monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 測定再開:CREE XP-G R5 WC

<<   作成日時 : 2009/11/10 20:53   >>

かわいい ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 8

考えてみたら測定なんてすごく久しぶりな気がしますが、今回はライト界で色々と噂のCREE XP-Gの測定と検証をしてみたいと思います。
本当はもう半年くらいは様子見のつもりでいたのですが・・・誰かヒトバシラー レポしてくんないかな?とじれじれ待つより自分でヒトバシラってみる事にしました。


これは試しにKaiから1個だけ取り寄せたR5 WCのXP-G(16mm基板付き)なんですが・・まあパっと見はXP-Eとそれほど変わりません。
画像
セラミックのベースやシリコンレンズ部はたぶん同じだと思いますが、レンズに映るダイの黄色がやたらデカく見えます。

更にルーペで拡大して・・って前の画像でもすでにかなり拡大されてますが、更によく観察するとXR-E、XP-Eに使用されているのとは異なるダイが使用されている事が判ります。
と言っても現在XP-Eはレンズカットした奴しか手持ちが無かったので画像は以前に撮影したやつから比較に良さそうなのを再利用しています。
画像
XR-EやXP-Eをバラした事がある方はご存知と思いますが、両者はフルスペック版とローコスト版のような関係でダイは共通のものが使用されていました。

これがXP-Gではレーン(勝手に命名)の数が3レーンから4レーンに増え、かつサイズも1.5倍くらいは大きくなっているようでした。


うーん・・・これはたぶん大事そうな事なので2回書いておこう。


そう、大きくなっているようでした。



まあ単純に数値的なモノはメーカーのデータシートさえ見れば猿でも判る事なのでそれはそれとして・・・。
いざ測定しようと思ったら積分(デススター)球の測定台にしていたGEORGIA(ゲオルギア)の接点端子がポロリしてましたとさ。。

そう言えばしばらく使ってなかったし、発見した時も本とかガラクタとかお菓子の箱とかの間に沈んでたもんなあ・・・。

最初はそのまま直そうと思ったんですが、残った根元を取ろうとしてたらベース基板をメキャっ・・・って割っちまっただよ。。。

プルプル・・・チクs略オパっ・・と、ここは閣下してもしょうが無い。


丁度良い機会なので転売ヤー時代から使ってたこいつもリニューアルする事にしました。
画像
ベースはシンクも兼ねて1mm厚のアルミ板を丸く切ってでっち上げました。
下処理に♯240のガラスビーズで軽くサンドブラスト、陽極酸化処理後は着色せずそのまま封孔。
いわゆる白アルマイトってえ奴ですが排熱と絶縁が目的なのでこれでOK。

LEDへの端子は前は銅線をテキトー曲げたものだったのですが、今回は真鍮板としポリカーボネイトのネジで固定しています。

測定缶・・もとい台の方も黄ばんだり謎なシミで汚くなっていたのでサーフェイサーの白(ホワイトベース)を吹き付けてなんとなく完成。

うむ、ゲオルギア2と名づけよう。(中身は変わらんけど)


さて、これで全光束が測れるようになったのですが・・たぶんもう前のデータとの比較は出来なくなった。
更にメインドライブふっ飛ばした時に最近の生データも失くしてるので、改めて各ランクのLEDのデータからキャリブレーションしなくてはならないのですが・・・あれ?あんまLEDが残ってない。
どうもいつの間にかXR-E、XP-EのR2あたりは全部使っちゃってたみたいです。

そんなわけでR2との直接比較は出来ませんが、とりあえず基準用にしていたXR-E P4と何故か1個だけ残ってたQ5を測ってみて、それを元に残っていたデータの係数を調整して比較する事にしました。

まずは本当に残っていたLEDがメモ通りのスペックなのか、あるいはKaiの記載は本当なのか光色から見ていきましょう。
画像
こうして壁際で点灯して見ると・・・・・うん、もうさっぱりわかりません!

そろそろ壁紙も張り替えろって事なのかも知れませんが、そっちは後でライトに入れてから確認してみたいと思います。


てな感じで久々にどったんばったんしつつ、かつてないほど怪し気な測定値を出しました。
そう先の画像でも判る通りXP-GはXR-Eよりもだいぶ指向特性が広角で拡散するのですが・・積分球内の方も測定台と同じように黄ばみ汚れが目立ち始めているわけで、これは横方向にも光が多く回るXP-Gの方が損失が大きくなりそうだな・・と思ったんですが、そのまま勢いで測っちゃいました。
画像
久々で測り方も安定しなかったし第一にサンプリング数が少なすぎるので参考になるかは謎ですが、大体こんな感じになりました。
(*11/18 CutterさんのR2を追加と型式訂正)

ええ、残ってたQ5はたぶんもっともダメだったからなのでしょうが余裕でその数値を凌駕しています。


350mA時で122.82ルーメン・・しかし、R5ランクの公称値は139〜148ルーメンとデータシートにある。
私のまだ調整も不十分でアテにならない測定ではR3か・・積分球内部の汚れが拡散系に不利と考えてオマケしてもR4止まりってとこでしょうか。
ふむ、この辺りは概ねこれまでに聞いた噂と一致する。



さて、ここで少し過去に遡ってみようと思います。
と言ってもほんの1年半ほど前なんですが・・・。

私はこのブログの2008年3月に「シムランクで未来を見てみた」と言う記事を書いていました。

これがその時の仮想ランクの表なんですが・・・ああ、この時はR5飛ばしてS2と予想してたのか。
画像
でもまあ全光束の方は大体合ってたようで何よりです。現行のR5はS2との間に収まる感じ。

それよりも下の表・・こちらはまたでっちあげなんですが、ルーメン/ワット=発光効率の予想になります。

測定ではVfの低さで121ルーメンワットと言う数値を記録しました。
これはシムランクではR4の中を超え上、先と同じくオマケをすれば本当にR5に相当する・・かも。


ま、とりあえずベンチはベンチとして次回はライトに仮組みしての検証を行ってみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ素晴らしい!
自分は弄るだけでちゃんとした測定ができる環境を持っていないので羨ましい限りです。で。このXP-G R5 WCとやら、私も1個持っているんですが点灯してみてもうまく比較できないのでさっぱりでしたが…350mAで120ルーメン越えとはなかなかに優秀なのですね。
これは新環境で他のLEDも含めての比較データをおねだりしたいっっ(^^;
ライト組み込みの成果も参考にさせて頂きますよ〜
すごい他力本願ですみません(笑)
RUU
2009/11/11 12:50
過去記事で確認してみたらlm/wはVfの低さで日亜NCSW136Tをも上回ってたんですね。

もっとも実際の運用ではそう差は出ないかも?と見ていますが・・とりあえずフツーな方法から試してみたいと思います。
monozof
URL
2009/11/11 20:39
さすがmonozofさん!
新しいLEDを入手しても
「おお!明るい」とか
「あまり明るく感じない」とか
なんとなく感覚で判断してる自分とは大違いです。

あと、ゲオルギア2 素敵ですw
cinq
2009/11/11 23:09
こぉ数値として書いてあるといかにもそれっぽいですよね。
でも既定の値とは異なるとか意外に明るくないとか言われているからには何かワケがあるのかも知れない。
いずれ単一のデータなんてのは目安にしかならないのですが・・・やっぱり自身で確認したいと言う欲求に勝てませんでした。

それと面白そうなのでHDDの方も測ってみた。

C:日立 HDS721616PLAT80 ATA133 7200rpm
Read Write
Seq 41.50 33.84
512k 16.69 15.75
4k 0.325 0.954

うむ、遅きこと蔵のごとし!
monozof
2009/11/12 01:59
自分でもXP-Eのライトを外注しちゃったモンでXPふぁみりぃとやらのデータを見てみたんですが、、、

光学配位"L1"っつーのがどういうものなのかまったく理解出来ないながら(^^;

この二つ、同じ、例えば完全拡散とやらを目指したレンズであるのなら、

スペック上高さで0.15mmほど差の出る口径差であるワケで、それ故にアングル125度と115度の差が出ているのなら、

発光面が広くなってレンズ径がデカいほうが、総発光で勝っていても「見た目の明るさ」では不利なんでしょうね。

けど、上手に集光できればXP-Gが有利?

あくまでもたぶん(−−;;
川端
2009/11/12 18:40
思うにこのXP-GのR5ってのは明るくなったけどVfがえらい高くなってたXR-EのQ5の時の逆パターンって感じでしょうか。
もしも定格の基準が電流ではなく消費電力であったならQ5とQ4の差は無かったようにと思います。
そう考えるとS2が出る頃にR5も本来のパフォーマンスを得られるようになるのかも知れませんね。

さて、EとGじゃまた基準となる要素があれこれ違っちゃってたんでMC-E同様にデータシートの数値からの予測は困難と思われます。
例えばMC-Eの指向特性は110度となっていますが、これはある何も無い空間の1点で測定された場合に過ぎません。
これが実際にリフレクターなりコリメータなりで拡散していく光の一部でも角度が変われば全て変わるモノ・・と私は考えています。
ですので実際にライトで使う事を考えると・・そうですね、発光面ゼロ点の強度分布から考えてもむしろ中央部が少しヘコんだなだらかな山型をイメージした方が現実に近いかも。

ではXP-Gは?
と、私も照度よりそれがどうなるかが一番の楽しみです。
monozof
2009/11/12 20:30
測定お疲れ様ですm(_ _)m

XP-G、興味はありつつも手を出してなかったのですが・・・イキマース\(^ ^)
ウチもアングル125度に期待してます(^^♪
nob
2009/11/13 00:03
おお!そちらも早速。
はたしてどの機体をテスト用に選ばれるのか楽しみです。
このパッケージだと大きいのから小さいのまで使い道がありそうなので悩むぅ。
monozof
2009/11/13 11:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
測定再開:CREE XP-G R5 WC monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる