monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS Oh! My Let's Almite :我輩はサルみたいだけど・・一応ヒト

<<   作成日時 : 2009/09/14 21:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

タイトルなげーよ。


まあそう言うわけで、ちょっと忙しくて間が空いてしましましたが今回もサルのごとくしつこくアルマイト・・・とドリクラでお送りさせて頂きます。

前回はヘッドの色が薄過ぎたのとテール部の仕上がりに難があったので、この二つだけ再挑戦してみたいと思います。

さて前回までの反省点を踏まえ今回は作業に入ったらもう直接手で触らないで済むよう先人達の知恵を参考に下準備をしておく事にしました。
画像
まずテール側は水道用補修パッキンをスイッチ接点のある奥とネジ部の2箇所に詰め込み、アルミワイヤーの固定はそのゴムに挟み込む事でマスクと同時に確実な導通を確保しようと言う作戦。

ヘッド側の方はアルミ板で専用マウントを作成する事でただ巻きつけるよりも導通をより確実なものとすると同時に巻きつけたワイヤー自体が皮膜形成を妨げないようにする作戦。
これはその辺に転がってた0.5mm位のアルミ板の切れっ端をハサミで切ってヤスリで角を削ってヘッド内にねじ込めるようテキトーにでっち上げたものですが、ライトのような構造体にはこの方式はなかなか良さ気な感じでした。

後は電解液に漬ける前にしっかり洗浄・脱脂して念の為に再度パイプユニッシュでアルカリ浴の後しっかり水洗い。
この間も一切手は触れずまた出来るだけ他の物にも触れないように気をつける。

後は凍らせたペットボトルで20度くらいに冷やした電解液に漬けて12V電源のスイッチを入れたら約40分〜50分の放置プレイ。

で・・・「ちゃんと反応してるかな〜?」と顔近づける時は息をしないようにしないと、発生したガス吸い込んで死にそうになるのでくれぐれも注意するように。

え?私?

私はもちろん・・・3回死にかけましたサ(ル




待ってる間はこれと言ってやる事も無いので・・・まあドリクラでも。
画像
えーと・・・プリン○スメーカー・・ではないですね。
あれえ?いつの間に育児ゲーになったんだろう?


と言うのは冗談で、このキャラも一応ドリームクラブのホストガールの一人なんですが、実は攻略対象ではなく情報提供してくれるヘルプキャラとして指名してたらこうなっただけで私の本意ではありません。

てな事を言ってるとオンナスキーP氏に怒られそうですか・・・・ええ、どー見ても成人女性です。本当に(ry

まったくもぉ想定外のせくすぃボイスとカオス師匠顔負けの迷いの無さについつい夜更かしして全部見ちゃったよ。



そうこうしている間に酸化皮膜処理が終了。

水洗い→レンジでチンで50℃くらいに暖めた染料にドプン→水洗い→封孔材で煮込む→水洗い

この間も直接手では触れないように注意して・・・完成。


今回の仕上がりはこんな感じになりました。
画像
さすがに3回も酸化皮膜を剥いだりかけたりを繰り返すとプラモの塗り直しのごとく表面がダラーと荒れて来ちゃいましたが、色合いと色のノリはだいぶ安定して来た感があります。
やはり下準備もしっかりやっといて迷い無く一発で決めるのが良策のようですね。


てなワケでアルマイト編は今回で終了、ようやっと具の方に話を進められます。
えーと本来の目的は・・・何だっけ?


ああ、そうそうUltraFire C2でRL-2088に対抗しようとかまたムチャな事書いてたんでしたね。
画像
まあ、無理は承知でとりあえず基本システムはTEから拝借してみました。

と言っても具はほぼ総入れ替えになっておりベースと光学系こそTEですが、こいつの場合はもう効率無視で行きます。
画像
回路はKaiのMC-E用で.5V〜15V電源によりHiで2.8A駆動・・らしい。

ただそのままではC2のキャニには収まらないので、内側に圧入されている真鍮リングを外して挿入。
GNDについては逆に基盤の端に真鍮板を細く丸めたのをハンダ付けしてキャニ外周に這わせて取っています。

まずはLow・Mid・Hiの3段階の明るさチェック。
画像
仕様によると10%、30%、100%らしい。
てえ事は280mA、800mA、2.8Aって事ですね。

とりあえず似た出力ので比較してみましょう。
画像
この壁面パターンだけで見るとSPEAR OSTAR ZEROが近い感じでしょうか?

またA9も出力は同じくらいだったと思いますが・・光色についてはC2だけちょっと他とは異る事に気付かれたと思います。
はいLEDには光色WH相当のR2を2灯と、Q3ランクで3AのNeutralWhiteを1灯使用してみました。
故に名称をNm(Neutral Mix)としているわけです。

そう、これはTEでもTE2でも無く実験的な位置付けと言うべきかも知れません。
そもそも電源が5.5V以上、1セルでは点灯すらしない時点ですでに困ったちゃんです。

それにいくら明るかろうが容量の小さい16340でこんなにぶん回せばどうなるかは想像に難くない。
かと言ってMidを常用とするならば18650のTEの方がはるかに効率が良くなりますので、これはあくまでも実験的な構成と考えて組んでみました。
画像

まあ本当の明るさ比較は野外照射まで保留するとして最後にImageJでパターンの確認だけして今回は終わりにしたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
にゃっ! 魔改造なC2なんですねっ。
くんくん・・・いい匂いがするね。
ウチのC2は日和って4chipに換装して
しまいましたが、こうなると・・・
再び6chip化してまた遠征に(黒)
ついでに6chipのアレも一緒に(黒)。。。



遅ればせながら、「破」観てきました。
観客18名。単独女子1名という微妙さ。
ある場面で横に居た兄ちゃんが吹き出し
かけたので、笑いの沸点が一気に下がり、
3シーンくらい苦しかったです。。。
ええ、ロッキーみたいなテーマが脳内
変換されて。。。
リオ
2009/09/15 07:38
素直に、磨り減り強さとかがあると思うので、例えば新品のHAを剥がしてやりかえてしまうような事は勿体無いような気もしましたが、
まあ、そーでもない表面処理なら同等以上だろうし、
根本的に筐体の色を変えたい場合とか、傷んでしまった表面処理をやりなおす場合にはとても良さそうですね。

あと、パーツの導通制限に使えるかも(^^)b
川端
2009/09/15 08:41
ただいま帰ってまいりました。
が・・・すでに昨夜の事を覚えてない私は実はトリ?

リオさん>
実は最初試しに栗ひとつで繋いでみたらシュミィィーンといかにも物騒な起動音が聞こえたのですぐ止めましたが、とりあえず栗三つ目よKai回路の相性は悪くないみたいでした。
でもたぶんこの具はC2からは抜くかも。

「破」・・こぉボソっと「・・マダオ」とか「だいたい合ってる」とかつぶいやいて場内の均衡を破りたくなーる(ダメ

川端さん>
まずは黒C2が3本あってどれがどれやら状態だったのがこれで識別しやすく出来そうです。
それにバイク時代の性癖の名残りか青とか赤のアルミってなんか好きなんですよ。

そうそうキャニスターにかければSSCみたいにスラグが導通しているLEDを直載せ出来るなあ・・と思ったんですが、今のところ手持ちにはまだその候補が無かったりして。。
赤いキャニスターとか作ってみたいなあ。
monozof
2009/09/15 20:33
ややピュアなオンナスキー動画、思わず見入ってしまいましたw
しかし綺麗な色がでましたね〜
「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」なグフ色、私も大好きです(^.^)
ところで、C2の元々のアルマイトと比べて強度的にどんな感じですか?
cinq
2009/09/15 21:54
なんだか楽しそうなので私も今回から本格的にセっちゃんルートへ。



やべえ・・ニヤニヤが止まらん←ダメだこいt(ry


グフ色>ああ!言われてみればっ。

強度は青C2の方が表面が滑らかなせいもあって強そうな感じはしますが、少し削ってみた感じでは元の黒HAと同じくらいに思えました。
monozof
2009/09/16 00:28
ブルーのbodyにオレンジが映えますね。

関係ないですが、私はこちら(URL)でDOPを落札しました。送料込み\1240-  多分私の勝ち?
0909
URL
2009/09/18 21:29
へへえ、実は回路の厚みでネック部に隙間が出来ちゃったのを隠すためだったりますが・・結果オーライ!


DOP>あー・・それは一応まだ秘密って事で(もう無理
monozof
2009/09/18 22:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Oh! My Let's Almite :我輩はサルみたいだけど・・一応ヒト monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる