monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造覚書:ミニ四駆でライトON

<<   作成日時 : 2010/04/15 21:13   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

もうニコ動見た方が早ええやって気もしますが・・・一応こっちが本家なので今回の改造レポでも。

画像
しかし、ほにゃらら・・って投げ槍過ぎたな。
そうですねえ、とりあえずナイトライジン Jr.とでも。

ミニ四駆的には前回のお買い物レポで書いた通りマシン一台分のお小遣い予算内で、ライトダッシュモーターPRO+付属(4:1)ハイスピードギアのフルパワー走行にも耐えられるようにローラー配置しています。

が・・ローラーステー買う予算までは無かったので削り取った電池BOXサイドのABSを張り合わせて自作ステーで間に合わせました。

溶融&結合にはアクリルサンデー使ったけどタミヤ規定的にはセ・・フトくらい?

なおグレーの付属プラローラーだと大体最高速度で22km/h位、平均速度で15km/h辺りからレーンチェンジかその後のコーナーで耐えられなくなりすっ飛ぶようでした。
そこでローラー縁を平坦に削る事で壁面への食いつきを増やすと同時に強度的にヘニャっと腰砕けになるのを抑制。
更にステーを少し斜め前方に配置する事で回頭・・・と言うより1stローラーによるベクトルの移流時に発生する応力をテコの原理で低減し素材の特性による不足分を補う。
前側ひとつの低摩擦17mmプラローラー(紫色の)はそうした初期動作後の補正とその後の滑走輪として増設。
リア側は・・幅が狭いのでレーンチェンジの切り替えし以外はあまりアクティブには働かず高速コーナー出口での滑走輪+スタビ代わりと言ったところでしょうか。
なのでアラメント自体はややフロント寄りとなるのですが、素材がやわらかなので何気にヘタッた分を相互で補完し合ってくれている様子。

この設定でのJCJCラップタイムは大体4秒半くらい、新品アルカリの初期電圧頼みでも3秒台へは無理そうでした。

と・・・ここでミニ四駆話書いても多くの方には意味不明かと思いますが、私のやっている事は大半が独自理論なのでミニ四駆界の人から見ても何じゃそりゃ?かも知れません。



あ・・・そうそう、JCJCってのはジャパンカップジュニアサーキットの略でけして女子中g(ry




では次に今回の目玉とも言える超小型ビデオカメラ。
いわゆるスパイカメラってやつですが・・・今やこんなのが2,980円で買えちゃうなんて凄い時代ですね。
私は盗撮系にはまるで食指が動かない属性だから良いですが、こりゃあ絶対悪用する奴もいるだろうなあ。
逆に事故や窃盗や恐喝などの犯罪の証拠映像を記録して役立てる事も出来るし・・と、ヒトの造りしモノは常に正と負を合わせ持つ。
まあ要はどんなモノでも使い手の意思、ココロ次第って事でしょうね。


さて、今回これをポチったのは楽天市場のオリジナル雑貨店「中西公房」さん。
いわゆる怪しい中華雑貨満載なショップでサンプル動画が他の機種も使いまわしだったりなのはともかく、ヘタなデジカメ付属のムービーより画質は良いわ発送早いわで嬉しい誤算でした。
画像
これは車のキーレスエントリー風の造形なのですがキーチェーン部分外したらMicroSDカード込みでも20g無いんですね。

それと一応メディアへの書き込み速度や実際の運用の事も考えて一番解像度の低い720x480/30fpsのにしたのですが、コマ落ちしない事以上にかなりの低照度でもノイズは少なく発色を維持してくれていた事にも驚かされました。

ただし中華雑貨なので当たり外れはあるだろうしUSB給電時も結構発熱してたり、強制挿入されるタイムラインは自分でメディアのルートディレクトリに.txtで設定ファイル書く必要があったり、とある程度ソレ系のモノの扱いに慣れている人の方が良さそうですね。

そう、もし壊れたって「何とかならあ」、あるいは「その前にたぶん俺が壊す」と言うMADな人にはぴったりかも。

で、良く見ると根元部分に小さなネジが二つ。
ほほう・・・これはもう開けてくれ!って事ですよね?
画像
これまた意外なくらいまともじゃーん。
元々が何のユニットかは知りませんが中華なLEDライト以上のコストパフォーマンスだなこりゃ。


カメラ部はこんな感じでCMOSモジュールにレンズ部ネジ込みとなっていました。
最短は30cmくらいの感じだったけど、この位置で無限遠なのかな?
画像
うん、これなら車体に完全組み込みも出来そうだし、その気になればライトにだって組み込めない事もなさそうだけど・・・このカメラにはもう少し活躍してもらいたいのでバラすのはここまでとします。


で、LEDの方はニコ動の方でもサラっと説明しているので。

こちらではおさらい程度って感じで。

まずラジエターグリルに端材で500GSの頭を突っ込むところを作ります。
画像
これはちょうど4.8mm径のドリル刃があったので、テキトーに穴開けて内側から固定。

次に500GSの端子を縦向きに突っ込みます。
画像
これは光軸が2本とも正面で揃うよう固定する際の目安となります。

今度はまた別の端材で押さえを作って固定します。
こちらは足だけくぐれば良いので3mm径の穴を開けて接着・・・あ・・蓄光忘れてーたー。。
画像
最後に回路をサイキットさんのLED Booster SXからWXに換えて完成。

それとリオさんとかサイキットの回路で改造された事がある方は分かると思いますが、電流調節用抵抗をジャンパさせれば150mA以上取り出す事も出来ます。
が、ミニ四駆としての性能も譲りたくはないのでLED用には100mA以下の電流に抑える事としました。

ちなみにミニ四駆のモーターの方は1Aから2Aらしいのですが・・・実は正しい測り方がわかりません。。
これって負荷次第で変動する値みたいなのですが、適正負荷ってのをどうやって得たら良いのやらさっぱり。

まあそっちの検証は電気界かラジコン界の方にお任せしよう(丸っと


これで動画にあるように四灯ヘッドライトが完成。
画像
雷神のロービームと500GSのハイビーム、あるいはドライビングランプと言う構成ですね。
あ、でもいっそ5mmはアンバーにして動画コメにあったように本当にフォグランプにしちゃうのも面白いかも。
ええ単波長の光は高速移動体では非常に有効そうですもんね。


でもって一応ヘッデンとか0.5Wクラスの設定で照射パターンも撮ってみました。
画像
が・・・ホント誰得だよ!


何はともあれミニ四駆でライトONはこれで完結。
すでに次のマシンにも着手はしていますが・・・どうなる事やら。


それはそれとしてようやく春らしくなって来た今日この頃。
季節の変わり目のせいかどうもこの頃また・・・。
画像
・・・かゆい・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
某所にもカキコしましたが・・・
いかん・・・どんどん面白そう
に見えてくる・・・これは沼へ
の両面作戦!? gkbr

いやだめだだめだ、そんなに
あちこちにベクトル向けるほど
お小遣いに余裕はないっっ(血涙)

そうか、狼目3灯とか送りつけて
閣下をこっちへ再び・・・
リオ
2010/04/16 07:28
おはようございます。
なあに、予算縛りすれば大丈夫ですよ。
それでもやるべき事、出来る事はたくさんあります。

が・・問題はその縛りが解けた時、反動がものすごいって事くらいでしょうか。

あれれ?支出が一気に十倍以上に膨らんだぞ?
次期マシンは無駄にブルジョアな予感。
monozof
2010/04/16 08:26
とうさん、すごいや!
うちの猫も食い入るように画面に集中してましたw
光が動く様を追いかけるのが物凄く楽しいようです。
次のマシンにも期待してまーす(*´∀`)
cinq
2010/04/16 20:58
猫って光モノ動くモノ好きですよねー。
そうか!ぬこ様用動画とかそんなカテもありかも。

今度は予算自由になったけど制限の無い恐怖を体感中。
まだどのパーツがどこでどんな効果か分からないし。
いーや、全部買っちゃえ・・って、財布がデンジャー!
monozof
2010/04/16 23:06
ホンキでやれば面白いの典型みたいな記事でしたね(^^)

monozofさん発想が本当に面白いと思うので、またなにか新たな試みがありますように(_ 人 _)
川端
2010/04/20 08:47
ご視聴ありがとうございました!
まあ実際にやってる事は他愛も無く技術的にも稚拙だけれど・・出来るだけライト界、ミニ四駆界のどちらかも分かりやすく、面白いと感じてもらえたら良いなあ〜ってのを念頭に置いて製作していました。

が・・途中からなんかもぉフリーダムに自分がニコ動でやりたかった事やらかしてたよーな。

で、次回はもう少し広い層にもアピール出来たら良いなあ。

と、思いつつ・・たぶんまたカオスな予感。
monozof
2010/04/20 20:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改造覚書:ミニ四駆でライトON monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる