monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 2AAライト考:Aoxiang AX-SDJ013

<<   作成日時 : 2008/11/18 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ふむ、やはりこれは全くもって歯が立たないと言って良さそうだ。
なんだかんだ言ってもTL-404ってば真のチープキングなのだなあ。

・・と言うのを再認識するための照射画像で、ターゲット付近だけを切り出したものです。
画像
これは上段がウェットコンディションで下段がドライコンディションとなっています。
ドライならS.T.FもTL-404に負けないスポット部の明るさ感があるのだけど、この距離でこの状態ではさすがにLEDには分が悪い。
ちなみに下段のTL-404は思い切りバルブの芯がずれてる上に充電してなかったので本来の明るさとなっていませんが参考までに。
が・・それでも普通のライトでは到底太刀打ち出来そうにないかも。
何しろ満充電なら約400トーチルーメンの明るさで、100m級の遠射能力を持つライトですからねえ。
これがホムセンで2000円程度で売られていて、かつ充電式だからランニングコストもほぼゼロと来たもんだ。

そして、そんなライトの代わりが欲しいと言う相談を受けました。
何故かってえとやはり少々大きくて重いからだそうな。

それはつまり・・・TL-404より軽くコンパクトでこの10WHID級の明るさと遠射能力を持つライトと言う事か。

加えて問題なのは・・・モノにはお金はかけない人だから、予算はたぶん倍の5千円くらい迄と思われる事。
と言うか、そもそも普通の人は一万円以上もする懐中電灯がこの世に存在するとは夢想だにしないらしい。

かと言って通常の多チップ、多灯では明るさは足りても遠射能力が不足する。
おそらくWF-500の12V駆動でも足りないだろうなあ・・・。
LEDでもL500RかSuperStorm位になれば距離も稼げそうだけど・・予算の10倍では何とも。

まあこれは端から無理な話だと切り捨てましたが、実際その用途ではTL-404でもギリギリなのかも知れない。
実はこれは冬場のエゾシカ猟に携行するライトの話で、森の中の暗がりを照らすのに使うのだそうです。
なんでも日中でもあまり光が届かない場所があるそうで、そんな茂みの暗がりを何やら蠢くモノが居た場合の確認用だとか。
鹿か?人か?熊か?で対処を変えねば・・えらいこっちゃなのでしょうね。

やはり現時点ではそうした用途にはフィラメントの光がもっとも有効であり、いささか大きくて重いかも知れないけれどTL-404のコストパフォーマンスに敵うライトは他に無いと思われます。


しかし・・・我ながら情けない話だなあ。
多少は人よりライトを知ったつもりでいたけど、たかだか2千円程度のライトの代わりも用意出来ないとは・・。。


とまあ、そんなムチャな案件に枕を涙で濡らした二週間(嘘)。
そっちはまあサクっと忘れて、その前から予定していた2AAライト見直し小作戦の実行に移りたいと思います。
いや、その大作戦と言うには2AAライトってあまり持ってないんですよね。
でも今たぶん2AAライトが熱い・・・気がする。
電気的にもCR123ライトの次はやっぱり2AAですよね?

それはそれとして・・・困ったな。
私ってば最新の2AAライトどころかL2D CE(P4)とミニマグくらいしか持ってないぞ。
あとは具を抜いたパトプロがどこかにあったよーな・・・。

・・・やっぱ極小作戦に変更しようかな。

とションボリしていたところに偶然にもこの2AAライトを頂いてビックリ。
画像
それがタイトルにあるNinghai Aoxiang Electric Plastic Co., Ltd製2AAライト。
Mini Flashlight:AX-SDJ013-3Wでした。

いわゆるオクで3W Handy Lightとして出品されているものですね。
画像
こんな感じで2AAライトとしてはちょっと大きめのボディをしています。
ヘッド径はパトプロよりも更に太い29mmで全長は少し短い158mmでした。

またベゼルとリフはプラ製なのですが、これは製造元の得意分野らしく実にきっちりかっちりとした造りとなっています。
画像
レンズも嵌め殺しではなく、ちゃんとOリングも入っていてヘタなホムセンライトよりもしっかりしていている様子。
(最近そんなハズレライトをうっかり買ってしまったってのは内緒)

とは言え、そもそもが安価で提供されるモデルらしく切削も最低限で済ませるべく簡素な造形と仕上げになっています。
画像
が・・さすがにこれで最初から3千円台の価格設定はいささか無理があるかも。

まあ確かにDXの中華なんかよりよほど丁寧な造りではあるけど、メーカーによるとこれのエミッターはCREE P2なんですね。
画像
初めて見たのでわかりませんが、これがXR-Cと言うやつなのかしらん?
ダイが2列で1列のサイズも少し小さいのが比較画像で判りますでしょうか。

メーカーではP2搭載で62-100ルーメンとなっていますが、実測値でも大体60トーチルーメン出ていました。
画像
こう書くとなんだか暗そうに思われるかも知れませんが・・これが意外と明るくてびっくり。

2AAライトとしてはやや大径の20mmのスムースリフの効果か、周辺光は少ないけどスポット部ではL2DどころかiTP C9以上でした。
画像
やあ、こんなサイズのリフでも結構集光出来るものなんだなあ・・と関心したので一番最初の比較画像にも加えてみたと言うわけです。
って・・さすがに他のライトがあのラインナップでは無理がありましたけど・・考えているカタチには近いモノがあるかも。

実はイルミナムさんの3Dモデリンングに刺激されて・・と言ってもメタセコしかモデラーが無いのでかなり大雑把ですが、私なりに理想の2AAライトの構成をバーチャルで考えていました。
画像
と言うのもここ一月ほど2AAライトについてあれこれ調べていて、どうも最新のハイパワーなモデルであっても携帯に便利なスリムタイプしか存在しないように思われたからです。
では実際にフルサイズのタクティカルな2AAライトってのは無いのだろうか?・・と、探したところ比較的それに近かったのはFENIXのTK20くらいでした。

そこで妄想開始となったわけですが・・・なんだかシュアとストリームライトを足して2で割ったみたいな感じでいまいち。。

やはりたいして制動効果の無い六角アンチローリングベゼルは省くべきか?
クリップは必須なのだけど、どんなカタチが良いか?
フィン厚1mmで深さ2mmは強度的に大丈夫じゃろか?

などなどあれこれ妄想するのはなかなか楽しいス。

いやTK20を改造した方が早いような気もするけど・・バラせなかったら終了するので、とりあえず様子見を。
てかいっそFENIXで出してくれないかしらん?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。へえ〜こんなメーカーもあったんだ。プラパーツが多いのも会社名に入ってる・・・
P2をR2に換装しても良いかも。暖色系で。
0909
2008/11/19 00:22
おはようございます。
プラ製がメインでいかにも中華なラインナップですが種類も豊富で驚きました。

そうそう本当はXR-E R2の5A色とかあれば最高なんですが・・今のところLED-ONさんで売ってるMC-Eの4Aが市販では最強かも。だけど多チップは光学系が・・でループ。。
monozof
2008/11/19 08:44
XR-C?も銀栗になったんですね
こいつの黄栗P4ライトがありますがXR-Eよりスポットがシャープでこれはこれで捨てがたいものがあります。
このチップでQ5になったら面白いんですけど・・・
takebeat
2008/11/19 15:17
はい、私もちっちゃいダイの効果を確認しました!の記事をアップしました。
考えてみたらP2と言ってもチップ面積あたりの効率ではXR-EのP4以上になりそうな気も。
これはもしかしてXPシリーズにも期待が持てるかしらん?
monozof
2008/11/19 17:50
なんかコメント入れる順番が逆に。。。

TL-404は「少々」大きくて重い、ぢゃない
でしょう、と(笑)。
いやそもそも"404"って数字が嫌だし(笑)。
あれ、バイク用のMFにバッテリー換装したら
幾分マシになるのかな〜? バルブも小型の
にして・・・って、昔のNSR250Rのライトに
MFバッテリー直結みたいなライトに orz
道具としてはアリでしょうけど、趣味の域
になると「明るくてもイラネ!」ですよね。
・・・待てよ、でも少し面白そうかも。。。
リオ
2008/11/20 12:46
そうなんですが、以前にストラップで斜めがけして山林照射に持って行った時は意外と携行もいけそうな感じでした。

で、どうせなら更に超ド級フラグシップHL-197もいっぺん見てみたい気もします。

が・・・さすがにあれは携行したくありません。
monozof
2008/11/20 22:05
HL-197・・・1000万カンデラ・・・
H4型バルブが使えるそうなので、オートバックスで光色もある程度選べると言うことですね。
404サイズで3〜5kでソーラー充電機能搭載なら私は飛びつきます。
一時ヤフオクにも出ていた目玉焼きが作れるマグライト(改)が昨晩関西ローカルの朝日系で放送されてました。本当に10分ぐらいで目玉焼きが出来てましたが、はたしてどんな状況で使うんだ?山で遭難しても生卵はもってるぜ!なやつがいるのか?
0909
2008/11/21 00:12
HL-197は12V7Aのシールドバッテリーが約3Kgで総重量の2/3を占めていて、ランタイムは100Wで50分となっている。4.5AのMFバッテリーなら重量1.6Kgと大幅に軽量化出来てランタイムも30分はいけそうか?

・・とも思ったんですが、バッテリーだけで実売17K位するのねん。。
monozof
URL
2008/11/21 08:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2AAライト考:Aoxiang AX-SDJ013 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる