monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造覚書:AX-SDJ013

<<   作成日時 : 2008/11/19 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ここしばらく今の市販2AAライトを各所のレビューなどを参考に考えていました。
まずは現在もっともハイパワーでかつ実戦的(実際的)な2AAライトはどれだろう?と。

私の考える実際的な運用においては操作はシンプルである程好ましい。
チョン押しによる多彩なモード切替など邪魔なだけである。
Hi/Low2段切り替えがあれば良い。

またクリップは必須である。
両手がふさがって、更に口は叫ぶから使えない。
そんな時に寸の間でも留めておけると有難い。

ボディ形状には抑揚が必要である。
ひっかかり難く滑りにくい加工はもちろんの事、手探りでも前後の判別が容易である必要がる。

パワーは多ければ多い程良い。
と言ってもいずれにしろ2AAである以上長時間は望めない。
フルで30分照度維持出来るなら問題なし・・とする。

その結果最終的にOLIGHT T25とEagkeTac P10A2の2本が残りました。
もちろんNiteCore D20やJETBeam JET1Pro EX Ver.2も装備としてはタクティカルなのですが、方向性はもう少しインテリジェントでエレガントに振られているように感じられたからです。

そして、もう一点全くそれら既知の2AAライトの常識を持たないのがFENIXのTK20。
これは確かに単三型電池を2本使うが、それ以外は全く異質の存在に思えました。
故にそのポテンシャルは全くの未知数。

携帯に便利なスリムなペンタイプと言う特質を捨てた2AAライト。
しかしそれにより多くの束縛からは解き放たれたと思われます。
それがはたして新たなる2AAライトの夜明けとなるのか?興味あるところですが・・・。

後はユーザーさん達よろしくね♪



と、丸投げしたところで・・・とりあえずこっちは中華なP2搭載機を弄っていきましょう。
まずはLEDを換えたらどうなるか?
おそらくP2からP4に換えただけでも明るくなったと感じられると思います。
一気にR2に換えれば更に明確に照度アップを実感出来る事でしょう。

が・・・野外では白い光なぞクソの役にも立たない。
いや、もちろんクソだって肥料として役に立つし、投げつければ武器にもなる?
って、そう言う事ではなく・・より実際的な2AAライトを目指すべくこのところ一番のお気に入りCREE Q3 3AのNeutral Whiteを搭載する事にしました。

その前にまず何よりこのライトってバラせるのだろうか?
ネック部分は接着されてるようだけど、キャニスターだけでも取り出せれば・・・。
画像
これは配線の出ている穴に百均先細プライヤーをつっ込んで回せばOKでした。

しかし、本当にこのメーカーはアルミの加工は必要最低限しかやりたくないみたい。
画像
めっちゃ単純な形状のキャニスターに雑然と空けられた穴・・だけどそれでちゃんと事足りているところが憎らしい。

次に換装用のQ3 3Aをどれから取るか?でちょっと思案。
画像
20mmスター基板の方は元のP2より分厚く、C6に入れていた16mmサークル基板の方は逆に薄いんですが、どちらが高さが合うだろうか?と言う事。

まずは薄いサークル基板をキャニスターのネジで高さ調整して確認してみたところ、それだと結構かさ上げの必要がありそうって事で、厚めのスター基板の方に決定。
画像
元の基板は力づくではめ込む事で固定されていたみたいですが、私は力には自身が無いのでキャニスターに収まりようヤスリで縁を丸めて搭載しました。

それではどれくらい明るくなったか早速比較してみたいと思いますが、比較対照として同じ2AAのL2D CEを用意・・と言うかそれくらいしか持ってないんですけどね。
画像
デカ目ヘッドのAX-SDJ013はリフ径も一般的な2AAライトより大きめになっていますが、その効果も確認したいところ。

まずはいつもの1mでF2.6の比較から。
画像
いずれも中心は白飛びしちゃって何が何やらですが、今度は狭いながらも周辺光も明るくなっているようです。
面白いのはP2よりスポットのサイズが広がった事でしょうか。
これは肉眼だとより明確に判るのですが、どうもダイサイズの小さいP2の方が点光源に近いおかげで集光率は良いみたいでした。
やあtakebeatさんの言った通りでした。

とは言え、さすがにアタリのQ3と2AAにしては大径スムースリフの組み合わせだけあってL2D CEよりも格段に強力なスポットを作り出してくれました。

が・・・実はそれもS.T.F R2などと比べるとまだまだって感じ。。
画像
もちろんTL-404と比べるなど百万年は早そうです。。。...

でもまあ、まずはこんなところでしょうか。
光色もいくらかマシになったし照度もL2D CEとほぼ同等の100トーチルーメンまで向上しました。
ええQ3でP4のL2D CEと同等と言う事は、それだけ電流は控えめだったんですね。
測ってみたらエネループだとHiで450mA、Lowで150mA流れていました。
アルカリの初期で500mA位の設定とも考えられますが、これはまさしく2AAライトにおいてはベストなセッティングだと思います。
どうも2AAは電源的にはCR123の1セルに近いものがあるようですね。
一応ランタイムや温度についてもすでにデータは取ってあるのですが、そちらはまた別の機会に。

それと前回書き忘れましたが点灯パターンはHi>Low>スローストロボ>ファーストストロボとなっています。
本当は実際の運用ではストロボは邪魔くさいだけなのですが、回路による2段階照度切り替えなのでよしとします。
理想は通常HiとLowの2段階だけが好ましい、と考えています。
でもってNiteCore D-Iみたいに必要に応じてストロボや照度調整のモードに瞬時に切り替えられるってのがベストでしょうか。
いやベストなんてのは常に変化するモノ。
まだまだ未知の新しい方法もあるのかも?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ああ、よかった! 生きてましたね
最近、更新が止まっていたので、もしや
中枢部血管とかが・・・とか、ちょっと
心配しておりましたです。

旅から帰って来ない、ととか。
萌えネットゲーに陥落とか。
いやいやいや。。。

2AAですか・・・TK20にQ3 3Aに一票〜♪
とかいっておいて最近はRCRが安心して使える
ライトが主力になってますが。。。
リオ
2008/11/19 18:33
実は6週ほどクリアして売った忍道・戒をまた買い直してやっていたところ、私自身が調合のやり方を忘れてしまっていたけど魂の欠片は何処に?

・・・と言うオチは置いといて、しばらくROMって客観的に眺めてみたところ更新ペースはやはり週1、2程度にした方が全体的に流れが良さそうに感じられました。
って、いきなり連日連投しちゃってますが・・・次回はまた来週って事で。

しかしさすがにいきなりTK20をバラすのは自信が無いので、まずAX-SDJ013でどこまで行けるか試してみたいと思います。
いや新しいアレとか噂のコレとかも試してみたいのでまたライト本体買う余裕がないかも。。
monozof
2008/11/19 20:43
考えてみると、うちも2AAライトって少ないんですよ。
え〜と
ミニマグが1本と・・・
・・・
って、そんだけ?!
cinq
2008/11/20 08:15
やはり2AAと言えばミニマグですよね。
うちにもフィラ、Terra、LEDの3兄弟が居ますが基本的には皆おとなしい実用的な奴らです。
今みたいにハイパワー系2AAモデルが出揃ったのってごく最近なんですもんね。
それ故にまだ未知の可能性は十分ある・・かも。
monozof
2008/11/20 21:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改造覚書:AX-SDJ013 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる