rev.2 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる