monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 解体覚書:GENTOS GS-430

<<   作成日時 : 2009/02/22 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

ふう〜・・あちこちヤっちまってる部位もありますが、なんとか機能には支障無くバラす事が出来ました。
画像
もしもまた機会があれば次はもう少し綺麗にバラせる・・・と良いなあ、と思うので忘れないうちにメモメモ。


手順としてはまずアルミ製のアウターボディと樹脂製のインナーの分離から。
これは電池室の中からも爪が2本見えていたので、テール側端の樹脂部分の間にマイナスドライバーを差し入れてある程度広がったらグイっと引き出してやりました。
画像
が・・・実は見えない部分にも2箇所小さい爪があったんですね。
また見えていた爪も動きは固めで、それを十分に引き込れていない状態で引き出したせいか・・・ここで爪2本をほどヤっちまいました。。

こんな感じでインナーもアウターも想像していたよりも肉厚でしっかりしていました。
画像
グローブの方も同様に4本爪なのですが、こちらは切り欠きが大きく十分たわめる構造なので簡単に外れました。

それでは樹脂製インナーを保持していたアルミ製のアウターの内側ががどうなっていたのか確認しておきましょう。
画像
こちらはヘッド側で内側には2箇所に溝が彫られOリングがセットされていました。
ここの保持力がグローブの機密性と可動性の要なっているようで、他所のレビューによると固体によっては電池の重さで引込んで来てしまうものもあったようです。

次にこちらはテール側で思っていたより少し複雑な形状をしていました。
画像
入り口は六角で内径よりも狭くなっておりインナーの回転止めと爪による固定の役割を担っているようです。

いずれにしろGS-430のアルミボディはタッチライトのようなペラペラなアルミカバーではなく、フラッシュライト並みに肉厚のある強度部材である事が判りました。


搭載されるLEDは日亜のRIGELの0.5W・・って事は自動的にNFSW036Cって事になりますか。
画像
リフは例によって最初からすでに小傷だらけなのは・・きっともう仕様です。

こちらをメインリフと呼ぶべきかセカンドリフと呼ぶべきか悩むところですが最終的に周辺へ拡散させる役割を担うため凸面形状をしています。
画像
インナーとの分離はこれまた2本の爪だけなので簡単に外れます。

リフ自体は樹脂製ですが、この中にLED基板と放熱基板が収まっていて、それらと共に回路はインナー側に押し込まれていました。
画像
回路は単三1本で駆動しますので当然昇圧コンバーターとなります。
これはリフの基部で押さえられていただけなので、線を伸ばしてそのままゆっくり引っ張れば出てきます。

ここで先のリフを裏返すと中に放熱基板がネジ止め固定されているのが見えます。
画像
どうもこのリフは同時にキャニスター的な役割のようで、表のメッキ面から見ると安い感じでしたが内側は黒色に塗られていて妙にかっちりしていました。

LED自体は放熱基板からピンでかさ上げされた基板に載っています。
画像
リフ中央部の穴は約8mmあり、そこに樹脂のカラーを挟んでかさ上げされた部分が収まります。
おそらく樹脂に下地処理→メッキ処理→内面黒色塗装となっているのだと思いますが、この穴の中は特に塗装された後にポリッシュされたのかやたら綺麗な内壁となっていました。


ここでヘッド部とグローブの分離に移ります。
ボディ側の構造からこちらも爪だろうと考えていたのですが・・違いました。。
画像
ヘッドの樹脂製ベゼル部の4箇所にある指かかりを起こせば爪が・・ってめくってみたらペッタンコ。
こちらは単にグローブ先端部と共に接着剤により固定されていましたとさ。

一応指かかりの方はへし折らなかったんですが、それが嵌る形状のヘッド側アウターのU字型切り欠きの方は結構ザクザク量産型してしまいました。
画像
樹脂製ベゼル内にはまず浅いカップ型のパッキンがあり、小径コリメータとコリホルダー兼リフが収まっていました。
このヘッド側のリフは平面かと思っていたのですが、取り出して見ると意外に大径でかつ緩い曲面の凹面鏡となっており、ここでまずLEDからの光を集光させてボディ側の拡散用リフに戻す役割となっているようです。

こちらは先のかさ上げ部分をバラした状態で、LEDの載る基盤から伸びた2本のピンは端子であると同時に強度部材であり、更には放熱基板への熱伝導経路として機能しているようです。
画像
これでようやくLEDを換装できる状態になったわけですが・・・せっかくなので玉は新規に調達する事にしました。


ついでに切らしてたアレとか気になってたコレとかもポチってたら・・・げっ結構な出費の予感。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ホヤのフロストが弱い。でもだがしかし、普通のフロスト強化では納得できない。

そんな貴方に

つ「ダイソーKID'Sセレクションの蓄光プラ板」


爆熱ライトに使うと縮んでしまいそうな気がせんでもあったりなかったりなんですが、
これだと、熱も大丈夫そうな気がなんとなくしますし、

乳白色樹脂並みに明るさは落ちますが、
近接ランタンに近い用途なんじゃなかろーかと思われますし、

未加熱のまま内張りにするとか。。。

とりあえず、フロスト具合は和紙っぽいカンジになろうかとm(_ _)m

とーぜん、消灯後にしばらく光りますし( ̄ー ̄)
川端
2009/02/23 08:28
LEDはNFSW036Lのレンズを削った物だと思います
n
2009/02/23 11:47
川端さん>
>>「ダイソーKID'Sセレクションの蓄光プラ板」
なんと?そんなのまで売ってるとは知りませんでした。
ちょうど今日は牛乳と卵を買って帰らなくてはいけないので帰りにコープのダイソーに寄ってみようっと。

nさん>
なな、なんと!そんなバージョンもあるとは知りませんでした。
そうかそれでレンズ部うっすら盛り上がっていたんですね。またまた貴重な情報ありがとうございます〜。
monozof
2009/02/23 12:41
へぇ〜意外に凝った作りなんですね。
どんなLEDが乗るのか楽しみにしてます。

しかしmonozofさんも買いまくってますねw
cinq
2009/02/25 20:49
LEDも届きました〜。
しかし何気に本体より高かったりして・・。

実はこれの他にもやっすいライトが後ふたつ程。
monozof
2009/02/26 08:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
解体覚書:GENTOS GS-430 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる