monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造覚書:太陽力電筒鍵鎖 改め 3LSL Rev.1

<<   作成日時 : 2009/02/15 21:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

ある日
Rev.1のテ・・
ごっつぁんです!!

と言うわけで・・・大幅に中略させて頂きましたが、RUUさんから3LSL用調光基板を頂きました。
画像
まるで3LSL基板専用としか思えないくらいピッタリのケースに入って来ましたよ。
スイッチも既にソフトタッチなのに換装されており、ダイオードも付属して来ました。

後はもう電池とソーラーパネルとLEDを載せるだけの簡単レシピ。
画像
それでは具材を並べて・・・と、全部揃っているか確認してみましょう。

・ケース上下セット
・スイッチパネル
・ソーラーパネル
・3LSL基板
・整流用ダイオード
・LED(元基板より移植)
・バッテリー

うん、全部揃っています。
揃ってはいたんですが・・・。


あのぉ・・今バッテリー計ってみたらなんか電圧1.1V位しかないんですけど?

ええ確かバラした時は4Vくらいあったはずですね。
もしかして一緒に入れていたキーリング部でうまい具合にショートさせてたっぽい?(とても危ない


こりゃあ早速・・ヤっちまったか?




って・・・この位の事で慌てる私ではありません。
自慢ではありませんがこのmonozof、その程度のヘマには慣れっこですからっ!!(ダメ


こう言う時は慌てず騒がず、華麗に・・・

スルー ズルさせて頂きます。
画像
いや、試しに瞬間だけ充電してみたら電圧は変化するし、充電器のインジケータにも反応があった(赤点滅状態)ので、CRD越しに繋いでやったら1時間ほどで4.1Vくらいに復元されました。
これが完全に死んでいる場合はインジケーターも満充電の緑状態から変わらないのであきらめたところです。


さてバッテリーも復活したので、またヘマする前にもうくっつけちゃいます。
位置を決めて耐熱テープで仮止めしたらハンダ付け。
画像
本当は無負荷で電気が流れると回路を壊してしまうので電源は一番最後に載せるものなのですが、これは大丈夫。
さすがはRUUさん、丸印のところをジャンパさせて初めて回路に電気が流れるようになっているんですね。

・・・・・・・・・。
すみません、本当は後から気が付きました。

実はこれの前に一度バラで素組みしてみたのですが、全部を線で繋いでスイッチを押しても点灯しない。
これはやはり・・・。

やべえ・・ヤっちまったか?

・・・と嫌な汗が流れるの感じながらメールの組み立て説明(とっても親切)を読み返してみると・・・。

(6)各部のショート等がないことを確認したら、基板上の電源ジャンパをハンダ
 で短絡します。このとき一瞬LEDが点灯することがありますが正常です。


ちゃんと書いてあるやん・・。

と言うわけなので良い子のみんなはちゃんと説明読もうぜ!(俺モナー



もっとも私的に一番の鬼門だったのはこのダイオードでしょうか?
まずこいつはかなーり小さい、その上に丸いと来たもんだ。
こんなもん手で持ってハンダ付けなんて出来ないし、ピンセットでつまもうにも私の場合ほぼ120%の確立でピョーンと吹っ飛ばす自信があります。

そこでこれまた回路的には好ましくない気もしますが・・ズルしました。
画像
ええ前にタブ無し電池用に使っていたネオジウム磁石にくっつけて、それをピンセットで挟む事にしました。
てか帯磁性じゃなければもうピンセットじゃなくても良いよーな。。

すでに説明書の順番とはだいぶ違っちゃってますが、ここでソーラーパネルと合体。
画像
両面テープは百均の強力プラタイプを使用。
これ実際かなり紙タイプより強力なので、ズレて失敗しないよう万力のアンビルの部分に立たせて片面を揃えて貼り合わせました。

あ、ここは合体させる前にソーラーパネルの端子には先に少しだけ端っこにだけでもハンダ盛っておいた方が楽かも。
貼り合せてからだとパネル自体も良く熱が回る上に基板にも熱が回っちゃってハンダが乗りにくいったらありゃしない状態になってしまいましたが、慣れてる人には問題ないところなのかな?

いずれにしろ本来は一番先に回路にとって負荷となるLEDからハンダ付けするのが正しい組み立て方ですね。

いや、実はLEDについては最後までどうするかでかなーり悩んでいたんですよ。
このまま中華を使うか日亜500GSにするか、でも日亜だと拡散させないと真ん中青くて気持ち悪いし、拡散させると距離稼げないし、それなら生栗でも・・しかしスペースが・・1灯ならなんとか・・空いた穴どーする?・・てかキーライトじゃなくね?・・みたいに思考の堂々巡りの末、結論は以下の通りとなりました。


そんなこんなでとりあえず組み立て完成。
砲弾の付け根がきちゃないのはケツ蓄光のエポキシが足の方まで垂れて来ちゃってたからです。
画像
LEDは中央1灯だけ日亜500GSを先端フロストにして使用、サイド2灯は中華な25,000mcdをそのまま搭載としました。

ケースの貼り合わせには微妙にシールも兼ねて今回は固まるシリコーンを使用。

ケース端と中の仕切りの辺りにショボショボ塗って一晩放置。
でも、たいして放熱の必要は無いので水槽とか水周り補修用のシリコーンで十分だったかも。


点灯させるとこんな感じで中央の日亜が明るく光って見えますが、これは砲弾の表面が拡散処理されているためです。
画像
もちろん実際にも日亜500GS自体の照度はVfの低さもあり中華の1.5倍くらいありそうでしたが、そのままだと中央部が青ざめまくるので日亜は拡散、中華はスポットと言うコンビネーション配光にしたと言うわけです。


これにより配光的にも光色的にもバランスが良くなったので結果オーライ。
日亜を加えた事で前に組んだ中華だけの場合より赤み成分も増えて色再現性も向上してくれたようです。
画像
照度は3段階ありますが、普段使いには近接から足元までをカバーする25〜30mAのMidが距離と明るさのバランスが良さそうな感じでした。
これが7〜10mAのLowになると拡散気味にしてある事もあって引き出しやバッグの中などごく狭い空間内でもモノが見やすいモードとなっています。
そしてHiになると一気に100mA近く流れますので、これはもうちょっとした懐中電灯代わりになります。

蓄光は前回がグリーンだったので今回はUltraBlueにしました。
画像
蓄光はさっきと逆に中央部はホワっと、これはフロストしてない方がダイレクトにキラキラして綺麗かな?


てな感じでなんとかヤっちまう事もなく無事に組み立てる事が出来ました。
RUUさんにはあらためて厚く御礼申し上げます。
この度は私のようなローテクな者にこの様なハイテクなモノを賜り本当にありがとうございました。


そうそう、なんでもRev.2の量産化も近いと言う事で・・へえ、その折にもどうかひとつあっしを人柱にでも。へっへっへ。(邪











で・・・。
ここからはちと邪道に入りますので良い子の皆様にはおすすめしません。
画像
ホジホジ・・・と、大体こんなもんじゃろか?


え?何を仕込んでたかってーと・・・。


外部端子挿入孔ば付けてみたとです。
画像
いや、これで閉じた後でもバッテリーの電圧チェック出来ますし・・・。
いざとなったら充電器から直接充電も可能っちゅー事です。


が・・・これはもうソーラーの意味なくね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
なるほど、真ん中だけ日亜使いましたか。Vfバランスはそれほど気にしなくて大丈夫だと思いますが制限抵抗だけ個別に付けてもいいかもしれませんね。

そうそう、3LSLのバッテリーなんですけどなんと最近の物ではCR2025×2スタックというバッテリー構成があるんですね。
リチウムコインって充電していいのかYO!というツッコミは追いといて、これだと初期電圧は6Vになってしまいます。プロセッサの定格ギリギリなんですけど、LED点灯させるとかなり電圧降下するし、、んー…たぶん大丈夫だろうという事でRev.2は現状Li-Ion仕様のままで製作しちゃいます(^^;
RUU
2009/02/15 23:47
ごっつぁんでした!
電流のバラ付きはむしろちょうど良い感じに収まってくれたみたいです。結果オーララライ!です。
ちなみに試しに3.25V@350mAの黄栗を混ぜてみたところ7割くらい栗に電流持ってかれましたが、P4ランクでもさすがに砲弾とは桁違いの明るさでした。
ただスペース的にも配光的にも難ありで今回は見送りとなった次第です。

>>CR2025×2スタック
なんですと〜!
またそんな気ままな中華バリエーションがっっ。
これってば充電池だけ買ったら高いLIR2032が美味しいとこなのにぃ。

あ、そうだ。今日一日使ってみた限りではバグ出せませんでした。
ふーむ、LR同時押しでセレクトボタン・・とか(違

何はともあれRev.2もごち・・もとい、楽しみにしております!
monozof
2009/02/16 00:42
たとえテストモニターだろうが、いやむしろテストモニターだからこそ、素直に組み込む「だけ」では満足できない。そんな貴方にキャラ萌えですm(_ _)m

ところで、Rev1調子良いみたいですね。

画像などからの判断で、アタシ自身にゃ無理がありそうですが(^^;
持ち球の抵抗だかVfだか、そーゆー摩訶不思議が解かってて良球積むと更に、みたいなカンジを受けました(^^)
川端
2009/02/16 12:23
あなた、速過ぎですっ!(滝汗)
子供に公園で側転練習とかさせてるうちに。。。
LEDに何を使おうかとか悩んでるうちに。。。
う〜みゅ、これは困ったちゃんです。
似た様な仕様は許されないとですたいっ!
妄想せよっ私っっ!!!(汗)

挿入孔>データロガーなのですねわかります(違)。
リオ
2009/02/16 14:28
川端さん>
テスターってより初めてのおつかいのチビっ子気分でしたが、なんとかヤっちまわなくて済んでホっとしています。
とりあえずヘマな私でも一人で出来たー!(組み立てだけだけど)

リオさん>
側転の方も一人で出来たー!になりますように。
LEDは私もかなーり悩んじゃいました。
その時たまたま500GSが1本だけ残ってたってのは秘密です。
孔・・つ挿→孕(ry
monozof
2009/02/16 18:54
わぉ
もうRev.1ですかぁぁあ
私はやっちまうことがあっても
いぃ様に3LSLを複数注文したので
よいとして

蓄光は基本シリコンを
多用することが多いッス。
飽きれば取っ払うのも簡単ですしぃ
防水もあったりもぉ。。

あとはLEDを何にするかが
考える所かも。。
unkochan
2009/02/16 19:41
ああっもしかして例のトロトロRTVシリコーンですか?
そうか、その手があったかーーー。
でもってケースも補修用シリコーン接合しちゃえばかなり防滴性は高まりそうですね。
あ・・外部端子(ってか穴)のシールにも良いな。
それ私もRev.2までに手に入れたいぞなもし。
monozof
2009/02/16 20:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改造覚書:太陽力電筒鍵鎖 改め 3LSL Rev.1 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる