monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS GENTOS 閃 SG-500

<<   作成日時 : 2009/05/03 23:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 5

この季節はライト界も怒涛の新作ラッシュですが、ここに至ってようやくMC-EやSSC P7と言った4コアLED搭載機も各社出揃ったって感じでしょうか?
(シュアさんの件には触れないでおこう)

私自身は相変わらずさっぱり使い道が思いつかない4コアLEDですが、現在発表・発売されているモデルは・・あー・・いずれもそれなりに良さそうに思えます。

考えてみればそれらの消費電力は10w以上となるわけですから、燃え散らずに安定駆動出来ているだけでもたいしたものだと関心しています。



で・・・そんな流れとはまったく関係ありませんが、私の方は国内ネット通販でこんなのをポチしていました。
画像
言わず知れた国内最安の公称500ルーメンライト<GENTOS 閃 SG-500>中部プロットさんで7,980円也。

いや、これ手頃な価格だし誰かレポしてくれるかな〜とwktkしながら待ってたんですが、何気にライトマニアの方々からはスルーされてたっぽいのでポチってみました。

あ、ちなみに隣に一緒に写っている包みは例のごとくスルーしといてください。


それにしてもwktkしますね。なんたってLEDで500ルーメン(公称)ですから。
画像
このレンズに貼られたWARNINGシールからも何だかわからないハイパワー感が伝わってまいります。


サイズは同じくCR123Ax3を使うGENTS SF-501よりも短く、D50級のヘッド径の割りには意外とコンパクトに感じました。
画像
最初にパッケージ越しに見た時も「え?こんなにちっちゃかったの?」と感じたのですが、実際に手に持ってみるとスリムなグリップ部によりほとんど2セルライトを持っているような感覚。
気持ち前方に重量物があるなあ・・と言う程度でハンディライトとしてかさばる感じはそれほどありませんでした。

その代わりバッテリーチューブ内径はジャストCR123Aのサイズになっていて充電池については17670すら入りませんでした。
画像
もちろん3セルライトで良くやる18500x2でウハウハなんて使い方も出来ないのが残念。
一応16340x2とダミーセルって手もありますが、Hiではかなりの電流なので短時間限定となりそうです。

それと・・・言うまでも無くまっとうな高級感とかは期待しないように。
その辺は閃シリーズなのでまあこんなもんかな?程度と思ってください。


ちなみにCR123Ax3使用時のテール電流はHiで約1.1A、Lowで約500mA流れていました。
画像
ええ、画像だとある程度は差が明確になっていますがアカリセンターのHATTAさんがすでレポされている通り肉眼ではHiとLowの照度差はそれほど大きくは感じられません。
これは明るさが半分になってもヒトの感覚は線形では無いので半分として捉えられないってのと同時に半分の出力ではLED自体の効率も上がるのでよけいにそう感じられるのだと思います。

ですのでSG-500のLowは感覚的には2/3くらいの明るさで点灯時間は倍以上長くなる・・と言うお得なモードとも言えますが、出来ればこれにもう一段25%モードとかがあれば更に使い勝手が良くなりそうに感じました。

配光調整システムはこんな感じでスプリングによりヘッドに合わせレンズ部が昇降するようになっていました。
画像
非常にシンプルな構造だけど有効な機構ですね。



って、あれ?なんかいつかどこかで似たようなモノを見たような・・・。



と思ったら凸なライトX2000FTZでした。
こちらは露出をF5.6に絞っています。
画像
なるほど、これでSpot時をx500くらいの位置に合わせればSG-500とクリソツの配光にも出来そうだ。

けどX2000FTZ・・実はバラして遊んでたら肝心の凸レンズをどっかにピョーン飛ばしてしまって現在行方不明に。。

てか凸なライトも結構明るかったのね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな簡単な仕掛けでレンズを前後させていたとは!X21のズコズコよりもはるかにスマートな処理ですね。DIYショーで見たパターンはどこまでいっても四角(凸)で「ナンジャコリャ!?」でしたが、少しは手直ししたのかしらん?

プチプチに包まれたほうのレポートも期待しております、私も「白がいいなァ」と思ってました。
alaris540
URL
2009/05/05 00:11
おはようございます。
なるほどプロト時よりレンズの可動範囲を広角よりにしたんですね。今の方が一般的な運用では実用的になっているかと思います。

ただまあGENTSOの閃のシリーズなので質感はとってもチープ。そして性能もそれなり・・てのは後ほどレポさせて頂きます。

謎の梱包物は会社の同僚に貸し出してみて、ぶっ壊れずに帰ってきたら合格・・かも。
monozof
2009/05/05 09:24
スリムなボディにデカいヘッド、自分も好きなデザインです
焦点調整は実物見るまで馬鹿にしてたんですが、面白いアイデアですよね。
しかし弄り屋的観点から見ると、ぶっとい電池が入らないのはちょっと悲しいかも…
cinq
2009/05/05 11:21
マルチLEDやマルチチップLEDライトの照射比較用のリファレンスライトが欲しかったのですが、
これも良さそうですね。
takebeat
2009/05/05 12:32
cinqさん>
周辺光がほぼゼロなので移動速度は徒歩までって感じですが、倉庫の検品とかにはフラットな光が重宝しそうです。
ええ、IMR18500x2でウハウハな野望は叶いませんでした。。

takebeatさん>
詳細は別記事で後述しますが、残念ながら本物の・・と言うべきか最新の海外メーカー機種の評価用には全く役立たずと考えて良いと思います。
むしろM2がマルチのリファレンス機としてはふさわしいかも。
monozof
2009/05/05 13:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GENTOS 閃 SG-500 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる