monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット通販:Romisenの”もっと評価されべき”モノ

<<   作成日時 : 2009/05/11 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

それが届いたのは実はだいぶ前、たぶん昨年の末頃だったと思います。

その時はG4-1とV-65Cをメインとして頼んでいたのですが、一緒に頼んだ小物類の中に小さな箱が含まれていました。
画像
大きさは標準のタバコの箱より少し大きい、ちょうどのロングサイズ程度の大きさでしょうか。

「はて?こんな物頼んだっけ?」と開けてみると・・・。
画像
中にはプチプチに包まれた2つの黒い物体。

「んん?なんだこのCR123Aライトのよーな・・・・アーっ!
と、ここまで来てようやく思い当たりました。

そうそう、これを頼む前には2AAライトについて考えていて、その後G4-1やらタッチライトに思考が流れていって・・・・・届いた頃にはついで程度に頼んだ事さえすっかり忘れ去っていたモノ。
画像
DXのSKU9070:Romisen RC-N3 Single Mode LED Flashlight (1xCR123A/2xAA) : $16.99 也。


この2AAの形態になっていればすぐに気付いたところですが、CR123サイズになっていたので記憶との照合に手間取ってしまいました。
画像
なるほど本体とバッテリーチューブが分離されたCR123ライトの形態だとこんなにコンパクトなパッケージになるんですね。





と言う事が昨年末あって・・・かれこれ5ヶ月が過ぎました。

まあ2AAライトのネタとしてはすでに旬を過ぎてしまっていたと言うのもありますが、このRC-N3・・・ツッコミどころが無いんです。

こんなに安い中華ライトだと言うのに造りも機能もまったくもってソツが無い。

このテールスイッチがまた中華には珍しいフォワードクリッキーでタッチもほど良く、ユニット押さえもちょっと凝った造形となっていました。
画像
もちろん材質や表面処理などは低価格帯のレベルではあるのですが、それなりにきっちりしていて粗雑さを感じさせるような部分は見られませんでした。

このライトを一言で評するならば・・あらゆる面においてまさしく”必要にして十分”。
だが、それは高度なバランス感覚によりはじめて実現するモノ。


こいつはどうも解っている者の仕業のようだ・・・そう感じられました。



ちなみに2AA時のサイズはこんな感じになります。
画像
L2D CEと比べると大きいですが、ボリューム的にはミニマグAAやパトプロと同じくらいで内径22mmのリフとクリップを装備している割にはむしろコンパクトにまとめられていると思います。

なるほど、そう言えば以前にtakebeatさんが扱われていた時も評判は良かったような・・・。
しばらく前にはCPFにもスレッド立ってたくらいだし、これが良機って知らなかったのってどうも私だけだったよーな気がして来ました。。


てなわけで思いっきり今更っぽいですが、せっかくなのでL2D CEなどmonologのリファレンス機と照射を比較してみましょう。
画像
見ての通りこの中ではもっとも暗く、全光束ではL2D CEのちょうど半分程になります。

が、不思議とRC-N3単独で点灯した場合はさほど明るさに不足を感じないんですよ。

これは大きめのリフによりスポット部の中心照度が高く、また周辺光を含む照射面積でもL2Dよりも狭い範囲に収束されているためかも知れません。
画像
また2AAライトとしては大きく深いOPリフによりダークリングをほとんど感じさせない点も見やすさ・明るさ感を向上させていると思われます。

ええ、RC-N3の2AA時の出力はけして高出力では無いようです。
測ってはいませんが、おそらくは・・・推定300〜350mA前後かと。


L2D-CEのTurboモードなど一般的な2AAライトの最大出力は照度やランタイムから概ね実質500mA程度と考えられますが、RC-N3はそこまでぶん回してはいないと考えられます。


何故ならばそれはRC-N3がCR123ライトでもあるから・・ですね。

例え昇降圧回路であっても2AA=3V前後の電源電圧でフルパワーに設定してしまっては3.7Vリチウムイオン使用時にオーバーパワーとなってしまいます。

16340ノ式でいくと最も明るさと時間のバランスの良い出力は525mAで約1時間と言う設定でした。
もちろんボディサイズ・形状に熱的余裕があるなら700mAでも良いですがランタイムは35分くらいとなる・・・でしたっけ?

こちらも実際にRC-N3の出力を測ったわけではありませんが、どうも程好い辺りにセッティングされている様子。
画像
このIMR16340使用時の明るさはL2D CEのTurbo時とほぼ同じ約100トーチルーメンとなるわけですが、その周辺光はL2D CEよりも一回り小さい代わりにUltraFire C2やITP C9のそれに近い明るさを持ちます。
その分L2Dのように大きめのスポット部だけで自転車用にとかには向かないので、どちらかと言うとC2的なスポット部で遠、周辺光で近と言った用法に向きそうです。

と・・・これはオマケですが試しに1AAでも点灯させてみました。
ふむパッケージにある1.3V〜4Vってのは本当だったのね。

いずれにしろ幅広い電圧に対応し、いずれも無理の無い出力でありながら必要十分な明るさを提供してくれる。
サイズもほど良くクリップも付いてて価格も安いと来たもんだ。




やはりこのライトはもっと評価されるべき


・・・と言う事を自分自身に言い聞かせましたとさ。(今更納言)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
いかんせんというか、なんか、こう、ツギハギ感が否めないような気がするデザインであるような気がしたりしなかったりってーか、私はするんですが(^^;

性能は、ちょーど良いカンジなんですね。
いわゆる「中庸」でしょうか?
川端
2009/05/12 07:10
私の廻りには、ライト=懐中電灯な人ばかりで、良いライト=明るくて電池の持ちが良く壊れ難い個体がベスト評価です。いくら質感が良くても、いくらレアで高価な物を持っていても、全ては実用度で決まる人達ばかりです。
それで言うとそのライトは結構良い部類に入るのではないでしょうか?同じような形の20万のバッグでも千円の鞄でも、物を入れて持ち運びするには大差なしと。
0909
2009/05/12 10:37
川端さん>
そうそう、私も全く同じ印象を持っていました。
パチ臭漂うシュアもどきなベゼルデザインがまた余計に安っぽさを醸し出しててワロスwww・・みたいな。
スペック的にもシングルモードのP4とすこぶる地味。

ですのでベース用候補にすら入れてなくて一番最後に「ああ、こんなのあったっけ」と見てみると構成的にはどうも探していた条件をほぼ満たしている。
更に良く見るとDXやCPFでの評価もなかなか良い。
いや、かなり良い事にその時は首を傾げつつダメ元で他のライトのついでに頼んでみた・・と言う感じです。

0909さん>
評価はやはり使ってみない事には分らないモノですね。
またその人の用途によってもかなり変わるので難しい。

そう言えば例の秘密の白いヘッデン・・会社の同僚が夜釣りに行くと言うので貸し出してみたのですが、一番重宝したのはメインのハイパワーではなくサブのしかも青色砲弾LEDだったそうです。
なんでも防波堤で使うには眩しく無くラインが良く見えるのだとか?うーん意外。
monozof
2009/05/12 18:11
ロミセンっていえばコメントせずに読んでばっ(ry

私もベース用にR4とW4無駄にためてます。
10440*3 で・・・って、懲りろよ>俺

でもR4 基盤のプラス、はんだてんこもりで
ショートしちゃってたんですよね。
また写真あげます。(笑)
bao
2009/05/12 21:49
むしろ太めが好みなデ(ry

そう言えばRomisenには3AAライトも結構多いんですもんね。
ふむふむ10440x3ならMC-Eや4chip STARを直列駆動って手も使えますか。

そうそうSG-500を16340x2で点灯してみたんですが、CR123Ax3と同じくらい明るいのだけどえらい速さでネック部分が熱くなって来たので連続点灯はあきらめました。
もし3直にしたら・・たぶん燃える?
monozof
2009/05/12 23:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ネット通販:Romisenの”もっと評価されべき”モノ monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる