monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 解体覚書:ホムセン・ソーラーライトSKD-701W

<<   作成日時 : 2010/05/12 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

さてタイトルからも分かる通りこれは2008年の6月26日27日の記事の2010年度版となります。
あの時はどーせ換装するからと黄色バージョンを買って来たように記憶していますが・・・。
画像
今回は白色をチョイス!・・って、ありゃ?コレこのままでも結構明るいぞ。

パッケージにもこんな風に「明るくねーからコレ」みたいに書いてあったのでそれほど期待していなかったのですが、充電済みのニッケル水素に換えてあるとは言え明るい部屋で点灯してこれなら夜の庭には十分な光量じゃなかろうか。
画像
でもまあ他の光色のモデルもあるし、あるいは記載にあるように季節や天候により充電状態は変わりますのでその分を考慮に入れての表記なのでしょう。


いやあパッケージの日亜マークは伊達じゃなかったのね。
画像
500CSあたりなのかな?とも思ったのですが、手持ちの固体と比べるとアノード側の段付き具合が微妙に違うようでもある・・けど、明るいからまあ良いか。


クリスタルちっくなプラのセードを外して点灯させるとこんな具合。
画像

これサチらずLEDの形が分かるよう露出絞って撮影しているので暗いように見えますが、上には40Wの蛍光灯+27Wのデスクライトが煌々と点灯している部屋です。


あ、でも回路とかは2008年の黄色バージョンと全く同じなのね。
画像
白色とでは結構Vf違うと思いますので定電圧じゃなく定電流になってるのかな?


では早速この基盤を外してLEDの交換作業に移りたい思います。
これはネジ2つ外すだけ、と前に一度バラしているのでサクサク進めま・・・・・。
画像
ポロリとな?


・・
・・・
おんやぁ?

ああっ!これってば2008年度のと違って太陽電池に繋がる部分がホットボンドで封止されてなーい!

(はっはっは、やっちまったなあ)



じゃなーい!
皆さんも気をつけてね。。




これはまあ後でなんとかするとして、とりあえず元のLEDを外しました。
画像
ほう、ホローポイントか・・・じゃなくて、これってば砲弾の頭をすり鉢状にカットしたタイプだったのね。
こぉ光が側面とトップから円形に広がるタイプで指向特性としてはバットウィングと言うよりアゲハに近い感じでしょうか?


それよりも問題は代わりに何を突っ込むか?ですね。
たぶんもう想像は付いちゃってると思いますが・・・長くなったんで続きは次回に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
もしかして替りに入れるのはチップが32個あるとかいう例のアレですか?アレなんですね!

てか、このガーデンライト、うちのベランダに一個欲しいな〜(*´∀`)
cinq
2010/05/12 22:06
こんばんわ。2年ぶりのガーデンライトですね。みんなの予想を裏切って10mmの砲弾・・・はないか。
私は、この(URL参)センサーライトをどう弄るか思案中。
0909
URL
2010/05/12 23:17
cinqさん>
ちょ違・・いや、でももっと大きな太陽電池を複数搭載して発電量を増やせればあるいは?

「はやぶさ」くらいのサイズならいける・・かも。

0909さん>
10mm砲弾もまた別に弄ってますが、いまいち良い球が無いのが惜しいところ。

おお!センサーライトって屋内用のじゃなくて1wの屋外用セキュリティライトでしたか。電池式もあったのか。
そうですね、こぉ迎撃用にストロボ搭載してみる(で怒られる
monozof
2010/05/13 08:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
解体覚書:ホムセン・ソーラーライトSKD-701W monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる