monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 光学神器:wing式雷神用リフ

<<   作成日時 : 2010/05/29 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

うう〜ん・・・もしも、もう一枚買ったら・・・マリの絶対領域か、ひょっとしたらアスカの足の裏が当たるかも?


と私の到底実現不可能な妄想とか性癖は置いといて・・・



私は常日頃たとえどれほど高度な技能で製造されたモノであっても、同じ地球上の人類によって考えられ作られたモノであるならばそれを模倣する事はけして不可能な事では無い。ただすごく大変なだけだ。

などと大言吐いておりましたが、これらwingさんから届いたnobさん仕上げの雷神用リフ・・・。
画像
すみません、さすがにこりゃ無理だよね。
おそらくこれへたな工業製品よりも高精度で、電気メッキよりも平滑だと思いますもん。

んんメーカーレベルよりも個人技能のレベルには限界が無いと言う好例かも。

そう言えばかつて国産ロケット開発の板金技術者は指先で機械測定不可能な誤差を読み取るとか聞いたけれど・・これはその辺に近い変態的技術レベルかも。

もちろん誰が作ったかを抜きに見たとしても、観察し考察するほどにこれはすでに完成されている光学系と思われますので、私に出来る事はそれらのデータを記録する事くらいでしょうか。


と言うわけで・・・まずは見かけ上、すなわち外観から観察して行こうと思います。
お話では7mmと6mmのタイプとの事でしたが、高さを比べやすいよう画像ではケースを引っくり返してあります。
画像
リフ外径は実測10.8mmでしたので有効開放径を約10mmと考えて・・雷神のドーム部が入る穴は約5mm・・と比較的細く深いリフ形状なわけですが・・なるほど雷神の指向特性は仕様では80度となっていますが、実際の運用では80度〜100度の範囲が有効角と考えても良さそうですか。


次に実際に各リフと雷神を組み合わせた近接パターンから見ていこうと思いますが、雷神球自体は間に合わせのダイレクトドライブなのであまり明るく無い点はご容赦ください。

まずはこの中でもっとも集光する7mmのスムースリフタイプ。
距離はとりあえずパターンを見るためですので30cmくらいで撮影。
画像
画像
近距離なので画像ではスポット部がかなり白飛びしちゃってますが、ホットスポット自体ある程度のサイズがありまた周辺との段差もソフトなので近距離でもけして使いにくくはありません。

次に6mmのスムースリフタイプですが、この距離だと7mmとそう変わらないようにも見えるかも・・と言うか手持ちなので撮影位置がズレてるっぽい。。
画像
画像
感覚的には7mmより気持ちマイルドのような気もしますが・・まあ撮影距離も固定しているわけでは無いので、なんとなく程度で。

最後に・・これは未研磨の素材と言う事でしたが・・見ての通り実に緻密かつ均一にヘアラインが入っており既に素材ってレベルじゃねーぞ!って感じでしたので、これはこれでテクスチャードリフとして記録してみました。
画像
画像
うん、これでもちゃんとホットスポットがあり周辺光へ柔らかに拡散していて近接で使いやすそうなパターン。


もっとも私の主観なんぞよりこっちの方がよりその光学的特性を確認しやすい事でしょう。
画像
はい、拙作テキトー雷八球も交えてImageJによるグラフで並べてみました。
と言うか予想してた以上に見事にスポットの強い順に並びました。


参考までにリフ径の近いFenix L0D CE(初期タイプ)のパターンも撮ってみました。
画像
スポットは少し小さめだけど・・・肉眼だとこれ距離によっては周辺に輪っか出てたりとあまり綺麗なパターンでは無かったりします。


最後に私自身にはこだわりとかは無いのですが、最近妙に気に入ってるあまり明るくないけどクールな感じのUltraBluePureBlueの蓄光入れてみましたけど・・どう?
画像
しかしまあ世の中にはとんでもねーヒト達がいるもんですねえ。

何はともあれこ実に貴重かつ興味深いサンプルを拝見させて頂けて大満足です。
wingさん、nobさん、そして川端さんには改めて御礼申し上げねばなりません。
この度は本当にありがとうございました。


よし、これは実に良い刺激になったどー!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもですm(_ _)m

え〜と、ね、
見た目ただの100均ライトなのに最新のLEDをコンバータで駆動して、更に高精度加工されたT7075アルミリフをUltra研磨したのを装備してるなんて、とっても萌えませんか?そんな気持ちです(*^^*)
nob
2010/05/29 23:13
ほぉお〜
ちゃんとデータ化すると6mmと7mmの差が明確に分かるのですね
素晴らしい(^^♪

ちなみに、この雷神用リフ-プロトタイプの所有権は現在monozofさんにあります。返却不要です・・念のため。
wing
2010/05/29 23:48
ああ、高さだったんだ。口径だとばかり(^^;
7mmになると、思ったより照度出てるんですね。参考になります。

ともあれ、入手おめでとうございますm(_ _)m


ああ、そうそう。

このリフの件は完全にwing氏の自由意志です。アタシは無関係でっせ\(^^)
川端
2010/05/30 10:21
wingさん>
ええっ!なんとT7075だったですかこれ?
あ、でも私の場合はむしろこのリフさえあれば、どんな安価なライトでも美麗パターンの素敵ライトに変身しちゃうって魔法に萌えぇかも。

タイトルは新番組「恋のまじかるリフ(仮)」とかそんな感じ?

wingさん>
ふむ、これは良いモノだ・・いや、本当にありがとうございました。
グラフ形状は私も主観だとなんとなくだったんですけど、ちゃんと差異が確認出来てびっくりしました。

え?じゃあ・・好きにしちゃって良いかしらん?
・・の前に、やっぱりリオさん経由で東方巡回とかさせた方が良いのかな?

川端さん>
反射面は曲面では無いので発光面に対するそれぞれの反射角は変わらないわけですが、それでも周辺への漏れは減少し反射光全体の増加により中心の照度が上がっている・・とか、そんな感じでしょうか?
(自分で書いててわからなくなった)

いずれにしろこれは本当に良く考えられているなあと関心しました。いや、もうちょっと色々検証してみますね。
monozof
2010/05/30 14:35
こいつのkit、ほぼ仲間内を
網羅してると思いますよ。
ええ、もう完全な「罠」w
wingさんの作戦は、もうほとんど
ボンバーマン状態かとw

nobさんの磨き・・・へんた・・・
リオ
2010/05/30 19:13
あ、訂正です
× T7075
○ A7075(Tはいくつだったか忘れました)
AとT間違えちゃった(^^ゞ
nob
2010/05/30 20:15
リオさん>
なんと既に囲まれていた?
ならば・・と、せっかくなので久々にサイキットさんでポチっと。
そう言えばサークル基盤の方は買うの初めてだったけど、出力調整とかはSXやWX(旧2P)と同じなのかな?

nobさん>
あ、そう言えば。熱処理はT6くらい?
いずれにしろ硬度はかなり高そうですね。
monozof
2010/05/30 20:50
素材についてはwingさんにm(_ _)m

磨いてる分には7075でも柔らかい・・・(^^ゞ
仕上げは弱い研磨剤で研磨力を落として磨きスジを消してます(*^^*)

コノ程度じゃ変態じゃね〜しヽ(*`Д´)ノ
ま、Ringミゾはナニですが(*^^*)
nob
2010/05/30 21:58
今日試しにリフ底だけ軽く磨いてみました・・が、うんやっぱ私には無理ぽ。。
こぉ磨きスジを消すのに付いた磨きスジを・・の無限ループになりそうなのであきらめました。

ヘンタイ!・・うん我々の業界ではご褒b(ry
monozof
2010/05/31 20:36
お、こちらにもリフという名の深い闇が・・・w
第10の使途に喰われた綾波のように深い深ーい闇に飲み込まれていくmonozofさんの姿が思い浮かびました(違
で、相変わらずnobさんの磨きはタイヘンなヘンタ(ry
cinq
2010/06/02 18:30
やっぱり何事もテキトーがデフォな私には磨きは向いてないっぽいですね。
とは言え何かしら得意な分野があるってのは羨ましいなぁ。
私でヘンタイと言われるくらいにスペシャリストな事かぁ・・・。

えーと、おにゃのこに罵・・(それ只の変態
monozof
2010/06/02 19:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
光学神器:wing式雷神用リフ monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる