monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS XP-G R4 5B:P60互換LEDモジュール

<<   作成日時 : 2010/06/02 22:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

各国ではちゃくちゃくとXP-G搭載triclopsの開発建造が進む中・・流れをぶった切って単眼で申し訳ないのですが、これもcinqさん主催の共同購入により入手したXP-G R4 5Bになります。
画像
今回はそれをD26モジュールに組み込んでみるテスト。

えー何の変哲も無いようで何となく変てこに感じられるかも知れませんが、説明は後ほどとして・・。

その前に最初にkaiから取り寄せたR5 WCと、三つ目用にすでに専用基盤にリフロー済みのR3 3Aも交えて光色比較をしておきたいと思います。
画像
WCはANSI規格だと1A相当と考えても良さそうですか?

それと単眼、三つ目ごちゃ混ぜではありますが350mA時のVfや効率も測定しておきました。
画像
R4 5Bは以前ならWarmWhiteと言って良い光色なのに旧CoolWhite相当のR5 WC(あるいは実質R4)と遜色ない照度を叩き出しているのが印象的です。
*7/13 SSC P7 Cの係数を間違えていたのを修正)


では話をD26LEDモジュールに戻して・・テスト用機体はいつものようにシュアのC2センチュリオンをチョイス。
画像
あ、これも後で説明しますがオレンジのOリングはリフの締め込み量調節用になっています。


ここでまた少し時間を遡って組み込んだ具の紹介。
画像
回路はもうかなり以前にDXから取り寄せたので仕様すら分からなくなっている・・たぶん降圧コン。
出力は17670で約740mA、CR123A(RCR123)×2だと約1Aとなっています。
それにUltraFire502Dから抜いた小径アルミ基盤付きCREE XR-E・・・だったモノ。

ええ、見ての通りこれXR-Eのダイから上を取っ払ってXP-Gのベッドにしています。
画像
本来このマウント法は以前リオさんから頂いたセラモス用に考えたもので、超小型LEDの超狭いパッド部をいかに楽して(そればっか)リフローするか?と同時にXR-Eのセラミックベース(Substrate)が持つ圧倒的な熱拡散能力により熱伝導経路の拡大を・・って漢字多いな。
ぶっちゃけて言うと「楽ちん冷え々マウント」とかそんな感じ?

ただし通常の細かい作業はしなくて良い代わりに油断するとベース側のリフローが溶け出してしまったりと若干の慣れを必要とします。
が、それだけこのXR-Eのベースは本当に熱が良く回るって事でもあります。

もっとも・・普通はこんな面倒な事しないでも、ちゃんとボディまでの熱の経路が確保出来るならXP-G専用アルミ基盤に載せるだけで充分だと思います。

じゃあ、何故やったか?それは・・・

1個しか無い専用基盤を本やらガラクタの山の谷間に落っことしてしまったからさぁ!

早い話・・紛失しました。
当分は見つからないだろうなあ・・・。
なんたって私の部屋は富士の樹海並だもの。。
たぶん見つかるのは次に何か大事なモノをその辺りで紛失した時とかのはず。


てな具合に今回も裏ではどったんばったんがあって最初の画像のようになりました。

それではもう一度見て頂けますでしょうか?
XP-Gの周りの白いのはグローパウダー入りのエポキシが盛ってあるわけですが、これは蓄光の為よりもリフ底面との位置調整の為だったりします。

もちろんリフ裏がXR-Eベースの圧電端子やアルミ基盤の配線に接触してショートするのを防ぐ意味もありますが、こうしてXP-Gの発光面をほんの少しリフ底面より下げレンズ部だけ出るくらいの位置にすると程良い配光になるってのが主な目的となっています。
オレンジのOリングはそれの外部補助用って感じで、更にリフ底から浮かせればスポットを強くする事も出来ますがベストはたぶんこの辺。

まあとりあえず実際の配光パターンを見てもらった方が早いですね。
比較にはオリジナルのシュアのP60キセノンバルブを久しぶりに点灯させてみました。
画像
ああ、やっぱりフィラの光って良いなあ。
完全な新品電池では無いけど充分電圧のあるCR123A×2なのでこれでもたぶん100ルーメン近くは出ているはず。
で、一方のXP-Gバルブは以前とは係数が違っているので単純比較は出来ませんが現在の係数だと217.5トーチルーメン、P60も現在の係数だと初期値は約118トーチルーメンですので全光束については大体倍って認識で良いでしょう。


それよりも問題は配光ですね。
例えば同じフィラでも飛びについては焦点調節の効くストリームライトTL-2に分がありますが、使いやすさと言う点ではシュアP60は誰が何処で何時使ってもそれなりに見やすいと感じられるパターンで良く考えられているなあと思います。

そこで今回の目標は「完全なるP60互換のLEDバルブ」としました。
いやまあ既に本家にP60Lもあるし、暖色で似たような互換モジュールもあるし、サイズについては例によってヘッドは閉まり切らないんですが、それでもなるべく本物のP60の光学的情報そのままでLED化出来たらなあ・・って感じ。
画像
露出はImageJのグラフで比較しやすいようF5.6に絞ってあります。
おかげで最近デジカメのレンズ内に入ったゴミが目立つったらありゃしない。。
ええ黒くポツポツってあるのは壁のシミでも無いし、彷徨える魂とかでも無いのでご安心ください。

な事はともかく、P60と山の形状は同じで面積だけ2倍になっていれば成功なんですが、どうでしょう?
まあ実際には画像に入りきらない範囲もあるし、ヒトはそれらも意識下では視ていなくても常に見ているのでこの狭い範囲のパターン比較だけでは単純には比較できないのですが、実際に屋外で使用してみた限りではそう悪くは無さそうでした。
もっとも、これだけ照度が出ていると明るさ感で余計にそう感じてしまうってのもあるかも。
グラフではいずれも頂点の尖った形状になっていますが肉眼だとこれでもかなりフラットな広いパターンとして見えるんですよね。
それが全光束で倍になったXP-GではP60よりも良く見える範囲が広くなったと言う感じ。


で最後に、結果的に搭載される事になった蓄光でお別れを。
あ・・この真っ青なのはPure Blueでした。前記事のも訂正しておきますね。
画像
うん、やはり蓄光には特に思い入れは無いけれど・・この青色は妙に印象に残ってクセになるな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いい感じに集光してますね。LEDなので周辺光が多くなるのは仕方がないですが、グラフの形状はよく似てると思います。

>5B
最初は「黄色いなぁ」と思ってましたがもう慣れちゃって、自然な白に見えてます(^^ゞ

落として探すより、セラミックベース改造する方が楽なんですね。ウチも散らかってるんですが負けかな(^_^)
nob
2010/06/03 23:32
5B…なんか良さそうな色合いですね。

うちの場合も机の周りは小型のブラックホールが口を開けてるので一度モノを落とすとまず見つかりませんw

もうすぐ5号機も実戦配備されそうです。
cinq
2010/06/04 00:15
始めまして。

5B良さそうですね。
今度3種類の色で三目もと考えました。

自分も作業場所付近に異次元空間の扉が・・・
昨日も物が無くなったばかりです。
Higu
2010/06/04 01:20
nobさん>
単発用基盤はエルパラさんや中華ショップで取れるから良いやって考えていたのですが・・頼むの忘れてましたさ。。

まあいずれにしろ何か無くすって事だけは想定済みでしたので結果オーライ!・・なのか?

cinqさん>
ぬこ様の神隠しですね。わかります。
あ・・でもcinqさんとこは結果としてお宝が増殖するから良いなあ。

な・・ベタニアベース?

Higuさん>
いらっしゃいませ〜。
色違いは私は出来ませんでしたが個別制御で混合率を変えられたりしたら面白いですね。

しかし紛失物って何で出て来る時は「え?ここ探したぞ」ってとこで見つかるのかしらん?
monozof
2010/06/04 08:45
ほほぉ5Bですか。写真で見る限り電球色寄りみたいに感じますね。
少々yVfが高い様子ですけど、この色合いにしては随分明るいのでは。
久々に暖色LEDを弄りたくなりました(^^
RUU
2010/06/05 12:03
予想していた以上に明るくそして良い色合いでした。
欲を言えばもうちょい赤み成分が増えればより完璧かも。
ただ蛍光体励起の青み成分は最後まで残るのでそれをフィルターでカットするかどうかでまた見え方は変わって来るかも。
また波長の関係で刺激が少ない分明るさ感はクールホワイトより劣ります。
それでもこぉ・・やっぱり心強いと言うか安心する光色なのよね。
monozof
2010/06/05 20:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
XP-G R4 5B:P60互換LEDモジュール monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる