monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS JETBeam RRT-1 Neutral White

<<   作成日時 : 2009/10/29 22:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

さて前回に引き続きリオさんの小隊から今回はJETBeam RRT-1の紹介です・・・が、こちらは珍しく無改造でフルノーマル機体との事。
画像
と言ってもこのRRT-1はLEDにNeutral WhiteのCREEが使用されているって点ではスペシャルバージョンなんですね。
と言う事はPLJさんで少数入荷していたQ3 5Aのもの・・と考えて良いのかな?

しかしJETBeamの最近のモデルを見るのは初めてでしたが、相変わらずどこを見てもカチッとした造りで気持ちが良い。
画像
サイズはこんな感じでTiablo A10並のヘッドにSG-500並のスリムなボディと言う構成。

ちなみにRRTってのはRapid Response Tacticalの略のようで一番のウリはやはりこれでしょうか。
The Rapid Response Control ってえ照度セレクトリングで任意のモードで点灯出来る。
画像
具体的にはまずこのセレクトリングリングで任意のモードに合わせておけば後はメインスイッチとなるテールスイッチでいつでも好みのモードから点灯可能。
もちろん点灯後にも照度切り替え、ランダムストロボ、スタンバイへと自由に切り替え可能ってえシステム。
リングの回転は軽快で、また各モード毎に一応クリック感もあるのが嬉しいところ。
個人的には多少抵抗増えても良いからもうちょっと明確にカキカキカキ!って感触の方が好みですが、これは現時点では理想的と感じました。

実はJETBeamと言うとJET-I〜III辺りのイメージからコンパクト&シャープなデザインで造りも良いけどとにかく目いっぱいぶん回す野生的なイメージがあったのですが、最近はこぉかなり知的になって来てる気がします。

まあRRCシステムもそうですが、例えばこのレンズなんかもかなり明確に紫外線域をカットするコーティングがされたものを使用している様子。
画像
ちなみにカメラ用UVカットフィルターは450nm以下の波長をカット、つまり主に外側に反射させていたと思いますが・・・ライトの場合はその逆向きに内側からの紫外線をカットする事になると思います。
ええ、450nmってのはLEDの蛍光体を励起させるための光ですんでヒトからすると出来るだけそのまんま外に出て来ては欲しくないモノ。
どっちかってえと全部中で蛍光体を励起させるエネルギーになってもらえるとありがたいわけですが・・・理にかなってるかは私も研究の課題とさせて頂こうと思います。

さて、まずは屋内照射ですが・・ここはやはりTiablo A10 R2と比較すべきでしょうね。
画像
1セル駆動でもおそらくいまだリフタイプでA10を越える遠射機は現れていないはずですのでRRT-1の実力を知るにはうってつけかと思います。

で・・いつもの撮影条件だとこいつら白飛びしまくりなので思い切り絞った画像とセットにしてみました。
画像
いずれも1/125秒のF8でようやっと飛ばずに比較出来るようになりました。

あれ?・・・えーと確かRRT-1のってランクはQ3だったはず。
なんですが・・・画像ではR2 WCとの差はわずかに見えます。

いや光色が異なるのでなんとも言えませんが肉眼では・・・あるいは・・これは?





てなところで次回の野外決戦につづきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
へえ、U2っぽいけれど違うシステム。使い勝手も良さそうですね(^^)

てか、、、

触覚伸ばさない間に世間では色々出てんですね(^^;


んで、この方。

筐体の写真だと深さが違うように見えますが、ほとんど同じリフのパターンみたいに感じます。

ちなみに、M-4っぽい大型+大口径。1本も持ってなかったんですが、ここに来てけっこう良いというか、パターンが綺麗なんだとごく最近知りました(^^;;
川端
2009/10/30 09:12
実はこれずっとPRT-1だと思っていた・・ってのは秘密です。。

リフはTiblo A10をちょびっと短くしたみたいな感じで、パターンは3Dグラフで見てもほぼクリソツでした。
そちらも野外照射と合わせてご紹介したいと思います。



それはそれとして前回私ってば最後のコメで実験台依頼の話をしてましたが、もちろん謎のウイルスに感染させて変容を観察しよう・・ってわけではありません。

要はライトを照らした時の見え方を長期的にモニターして頂きたいってだけなんですよ。ただ出来れば3ヶ月くらい。
ええ、これは例のモノテラス光の研究の一環で私自身は再現性と仮説に基づく推論まで進めつつあるのですが、サンプルがひとつなのでそれがヒト全体に当てはまるものか確証がありません。
しかしデータ自体がヒトの意識にも影響されるものなので被験者にもいくつかの条件が必要とされます。

具体的には・・・直感や先入観と言ったものを前提に置きつつも客観的に自己の体験を分析出来る能力を持ち、しかし特定の数値や事象だけに囚われず、知覚された感覚的な要素にも論理的な説明を思考する事を拒まず、それらを外世界を考慮しつつも自らの世界の中で考察し文章化できる知性を持つ人物がもっとも好ましい。

つまり・・・川端さん、貴方です。
monozof
2009/10/30 14:07
RRT-1って、イメージ:現物の大きさ
に微妙に差がありませんか?
私自身、手にするまではもっと大きい
ライトって認識だったんですが。
(商品説明ちゃんと嫁、という・・・)

で、こいつ、よく飛ぶんですよね。
リング調光も、他人に渡す、とかまで
考えるとけっこうイイかと。

川端さんには、こいつも同梱、って
感じになりますかね〜。
いやどうせなら今回の小隊全部(黒)。


ああまた箱が大きくなるぅぅぅ。。。
リオ
2009/10/30 15:00
私は逆に実物でもスケール感が掴みにくかったです。
グリップ部は左端のC8程度か更に細身なので手に持つと「あ、結構コンパクトじゃん」って感じなんですが、リフは実はA10に近かって事に画像にしてみて初めて気付かされました。
こぉボディは小型でスリムだけどヘッドは大型肉食獣って感じでしょうか。

それにこのNeutral Whiteの光色が良い。実に良い。
一番最初にホワイトボードに向けて点灯チェックしたんですが、まるでハロゲン光のようなギラリ感に思わずニヤけてしまいました。
が・・画像だとその辺は伝えられないのが残念です。
monozof
2009/10/30 17:46
>>それはそれとして

え?アタシですかい?ダンナ???


前回のコメは、どこか設備の整ったところでMODかシステムの性能テストでもご依頼なさるのかな?くらいに読んでいたのですが、、、

>>依頼・・・だ、大丈夫なの・・か?

大丈夫じゃねーよ。つか、まさか自分に関係のある事柄だとは夢にもと書いてきいてねーよ。です(^^;


>>要はライトを照らした時の見え方を長期的にモニター
>>3ヶ月くらい。

いやあ、手元にいくつか試したいのもあったりで、素直にあんま数があるとツラいですが、11月末には隧道キャンプも決定、正月休みもあり、試す時間はあリそうですし、私ごときでお役に立てるようなことがあればなんなりとってなモンではあるのですが、

どーしましょう?とりあえず、、、えーと、、、メアド交換でも???



ちゅーか、リオさんって、、、

>>ええもう、閣下からのご依頼とあれば、相手には有無を言わさず送り付け。。。
>>大丈夫、喜んでくれるはずです。ええきっと。

どーやら本当に有無を言わせないつもりだったみたいですね(^^;;オソロシイヒトダ。シッテイタケレドモ・・・
川端
2009/10/31 08:37
ここ読みながら・・・
monozofさん、間違ってるよ〜
「RRT」ぢゃなくて「PRT」なのに・・・
なんて思ってたのは内緒ですw

そっかー RRTなんですね(^_^;)
本当にありがとうごz(ry

おお!川端さんの長期モニター楽しみですね。
読み応えのある記事を期待してます(^.^)
cinq
2009/10/31 15:11
全ては閣下の詔のままに。
ええ全く問題はなく(笑)。

川端さんには、他にもあれやこれや
「試しますよね?」って(以下略)
ええ、都合とか聞きませんし(黒)。
リオ
2009/10/31 15:23
川端さん>
ああ私のは本当についでと言うか、ライト自体はちゃんと気合入れて見る必要など無く、むしろ日常での無作為な使用が好ましい。
かつ最初の一ヶ月はもう自由時間としますので使っても使わなくても、なんなら貸し出してもOK。

むしろ退屈極まりない任務となりそうなのでそっちの方で申し訳ない。
例えるなら・・いたって平和な海域で海上封鎖任務にあたるとかそんな感じ?

cinqさん>
ええ、この記事を書くまでPRT-1だと信じて疑わなかっ・・って前の記事まだ直してなかったYO!

やはり長期モニターの最後は「かゆ うま」・・いや無い無い。

リオさん>
ひでえっっ!

・・じゃなくて、では予定通り発送準備にかかります。
メアドはもうリオさんの方から川端さんへ伝えちゃってOKですので〜。
monozof
2009/10/31 16:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
JETBeam RRT-1 Neutral White monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる