monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS CREE XP-G:既存光学系との相性

<<   作成日時 : 2009/11/15 20:09   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

メーカーのデータシートに記載された値と言うモノは、ある特定の規定に則り特定の条件の元で計測され記録される。

それらの規定や条件を私は詳細には知らないが、それらはこれまた規定のサンプリング数とは言えいずれも定点観測である事は確かであり、それが大前提にある数値である事を理解しておく必要がある。

願わくば少なくとも線形か出来れば円形の観測点が欲しい。

もちろんの私の考える理想は螺旋状の観測点であり、これもまたそうした観測点のひとつに過ぎない。





と言うわけで今回も少しまじめに進めてますが、もちろん前回に引き続きXP-Gの検証になります。

まずはサラっと手持ちの光学系をあてがって大体の感じを探ってみました。
使用した光学系はとりあえず以下の6種。

・S.T.F リフ(XR-E)
・UltraFire C8-A1 リフ(XR-E)
・UltraFire C2 OPリフ(XR-E)
・GENTOS SF-301 リフ(Luxeon)
・Economico コリメーター(Luxeon)
・NX-05 コリメーター(Luxeon)

一応XR-E系3種とLuxeon系3種として分けていますが、ある程度はパターンが異なりこそすれフィッティングも可能
なものもあります。
またこれは測定台に載せたXP-Gにポンと被せて天井を照射したのを撮影しただけのもので、ちゃんと中心や高さを合わせていない事も前提条件としてご覧ください。
尚この画像は周辺光の感じを肉眼に近づけるためガンマ補正をかけてあります。
画像

これ以外では概ねXP-Eの傾向に似てXR-E系のリフは良いけどコリはあまり相性が良くないようでした。






さて、ここで少しまた時間を遡ってみましょう。



と言っても本の少し前、このブログに訪れた瞬間からです。



そうですね、まあまずトップに最近の記事一覧が並んでいて・・「ああ、ようやっと更新しやがったか」と一番上のこの記事を見つけた事でしょう。

で、このページを開くとまたワケ分らん繰言が書かれているようだけど面白くも無いのですっ飛ばす。

少し視線を下げるとXP-Gの文字が目に入り、光学系とかライトらしき名称が並んでいる辺りから興味ある単語や数値に目を走らせる事でしょう。

が、すぐに下に画像が見えているので心内では予想とかしながら少し斜め読みと言う感じでしょうか。

そうしてようやっと見る価値があるんだか無いんだかわかりませんが、お目当ての画像に到達しました。
ええ、ごめんなさいねえ。いきなり集合写真なんですよぉ。

それでも画像ってのは数値と同様に威力絶大なモノ。
ついつい各画像間で比べてみたりするのですが・・・

「んん〜ん、解り辛いなこりゃ」

そりゃあごもっとも、と私も思います。

しかし、それでも目は画像を視ている。
あるいは何かしら自分にとって価値のある事柄を求めて視線は細かな移動を繰り返す。

私ならやっぱりこぉまずスポット部に目が行きますか。
特に遠射系のそれは四角い黒っぽい矩形の中に白い部分が小さめに収束していてなんだかスポットが強烈そうだなあ・・とか感じます。

そう、その時私はこの部屋にあるパソコンのモニターに映し出されたブラウザにより開かれたページ内の画像の中でも右上の矩形の中の白い部分を視ているのだ!





やがて何かを曖昧に認識しつつその解も含め確認のため以降に説明を求めようとしたら・・・この文章と来たもんだ。






ところで・・・貴方はどのようにモノを視ていますか?





てなところで、とりあえず例題の壱はこんな感じかな。



すみません、再び普通の検証に戻ります。
と言っても先ほどの集合写真の補正なし画像を個々にImageJの3Dグラフと並べてあるだけです。
またあえて私からの感想は控えさせて頂くので自由にお好きなように視て先ほどの補正された画像の印象を思い出しつつグラフのパターンから実際に運用する際の配光とかをイメージして頂ければ幸いです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像









むう・・今回はちと固過ぎた気もするので最後は少しやわらかい、しかし私が最近感銘を受けた動画で終わりとします。




ロマン過ぎるぜ!


次回は実際にライトに組み込んでの検証に移る予定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ほほぉ、空飛ぶパンツとな・・・
これはちょっと欲しくなりましたw

XP-G、うちでも組み込んでみたいライトはあるんですが、実際リフとの相性はどうよ?なんて考えててなかなか実行に移せてないんですよね。
でも、そろそろアレに入れてみようかな、いやコッチに入れようかな、いや、やっぱりまずはコイツだろ・・・なんて悩むのも実は楽しかったりするわけで、でも早く手を動かせと囁くのよ、私のゴーストが。

なんて夢を猫様が見てましたにゃ
cinq
2009/11/15 21:59
宙を舞う色とりどりのおパンツを嬉々として追いかける大人たち、と言うオフ会を想像したら・・どう見ても変態の編隊で大変です。

が、これ本当はものすごくデリケートで高度な技術を必要とする分野なんだそうな。
製作記事読んだら動力のゴムはわざわざ海外から取り寄せたのだとか・・・って、それってジャンルは違うけど我々も同じ変態仲間って事?

XP-G・・4レーンで大きな発光面、考えてみたらこれって1ダイのプチMC-Eのような構成でもある。
どうもLuxeonでも3Wより5Wに近く思えてきましたが・・ぬこ様に期待。
monozof
2009/11/15 23:36
しょーじき、パンツには見えませんね(^^;

XP-Gは、イマイチよく判らないのでこちら様や今後の人柱様方の成果に期待(−−ゞ


>>モノを視ていますか?

私は経験から来る予測に頼る部分が大きいですね。

だから、錯覚とか錯視とか、そのまんま錯覚とか錯視として知識を得てからしか脳内自動補正に任せることが出来ない。

故に希望的。間違えると悲観的(^^)
川端
2009/11/16 12:59
そもそも飛び方がすでにパンツっぽくない(?)気はしますが、元になったアニメでは固定翼モードで音速超えます。しかし更に元の3Dモデルの羽ばたきは何の動物からキャプチャーしたのか・・無駄に気合入りまくりで笑いました。

ふむ、何事かと良く見みてみれば、そこはやはり見慣れた海に地元の漁船ばかり・・と言った感じでしょうか。

ぶっちゃけオッケティングー♪(ガコン!)
monozof
2009/11/16 20:35
連凧パンツを期待したんですが・・・
間違いなく通報されるでしょうしねぇ。

さておき。


目で見るんじゃない。感じるんだ!


視覚より想像が好きです(をい・・・)
リオ
2009/11/16 20:43
木綿じゃ重くて飛べないだろうけど、シルクなら・・・紙じゃ優雅さがナイね(*^_^*)

>集合写真
SF301のリフを少し浮かせて位置合わせすると、かなりキレイな照射になるような気がします(^ ^)
XR-E用のリフはリフ底の段付が邪魔かもしれませんが、どうでしょうか(^_^;)
コリはダイが大きすぎて合ってないように見えますが・・・MC-Eの二の舞にならないことを願います(-人-)
実機に搭載された状態での照射が楽しみです(^ ^)
nob
2009/11/16 22:34
リオさん>
考えてみたら市販の紙パン流用した方が楽だしリアルになるんでは?・・と思ったんですが、さすがにそれだともしもの時に言いわけ出来ねー罠。

うおっさすが、サラっと核心に触れて来ますね。
ええ目では見ているんですけど・・やっぱり想像に勝るモノはないのか。
あの・・お触りは?

nobさん>
XP-G搭載機、現在ランタイム計測中ですが・・予想以上に良い感じでついニヤけてしまいます。

こいつは待っていた・・いや予定より半年早くフラゲした甲斐があったかも。
monozof
2009/11/16 22:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CREE XP-G:既存光学系との相性 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる