monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット通販:Tiablo A10 R2

<<   作成日時 : 2009/01/12 04:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

うはっっバイオ5体験版のオンラインCo-op(協力プレイ)面白れーwwww



・・・と、中華ならぬ厨な書き出しで失礼仕った。

しかし体験版の2ステージ分でもこれだけ遊べるとなると、製品版発売されたら私こっちの世界にしばらく返って来れないんじゃないかと今から心配です。

バイオ4の焼き直しとか今時の海外FPSの比じゃねーとか色々ネガティブな意見も多いですが、たぶん出たらそれなりにヒットするんだろうなあ。
もっさりアクションと言ってもSIRENとかに比べたら全然動きやすいもの。
恐怖感は・・・シリーズ化となるとなかなか難しいのかも知れませんね。
独特の空気感が魅力のサイレントヒルでさえ・・って、ここはゲームblogではありませんでしたね。


でもTiablo A10の雰囲気を説明するにはPS2のゲーム「ワンダと巨像」の8体目と言うのが最も的確に思えました。

いやこれだと「ワンダと巨像」をプレイした事が無い方にはわけわからんですね。
ゲーム中に出てくる光弾トカゲorヤモリあるいはKuromoriと呼ばれている8体目の巨像については・・・。

こちらのネギみそ太郎さんのプレイ動画が最高でした

他の方のはどれも同じようなパターン通りのTA(タイムアタック)系ばかりで上手いとか役に立つとは思うのですが、面白みが無いと言うか・・あまり楽しそう見えないんですよね。
確かにパターンが分かれば攻略自体は簡単なんですが、やっぱりアクションゲーはこう勝手がわからずドッタンバッタンしてる間が一番面白いんじゃあないでしょうか。

で、こいつの吐き出す光弾(本当は熱砂らしい)がそりゃもう強烈で、一気にゲージ半分くらい削られます。
更に白熱化している空間にいるだけでもダメージ受け続けるので、速やかに影に隠れて体力回復しないと・・死にます。
だけど私はゲーム中ではこの巨像が一番のお気に入りでした。


と、ゲームの話はこれくらいにして本題のTiablo A10 R2のご紹介。
画像
かんてら堂さんで 11,980円也


MC-E搭載のACEと同時開発・・あるいはおまけで産まれた鬼子・・となったせいかは知りませんが、理論的に整合性のおかしいレビューサイトの数値とかCPFの混乱ぶりとか気になる点は多々あれど、まず購入の第一の理由は市販モデルで(誰もが情報を共有できる)最も明るいライトを基準用として欲しかった。
それとこの棘皮のような楯鱗のようなボディが先の巨像となんとなくイメージがダブってしまってついポチっとな。
画像
ほら、頭と尻尾を逆向きにして足を生やせばまさにKuromoriちっくじゃないですか?

付属品はごらんの通りギャランティーカード、英文説明書、ランヤードリング、シリコン製と思われるOリングとテールキャップ、そして二種類あるスイッチモジュールのひとつ。

サイズはこんな感じで18650 x1(16340 x2)セルとしては手持ちで一番大きいモデルとなっています。
画像
ただ実物は大きい・・と言うよりデカい、いやゴツい・・か。
何と言うかサイズ以上に凄みを感じます。
これはシングルチップのLEDライトとしては過剰とも言えるボディに由来するものだとは思いますが・・HIDの10Wくらいなら余裕で呑み込んでしまいそうな感じ。

まあ見かけはどうであれライトは照らしてなんぼ、遠射系なら飛ばしてなんぼですので、届いたその夜にまず軽くエキシビジョン照射など。
画像
ふむ、他がビミョーな奴らとは言えなかなかの明るさです。
肉眼での差はこれの倍くらいA10のスポットは明確に確認出来ました。


次に家に戻っていつもの1m壁面照射画像を撮影。
画像
が・・・これもまあ双方顔合わせ程度って事で、本番はスイッチをフルパワーが出せる1st(シングルステージ)の方に換えてからになります。

いや実を言うと私も家に戻って測ってから気が付いたのですが、デフォルトで付いているスイッチモジュールは2st・・マルチモードの方だったんですね。
これはA>B>消灯と言うパターンで、調光モードとストロボの2段切り替え式スイッチ。
こっちのは照度記憶やら設定出来るんですが、先の同根品にあったシングルモードスイッチより15%ほどパワーダウンしています。

仮にシングル・・1stスイッチ+18650を100%とした場合、2stスイッチでは85%となるわけですね。
更に1stスイッチ+16340 x2の組み合わせでは約110%となりますが、むしろ1セルでの高出力&安定性に驚かされました。
こいつはKuromori並に凶暴だけど、良く調教されたクリーチャーのようです。

それではシングルモードスイッチに交換して改めてS.T.F R2と比較。
画像
S.T.Fも安定セッティングとは言え暗いわけでは無いのですが、これだけ差があるとさすがに野外で有利なWHの光色をもってしてもこのA10には敵わない事でしょう。

ええ、こいつは確かに掛け値なしに明るいです。
CPFの意見も参考にすると昨年の覇者Dereelight DBS V2 Q5を抑え、現時点ではDBS V3 R2仕様と並ぶ最強の遠射機かと。
私自身1m位の近距離では眩惑されそうなくらいギラリとしたスポット部には思わず「やべえ・・」ほくそ笑んでしまう程でした。

この性能が円高とは言え、かんてらさんの努力もあって約12Kで手入るとは嬉しい限りです。
最も個人的にはDBSを若干上回るくらいの明るさよりも、この熱的に青天井に近いボディのアドバンテージの方がウハウハかも。

ああ・・一応Luxも記載してありますが参考程度に。
とりあえず私の計測でもCPFメンバーの実測値とほぼ合致した、と認識するくらいで十分かと思います。
またこの数値は中心照度ではなくスポット内のホットスポット、一番明るい所から拾いました。
これはこの距離だとまだ中抜け・・ダークスポットが出来ているためですが、1m程度の近距離で合焦していては野外では役に立たないのでこのセッティングはむしろ好ましいと言えます。

ちなみにこれは2mでも同様で抜けている中心を避けての測定ですが1st+18650で約10,000Lux、16340 x2では約11,000Luxでした。
これが2st+18650だと約8,500LuxとRUUさんのAAライトRegal EDC改にも負けちゃうんですが、それでも市販モデルとしては最強と考えても良さそうです。

またメーカーで謳う40,000Luxオーバーは出ていませんが、私はあまり気にしないと言うか照度についてはほぼ予想通りの結果でした。
まあ瞬間的になら2セルで39,000も確認していますので、固体によっては40,000超えがあったとしても不思議では無いと思いますが、理論上は推定1.2A・・いや、この場合の電流はあまり意味が無いか・・推定5W近いエネルギーで駆動していると思われるDBSそうを大きく上回る事は無いだろう・・と。
ですのでLux値自体は単にDBSよりも明確にスポット部に集光出来ている事で稼げたモノ、と解釈するのが正しいのだと思います。

それよりもこのボディを持ってすれば更なるオーバードライブも可能だろうし、現在の出力での安定性の高さは圧倒的、車で言えば足回りとか車体剛性とかポテンシャルの高さを評価したいところです。

いずれにしろ中心照度自体はその気になれば集光する事でいくらでも稼げるモノですので、monologでは今後も可能な限り実戦性能を重んじていこうと思います。

同様にLight-Reviews.comさんのも・・これは本当に間違っているだけなのかも知れませんが、そのまま鵜呑みにはしない事にしています。
照度の数値がトンデモなのはまだしも16340 x2の方が18650 x1より低い数値だったり、ランタイムも推定出力と合ってなかったりとなんだかしっちゃかめっちゃかになっちゃってますね。
ただ本当にと言うかTiablo側で間違ったセッティングの固体を試験用に出した可能性もありますか。
うっかりACE用の回路だったとか・・って、さすがにそれは無いか。
・・・無いですよね?


それはさておきCPFでも物議をかもしたテール電流でも実測しておきますか。
まずは普通に18650 x1の場合。
画像
くるくると変動はしますが、最大でほぼ1.4Aに落ち着きました。
幅広い電圧に対応した降圧コンなので効率は落ちると思いますが、平均的なVfのLEDであれば1A+αは流れていると思われます。

続いて問題の16340 x2での測定。
画像
ふむ、本当にこう表示されちゃうのね。
瞬間的になら3Aなんて表示されたりもしてましたが・・正直このテスターに表示される電流って値はよくわからなかったりします。

物理世界では荷電粒子の流れる量・・なわけですが、これはさすがにそうホイホイと計測出来るモノではなさそうですし。
電気世界における電流は電圧(これまた異なる物質間に生じる電位差では無いらしい)を元に算出しているんでしたっけ?
と言うわけで・・真の実効値っぽいモノはランタイム計測でほぼ明らかになると思いますが、これのカラクリについては電気世界に明るい方にお任せしたいと思います。(投げまくり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
Light-Reviews.comさんのところはサイトの見た目が整然としているのでデータの中身まで信用度が高く見えちゃいます、
マスコミの報道さえ疑ってかかる私のような人間なら良いのですが人の話を素直に信じてしまう人にはかなり危険ですね(^_^;)

たとえばそこに書いているAAライトと2AAライトのランタイムを時系列でチェックしていくと日が経つにつれメーカー公称値と実測値がだんだんかけ離れていってメーカー公称値よりも短くなり、ある日突然ポンっっとまたメーカー公称値に近づきます。

過放電や大電流放電などランタイム測定は電池にかなり負担をかけるので電池が劣化していっているのでは無いかと思うのですが、その辺には何も触れないんですよね。

それを見て私は他山の石とせずNi-MH充電池の放電容量を計ることが出来る充電器を買ってしまったわけですが(^_^;)
takebeat
2009/01/12 08:57
そうそう、
話は戻って、MC-EやSSC P7を搭載したライトが増えてくるとロングレンジ系のCREE1灯ライトの立ち位置がかなり難しくなっている気がします。

先日MTEにC2-1を注文したらM6-1というライトが送られてきました、新製品のサンプルを送ってくるなんてとても珍しいのでこれは売れ行きがいまいちで困っているのかな?なんて勘ぐってみたり・・・

このM6-1は最近雨後の竹の子のように増えたRaidfire Spearのクローンの亜流でKD RQより更にリフが深くなっていてスポットが小さくシャープにそしてその分中心照度が上がっています。
作り自体も通常のMTEのレベルをかなり上回っているのです。

あとロングレンジ系に足りないのは大光量系に負けないメリットを探してアピールすること?
takebeat
2009/01/12 08:58
まあ信じる者は救われるとも言いますので、あまり宗教みたいに他者を巻き込まないでくれれば、それはそれでひとつの幸せの在り方なのだと思います。
ほらメーカー公称値すらアテにはしない私ですらバイオ信者ですから〜

それはともかくSpearクローン・・の更に亜流って事は独自性が加えられている、パチ+自らも考えたモノって事なのでその点は評価して良いと思います。
一応私自身は丸っとクローンについてはオリジナルに敬意を払って手を出しませんが、マネされると言う事はそれだけ元の設計が優れていたと言う証明でもあると考えています。
更に始祖にはROFさんのR2xプロトがあるわけですけど、量産ベースにはメジャーであると同時に加工プロセスが少なくて済むSpearの方が向くのかも知れません。
いや、むしろ私なぞはマネされたいくらいなんですが・・基本的にセコいとかズルいとかショボネタばかりだからなあ。。
monozof
2009/01/12 12:45
ほうほう流石、首下に30mmバルカンを装備
しているだけ・・・(違)
なんつ〜か。微妙に不思議なライトではあり
ますよね。A10。ACEのほうはなんとなく理解
できるんですが、なぜに兄弟機的にXR-Eで?

測定データにも「?」が付きまといますね。
実はコンバータがトンデモな奴、って可能性
も否定できないのかなぁ・・・

とか色々と考えつつ・・・興味は多少ありつつ
この大きさでとりあえず「ナシ」な私。
とかいいつつ次の生贄はCセル3本だったり(黒)
リオ
2009/01/12 20:36
ACE君もマルチチップにしてはなんだか結構良さ気なのでポチりそうな誘惑と戦っております。
でも間に合わせのエクステはかっちょ悪いかな?
DBSみたいに具だけ売ってくれんかな〜。

3Cってえと、もしかして恒例マグマ釣り開催?

こちらはとりあえず巨像に合わせて愉快なヤツらの方を揃えてるとこなのですが・・とっととXP-Eと光学系のチェックもしたいし、IMRレポも進めたいし、バイオ5も練習し・・え?それはいい?
monozof
2009/01/12 22:35
>>DBSみたいに具だけ売ってくれんかな〜。

・・ってCPF行ったらあったーっっ!

かんてらさん、かんてらさんACEモジュールもプリーズミー
monozof
2009/01/12 22:41
一瞬A10が1980円かと見間違い・・・
エクステもヨロイ竜の背中のようなイボイボブツブツなら18650×2で。
今日エヴァで18連、携帯買い換えるかACEにするか或いはHIDか、一人で悩んでみる。
0909
2009/01/12 23:08
いっそ18650x3の専用ボディ出してくれてもこのヘッドならバランス取れそうです。
なんだかナマコっぽくなりそうだけど・・貧弱なエクステよりは良いかも。

おお!アタリ台引けたんですね。
それはもうバイオ5に向けてXBOX360(・・は無い)
monozof
2009/01/13 00:13
最後の方の電流値の値興味深いですね〜

測定してるデジタルマルチの電流測定機能って
積分して実行値表示してるんですかね?

テスタの表示は電流の波高値で
降圧時はスイッチングしてるだろうから
1セルよりも2セルの時の方が電流が流れてる
時間が短くて波高値が大きく表示されるってのなら
理にかなってる気がしますが・・・
jun
URL
2009/01/13 17:43
junさんいっらしゃいませ〜。
おおっデジタルオシロじゃないですか!
って私は波形を見ても何が何やらな電気さっぱり人間なのですがご意見とても参考になります。
やはりこれは(安い)テスターにより見かけ上は電流が多く流れてるように表示されるとかでしょうか?

そうそう、うっかり撮影時のAW16340x2の電圧を測り損ねていましたが、他はこんな感じになりました。

18650x1の4.1V+α時は約1.4A
18650x2の8.21Vでは約4A〜3.6A
IMR16340x2の8.31Vでは約3.35A
消耗したAW16340x2の7.76Vでは1.1A

・・と、こんな感じに表示されました。

今日はわからないなりに一応ナショナルセミコンさんとこのアプリケーションノート(URL)とか眺めていたんですが・・・さっぱりでした。。
monozof
URL
2009/01/13 21:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ネット通販:Tiablo A10 R2 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる