monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット通販:CREE XP-E Q5(ちび栗)

<<   作成日時 : 2009/01/18 21:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

これも昨年の10/29にCutterさんに注文を出して・・頼んだ本人にも忘れ去られようとしていた1/2に発送され1/7に到着した物のひとつ、CREE XP-EのQ5です。サークル基板込みで9.62オーストラリアドル(約62円/AUD)也。

私が頼んだ時にまだR2ランクは出ておらずこのQ5も光色指定はありませんでしたが、手持ちと比較してみた限りほぼWH相当と言える光色でした。
画像
ご覧の様に小径10mmサークル基板に載ってようやくXR-E等と同じくらい、本体はLuxeon Rebel程度のサイズとなっています。

レンズ越しなのではっきり確認はしていませんが、ダイ自体の大きさはXR-EやMC-Eの物と同じように思えます。
画像
まあ現在ではXR-E同様にR2ランクまであるので、MC-Eも含めて共通と考える方がむしろ自然でしょうか。

最大定格が700mAなのもダイ側の上限ではなく、小型パッケージによる時間当たりの廃熱の限界によるものなのかも。
これは発熱が多いと言う意味ではなく、少ない表面積=少ない廃熱経路の問題と言うべきでしょうか。
消費電力が等しい時、同じ効率のLEDならば発熱量も等しいわけですが、XP-Eだと底面積だけ比べてみてもXR-Eの1/9くらいしか無さそうですもんね。
上面側も小さいセラミック面とレンズしか無いので差は更に大きいと思われます。
実際点灯中に触ってみたら・・・XR-Eよりもどえりゃあアチチちぃっ!でした。。(危険なのでマネしないように)
もちろんこれは表面積が小さいからなんですが・・・こいつをどう速やかに拡散させボディに逃がしてやるかが第一の課題となりそうです。


何はともあれ一緒に届いたMC-EのMランク、DXのSSCも含めいつもの簡易照度測定表にまとめてみました。
画像
取り寄せたのは3個だけでしたが、比較的照度のバラツキも少なくVfはとうとうシングルチップで3Vを切るようになっていました。
XR-Eでも毎回下がって来ていましたが、この点は熱的に厳しいXP-Eにおいても大助かりです。


またこのサイズは光学的にも意外と難しいと言う事がわかりました。
いやサクっととはいかないまでも、もうちょっと楽出来るかと思ったのですが・・こりゃあ高さも芯出しもシビアで大変だぁ。。となりました。


そう言うわけでいつもの試験機UltraFire C2にはなんとかマウント出来たわけですが、他の光学系は要望があればお答えしますくらいにしておきます。
画像
C2リフはまあ汎用性高いので高さはポン付けでも大丈夫なのですが、ベゼル締めると中心ズレちゃうのでテスト用にはレンズを外してあります。


回路は・・細い配線が程よい感じだったSmartFire V-65Cのをそのまま流用。
ええ、実はV-65Cの回路を取り出してみたら・・AMC7135 x3の5モードのやつから1個AMC7135を外したやつが入っていましたとさ。
さすがSmartFire、今回も期待を裏切らない(ダメ)サプライズ。本当にあry
画像
てな感じで運が良いやら悪いやら・・SmartFireがAMC7135をケチってくれたおかげでちょうど700mAの回路が手に入りXP-E試験体完成。

C2リフならなんとかなるのはわかっていましたが・・ちょっと予想とは違ったかも。
画像
画像だと明確なスポットっぽく写っていますが、実際は中心からやや大きめにボワっと広がるスポット部と言った感じです。
それとこれは1mでは・・と言う注釈が付きます。

この普通にリフ底に付けた高さだとかなり近距離で焦点を結びますので、距離が離れる程にスポットは広がるタイプとなります。
画像
こちらは2mの距離での撮影ですが先のボワっと・・と言う感じがわかりますでしょうか?
これが少しすぼまって明るくなったのが1mのスポット部なのですが、2mだとちょうどフィラのP60くらいにスポットが開きます。

もちろんこれはLEDの高さを変えれば若干変化しますがC2リフだと基本がこのタイプで、C2Zのボトムレスリフで高さを変えて試してみたところ、後もうちょっと集光するか逆にフルにフラットにするか?と言った感じでした。
リフをいっぱいに奥まで・・つまりXP-Eレンズ部をリフ底より高くすると、SSCほどではないけれど中心からなだらかに減衰するパターンにも出来ます。

ただ他の光学系の相性は・・結構好き嫌いあるかもなあ、と言った印象でした。

まとめると・・。
コリはXR-E用は×、Luxeon用は△(四角が出やすい)、MC-E用は○(フロストだけど)。
リフは一般的XR-E用だとスポット大きめ小径リフ風、あるいはSSC+Luxeonリフっぽい配光にもなる。
XR-E遠射用深リフは基本的にLuxeon風だけど芯出し高さ調整がよりシビア。

いや、マジで私には芯出しからして至難でした。
すっかりXR-Eのポコっと嵌めるだけに慣れてしまっていたようです。
そう言えば日亜NSCW136もかなり小さそうでしたが、takebeatさんにしろRUUさんにしろちゃんと芯出しされてる事に改めて関心させられました。




さて、ちび栗は確かに小さくて明るいけれど・・ちとハンドリングが難しいと言うのが今回の印象です。

発光効率はXR-Eと同等で、エミッター単体なら価格も若干安い。
出力は700mA迄だけど熱的にはそれでも厳しいので常用は350mA〜500mAとなりそう。
小さいので小型ライトには入れやすいが、XR-E用リフだと底面の曲率が足りないのでパターンの自由度が低く調整もシビア・・と留意すべき点はこんなところでしょうか。


何に入れどう使うのがベストか?は、これから考えたいと思います。



*1/20追記

少し天井照射画像を追加。
TerraLuxのミニマグ用TLE-5EXに使われていたSSC用リフと、Best HongKongさんProLight用コリをポン乗せで試してみました。
C2Zのは比較参考用。
画像
コリはLuxeon互換っぽいのですが、ProLight 3W自体は日亜NS6L083とかに近い気もします。
基本的にはGENTSなどで見られる丸と四角のスポットが混在するパターンですが、フィッティング次第であまり四角は目立たなくなるかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
XP-E、Pはプチだったりして(^^)

これ、しかし、ダイ?だか発光体だかがXR-Eと同じだとして、なんのために小型化したんでしょうね?

基本「なに用」なんだろう?
川端
2009/01/19 07:43
はい。私も芯出し、とっても苦手〜(笑)。

今、いちばんHOTなのはcreeっぽいですねぇ。
MC-Eもかな〜りの光量出せますし。
一方でOSRAMはなんか停滞気味っぽい??
(ライトに使えるLEDって括りで、ですよ)
リオ
2009/01/19 08:57
>>XP-E、Pはプチだったりして(^^)
ナイス!ぷち栗・・ってのも良いですね。

基本的には第一に他メーカー対抗し得る低価格化のためのコスト削減かな?と。
またメインと思われる小型機器のバックライトやフラッシュなどの用途にはより小さい方が良いのかも知れませんね。
monozop
2009/01/19 09:05
リオさん>
ナイスかぶった!おはようございます。

リアルHOTなのでぶん回すには対策が必要そうですが、これ6個パラにしたらすんごい高効率駆動も出来そうではあります。
今の半額くらいまで価格下がったら砲弾代わりにしちゃっても良さそうかも。
monozof
2009/01/19 09:10
おおおお、XP-Eはなかなか良さそうですね。
Q5というランクが記載されてますので当然それなりの明るさなのでしょうけど、Vfが低いっちゅーのは魅力です。
見た感じ新リゲルと似ているのですが、やはり芯出し大変でしたか(^^;焦点位置を決めるのも結構面倒ですよね。
反面、リフはそれほど選ばないんじゃないかなと想像しています。
ダークリングとか斑は出にくそうですけど、そのあたりは如何だったでしょうか?
RUU
2009/01/19 11:29
今日は何故か休みで雪かきをしてました。
けど・・気温高くてベチャベチャで重いぃ。。

いやあ改めてRIGELのような小型エミッターできっちり合わせるのが並大抵でないと言う事が判りました。しかもカキっと激スポット出されてるのはもう神業クラスですよ〜。

XR-E用リフについては同じ配置でならXR-Eほどペタっとせずスポット部の段つきやダークリングも柔らかいのですが、やはり綺麗なパターン作りにはGDP用リフのようになるべく底まですぼまっているのも欲しいかも(他モノ本願)と思いました。

あ、それとそのうちDXで16mm基板付きで安く出してくれないかしらん?(更に他モノ本願ズ
monozof
2009/01/19 12:24
XP-E良さそうですね(^ ^)
サイズが小さくてVf低い・・・誰かがソリに挿れてくれそうな予感(^^♪
nob
2009/01/19 22:27
はっ!と思って・・ミニマグのリフを当ててみた。
が、これはレンズ部がリフ底まで届かなかったので断念。でも悪く無さそう。

そこでTLE-5EXのリフを当ててみたらこれがなかなか良さ気。これフィラ用ほどではないけど底まで丸みのついたSSC用なんですよね。

こりゃあ今こそまさにMcR20Sを量産して欲しい〜。
monozof
2009/01/19 23:29
XR-EとXR-Cが届きました、早かったです(^_^)

でも結局XR-EとXR-Cの区別はつきませんでした(´・ω・`)
takebeat
URL
2009/01/30 15:18
お!WarmWhite・・じゃなくて、ぇぇえええ?
2列ダイがXR-Cってわけじゃないの?

更に謎が謎呼ぶ。
monozof
2009/01/30 18:53
EagleTacからちび栗搭載のライトが出ました
2xCR123Aの方は850mAドライブのようです・・・
相変わらずきつきつの電流を流してくれます(^_^;)
takebeat
2009/02/16 21:29
まあ具はXR-Eと一緒っぽいので熱伝導と放熱さえしっかり出来てれば大丈夫だと思います。
XR-Eを1.2A駆動するよりは回路や電源の発熱は少ないとも言えます。

それよりも破壊的な低価格にびっくり!
円高換算で約40ドルとしても従来モデルより3割は安くなる計算ですもんね。
確かにXP-Eはかなり安く供給されそうですし、ミーリングなど複雑な製造工程の簡略化、付属品のクリップやランヤード、ホルスターなどをオプションとしてコスト削減って感じでしょうか?

個人的にはXP-Eをどんな配光パターンにして来るのかが楽しみな点です。
monozof
2009/02/16 23:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ネット通販:CREE XP-E Q5(ちび栗) monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる