monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 解体覚書:KD Buckle Tough Flashlight

<<   作成日時 : 2008/11/01 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

ヒトは心と身体で出来ている。
って事は・・ヒトの半分は心で出来ています・・とも言えるのか。

こりゃあ厄介だ。
身体のメンテやチューニングの方法は色々あるが・・心ってどうすりゃ良いのか?

手っ取り早いのはまあ「カミサマノイウトオリ法」だけど・・あれは良く誤用されるからなあ。
とりあえず何か自分の好きなモノを見つける・・その程度なら何とか出来そうだ。
モノってのは物質だけではなくて行為も含む。
いや、そもそも物質なんてのは行為のための前提でしかない。
手に入れて眺めたり触ったり○○したりして、それを嬉しいと思えねば意味が無いのだろうな。
そして最終的にそれを決めるのは・・・また心なのね。

こりゃあ厄介だ・・。

ちゅーわけで・・・ポチっとな。(え?




で・・いきなり”だったモノ”状態の画像からですが、別に何か嫌な事があったわけではありません。
画像
言うなれば・・創造は破壊から・・これも不穏当だな。
実は単にKaidomainに行ったらセカンドロットがフルに出揃っていて、もういつでもホニャララしても代わりは居るもの状態になったのでバラさせて頂きました。
が、どうやらブラックフィニッシュ共に電池長持ちなハーフ出力バージョンもちゃんとあるみたいで、そっち方向の改造はする必要が無くなったみたい。。

でもせっかくバラしたので見てみましょう・・すみません、見て行ってください。
ええ、今回ちょっとテンションが変ですが気にしないように。
まずは回路基板を取り出さなくちゃいけないのですが、ヘッド内に直付けなのでちと苦労しました。

ヘッドと基板の隙間のエポキシをカリカリ削いではイソプロピルもピチョピチョってのを繰り返す事30分。

カリカリ・・ぴちょぴちょ。

カリカリカリ・・・ぴちょぴちょぴちょ。

ク・・・クキ?


クキクキクキクキ・・・ぐりゅう。
画像
・・と、なんとか具を拝む事が出来ました。

でもなんかまだ中で引っかかってるっぽいなあ、と思ったら・・・。
画像
奥まで白いモノが詰まってました。
まあ単なるシリコンなんですが、たぶん熱対策の為と同時に回路が奥に入らないよう高さ調節にもなっていたのかも。

そんなこんなで疲れて来たのでCREE裏面端子に直にハンダ付けされてた配線は、面倒くさくなってちょん切って分離しました。
画像
こちらもたっぷりのシリコンで貼り付けられており、回路同様クッションを兼ねた高さ調整になっていた感じ。

取り出した具はこんな感じで中華に良くある構成の昇圧回路・・だよね?
画像
それでもグリーンレジストも含め中華にしては品質が良いように感じました。

基板サイズは12.5mm位、あるいは1/2インチ?と右側のサンドイッチ屋さんの回路よりちょびっと小さめ。
画像
でもR300の検出用抵抗は3216サイズでホっとしました。
ちなみにヘッド内径は約14mmあり、そのままだと隙間が出来てしまうのでエポキシで埋めた・・のかな?

それではとサンドイッチコンも入るか試してみたのですが・・・もうちょいって感じでした。
画像
こちらは0.55インチなので内径とはちょうどのサイズではあるんですよね。
少し削れば入るかも・・・って、BADBOYなんて持ってたの忘れてました。これ何mA仕様だ?

まあこの回路も含め後日測定してみて新たな構成を考えてみたいと思います。
画像
うんレンズもこのサイズで1mm厚だと結構マッチョに見えますね。

さて、どう言う仕様にするか、あるいは・・元に戻せるのか?(知らん)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
コンバータをBBに、という時点で理解!
「小さなMC-Eライト」を作るのですね。
わかります。
あ、バッテリーがダメか。。。
リオ
2008/11/01 08:47
おはようございます。
それ良いな!と、思ったんですが・・・このBBだいぶ以前に死んで放置してあったやつでした。。

仕方ないので元の回路を、まず古い配線外してハンダを引き直し・・・。

ポロリ

あ・・コンデンサーがどっか飛んでいったーヨ?

ふ・・フハハ八八・・・
monozof
2008/11/01 09:23
ほほぉ
KaiのバックルライトにMC-E…なるほど、さすが目の付け所がmonozofさん。

>リオさん
Li-ion10440という手がw
cinq
2008/11/01 12:14
代わりのコンが出て来なーい♪
いえ、ある事は分っているのですが、仕舞った場所を忘れました。。

MC-Eの方は実はまだC2に入れっぱなしで、光学系が何とかなる?のを待っています。

そうそう10440はまさにこのボディでこそ活かせるんじゃないかと考えています。

が・・その前にコン探さなくちゃ。
monozof
2008/11/01 18:00
60ルーメン出力モデル届きました!
現在ランタイム計測中で点灯開始から1時間20分が経ちますが点灯直後からの照度変化が1Lux以内と無茶苦茶フラットな明るさを維持しています!
照度を抑えた省エネモードがCREEにはぴったりなのでは(^_^;)
takebeat
2008/11/17 00:20
訂正、35ルーメンモデルでした(^_^;)
takebeat
2008/11/17 01:20
アルカリで公称100分のXRT版の方ですね。
それを更に一日10分とか間欠で使ったらどれだけ長持ちするのか・・誰か試してみてくれないかしらん(他力)。
しかし出力についてはもうフルにラインナップ揃えてくれてるので、あえて弄るところは無さそうですか。

しいて言えば光学系をと思ったのですが・・レンズどこかにすっ飛ばして行方不明に。。
あれ14mm径の1.5mm厚のだったのかな?
monozof
2008/11/17 20:33
落とした部品は他の用事のときに見つかるってマーフィーの法則ですね(^_^;)

手元のやつを分解して計ってみると直径14mm厚さ1.5mmですね。
takebeat
2008/11/20 10:43
そして必ず「え?なんで?」って場所で見つかる。

やっぱり1.5mm厚でしたか。ありがとうございます。
確かレンズ単体もあったな・・って昨日ポチしたばっかでKaiからもう発送メールがっっ?
monozof
2008/11/20 21:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
解体覚書:KD Buckle Tough Flashlight monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる