monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 光る要塞:FoxFury MF1000

<<   作成日時 : 2009/06/22 21:57   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

姿を現したソレは想像以上に大きい・・いや、違うな。

実サイズ以上に大きく感じるのは、この圧倒的な存在感によるモノなのだろう。

画像


確かに一般的なハンディライトと比べれば規格外に大きく、重い。



しかし実際に手に持ってみると、ズシリと来るとは言えそれは案外普通に片手で持ててしまうのである。

画像


思うにこの深く広大な表面積を誇るヒートシンクが形作るダイナミックな造形が見る者を圧倒してしまうのだろう。



”威容”と言う文字がこれほど相応しいライトを私は他に知らない。

画像


FoxFury MF1000・・それはまさしく光る要塞だった。








C2 TE「・・・なんてキャッチコピーはどーすか?」
TE mini 2「いやいっそ光核母艦ギガテラスとかの方が強そうかも!」
画像
「いや・・・そー言うノリはちょっと」




と、ネタはこの辺にして・・・ご紹介するのは今更説明の必要は無いと思いますが、LEDフラッシュライトとしては世界最初の、そして真の1000ルーメン機 FoxFury MF1000でございます。

しかし、さすがにこれはキュウリじゃあ見間違えてくれそうにないな。
冬瓜か・・いやもうメロンの方が近いかも・・・あ、いやいや。こちらの話です。



まず仕様など詳しい説明は・・・Pro Light Japanさんイルミナムさんのページでどうぞ!(いきなり丸投げ



いやほら私なんかが今更説明するまでも無いって事ですね。
でもまあ滅多にない機会ですので、とりあえずはいつもの1m照射画像を撮らせて頂きました。
画像
ハイパワー系なので絞りはF5.6にしてあるのですが・・・MF1000だけなんかF2.6の時みたいな周辺光になっちゃってます。
SG-500は元々周辺光無いから良いとして・・WF-500の周辺光は肉眼ならそれなりに明るい方なのですけど、この絞りだとスポット部しか写っていません。

それだけMF1000の周辺光がべらぼうに明るいって事なのですが、更にこれ画面に映って無い部分の方が多いかも?ですよ。
その辺はPLJさんとこの野外照射画像でご確認頂けるかと思いますが、実に広大な範囲にとめどなく光が溢れ出るかのような照射でした。

画像でも判るように中心照度はそれほどたいした事ないようなのですが、さすがにこの怒涛の光量には圧倒されます。

実は荷物は職場宛てに届けて頂いたのですが、その時は電源がフルではないので休憩室で試しに軽く天井バウンス照射をやってみました。
40Wの蛍光灯を消して代わりにMF1000を天井に向けて点灯してみると・・ありゃ?あまり違和感ない。

ちなみに一般的な蛍光灯の全光束はと言うと・・20Wので約1000ルーメン、40Wの蛍光灯ではなんと2000ルーメン以上もあるんですね。

ふむ、もしもACアダプターとかで外部電源繋げられればこのまま照明器具にもなりそうです。
それでもこのボディなら涼しい顔して延々と照らし続けられそうだ・・・と思いました。



とは言え、本来はやはりハンディライト、持ち歩くには内部電源が必要です。
画像
MF1000はと言うとCR123Aなら15本、16340なら12本+ダミーセルを一食でお召し上がり・・・とそのパワーに相応しく食いっぷりもっパねえっス。

が、これまたリオさんがMF1000専用に12本、他のライト用に8本で合計20本の16340を救援物資として同梱してくださっていました。
確かにこれじゃ私がちょっとやそっと電源集めたくらいでは全然まかない切れませんでしたので大助かりです。


で・・・ここで問題です。

あのこれ全部フルに充電し直すとしたらどれくらいかかるんじゃろ?
画像
ゲっ・・・単純計算だと60時間、WF-138で2本づつやっても30時間。
1セット約3時間として、帰宅してから就寝するまでに2セットで4本・・・って事は5日?


なるほど、これがリオさんの言っていた終わりなき無限充電地獄かはあぁ・・。





が、問題ない。まさにこんな時の為にあいつらを徴発したのだ。



当番兵〜っ!!後はまかせた!


画像

いや、それは急いで。。



(*本当は予めどれも保存電圧近くにして下さってたので短時間で終わりました)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
nobさんのMC-E×4のPro-Vとかと勝負させてみたいですね〜

電源で言うとMF1000のが余裕ありそうですけれど。
実際どんなカンジなんだろ?
川端
2009/06/23 07:23
MF1000、WWUのドイツの吸着爆弾とか、
集束手榴弾とかを想像させますよね〜。

その明るさ、オフ会でも催事テントの白天幕に
天井照射したら、「普通に生活できる」
明るさになりました。ほんと笑えます。

で。充電、悪夢ですよね、きっぱりと。
私なんて、オフ会6日前から充電器
2台、フル回転状態でしたもの。

いや・・・4RCRを5RCRにして、OSTARを
6chipのにできたら楽しいだろうなぁ、とか。
そんなことも考えてたり(笑)。
でもさすがに買えません、コレわ。。。
リオ
2009/06/23 08:30
川端さん>
LED単体の効率では今のMC-Eの方が4chip OSTARより上で6chip OSTARと同じくらいじゃないかと考えられますので後はワット数次第って感じでしょうか。

まあ、おそらくどっちも公道でフルパワー自重!・・かも。

リオさん>
あるいはヘッドが割れて中から子ライトが・・あ、マジでこれのミニチュア版欲しいかも!(でも高そうだ

ライトオフの知られざる影の努力ってやつですね。
こちらでは悪夢は霊夢にお任せ・・は嫌な予感しかしない?

そうそう今の6chip版だったらとか電源が32650だったら・・とか妄想しちゃいますね。
monozof
2009/06/23 09:04
>>光核母艦ギガテラス

このネーミングいいですね、
日本古来の天照大神(あまてらすおおみかみ)との造語は全く違和感がありません、ちょっとしょこたんっぽい感じがありますが(^_^;)
takebeat
2009/06/23 10:43
こぉ古代モノテラス大神の眷属・・とかそんな感じ(嘘

しょこたんだと・・wwwギザテラスッ!www(AA略・・って感じでしょうか?
monozof
2009/06/23 20:27
あら、、、呼ばれたようで(^^)

>foxfury ProV MC-E
お邪魔じゃなかったらですが・・・
今からでも間に合うのなら、送りますよ(^^♪
nob
2009/06/23 22:44
見に行きたいなw
doc
2009/06/23 22:55
nobさん>
おおっそれは魅惑的かつゴージャス!
・・なのですが、すでに東方ライトだけで私の脳ミソのキャパを上回っちゃってますので、そちらはまた別の”時と場所”での邂逅に期待させて頂く事にしましょう。

docさん>
そうか・・いっそ西方はdocさんに丸投げ(嘘
monozof
2009/06/24 08:40
差し出がましかったようで...m(_ _)m

また、いつか機会がありましたらゼヒ(^^ゞ
nob
2009/06/24 23:05
いきなり自由の女神が空に掲げているようなやつからですか・・・(違
CR123A×15のD.Dとはまさに波動砲なみの威力かな?
リフも綺麗に仕上げられてる様で、製作者の拘りと言うか意地の様なものが垣間見れそう。
ショルダーストラップ使用がお勧めでしょうかね。

でも、よく考えると3000ルーメンの蛍光灯が300円程度で手に入るのに・・・この差は何?ってやはりVか、ネックは。
0909
2009/06/25 00:16
いえ、こちらこそお役に立てず申し訳ありません。

心中ではもったいねー!と言う怒号が木霊してはありますが、せっかくなら最善の環境で臨みたいところです。

それにしてもOSTAR搭載3機に加えMC-E機までも独占か・・・その気になれば世界を滅ぼ(危
monozof
2009/06/25 00:20
とはっまたいじゃった。
前のコメはnobさん宛てです〜。

”破”公開が近いのでちょっと壊れかけてますが・・いつもどーり?

0909さん>
これでもたぶんボディ自体はまだ余裕を残してるっぽいんですよ。
コンセプト的にも絶対に壊れない不死のライトってえ感じでしょうか?
ガタイの良い外人さんみたいにこいつをストラップ無しでヒョイっと扱えるとかっこいいかも。

固定環境での範囲照射なら蛍光灯は構造上無敵かも。
消費電力無視なら白熱電球のコストパフォーマンスもいまだ高いですもんね。
monozof
2009/06/25 00:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
光る要塞:FoxFury MF1000 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる