monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造覚書:8W Mini+6W Mini = ?

<<   作成日時 : 2008/10/16 18:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

さて取り寄せたは良いもののMC-Eとはリフ合わず、MTEのリフは入らずでどうしたものかいな?な8W Mini 。
かと言ってそのままCREEライトとして使うには・・回路は無く、ベゼルは歪み、ヘッドとボディは接着され、テールはきっちり入らずOリングが覗いてる・・と言うどうにもこうにもな有様。

まずは一度まともなCREEライトにしてみよう、話はそれからだ・・・と考えた次第です。

で・・・えー覚えておいででしょうか?
昨年末の2007年度ライト破壊大賞にエントリーさせて頂きましたMINI 6W Flashlight・・・の炙り焼き。。
画像
案の定ボディから下は8W Miniと共通仕様となっていました。

ええ、オブジェと化したMINI 6Wから使えそうなものをぶん取ろうと言うわけです。

MINI 6Wのスイッチも同じく抵抗による2段階切り替えでした。
画像
抵抗値はMINI 6Wの方が青・橙・金・金の6.3Ωで、8W Miniの方は青・灰・黒・銀・赤の6.8Ωと似たり寄ったり。

一方で違いはと言うとテールキャップの径とそれに伴うテールエンドの開口部の径で、MINI 6Wの方が小径タイプとなっていました。
画像
総じてMINI 6Wの方がマシな造りなのですが、スプリングは8W Miniの金色の方が気分的に良さ気でしょうか。

また若干ですがMINI 6Wの方が基板が薄くテールエンド内部の形状とも相まって、より奥までスイッチユニットが収まるようです。
画像
これによりMINI 6Wの方なら深くボディにねじ込めて、2重Oリングの上だけチラ見せはなくなりそうです。

そもそもこのシリーズはD-miniからパクったからかどうか、防水については完璧と言えるくらいしっかりしした構造をしているんですよね。
画像
テールキャップもエンド部内径とぴったりサイズで底と接する面の縁には返し付き。
それを樹脂プレートで押さえてねじ込み式のアルミプレートで圧着させる構造となっています。
そしてボディ側には2重の太くしっかりしたOリングと言う万全さ。
またヘッド側もMINI 6Wを見ると判る通り、深い溝が切ってあり太めのOリングが装着されるようになっています。

この様に文句なしにしっかりした防水構造なわけなのですが・・・なんであんなに接着剤べっちょりで固定しちゃうのかしらん?。。
おるいはデッドコピーの繰り返しにより本来の意味など解らずただ似たように再現しているだけなのか・・・はたまた中国四千年の伝統なのか・・接着大好き将軍とかの勅令なのか・・謎です。

それはさておき今度はキャニスターの方を比べてみたいと思います。
画像
あ・・左右入れ替わっちゃいましたが、今度は向かって左が8W Miniで右がMINI 6Wです。
いやまあ、この辺はどっちもどっちな投げやりな構成なんですけどね。
MNI 6Wの方はセンターに穴が空けてありますが、8W Miniは空けようと思ったけどやっぱ止めたみたいな窪みだけ・・と、代を重ねる毎に劣化してゆくデッドコピー品らしい仕上がりとなっています。

せっかくなので8W Miniの方の制限抵抗も見てみましょう。
画像
熱収縮チューブをひん剥くと黒・赤・黄・銀・茶の0.24Ωの抵抗が出て来ました。
キャニスターもMINI 6Wの方が面取りしてあるなど若干仕上げがマシなので、そちらをぶん取らせて頂く事とします。


こんな感じでテールの方はスプリングだけ入れ替えてMINI 6Wのを装着、キャニスターは上面を綺麗に均してLEDにはMC-Eと一緒に取り寄せたVfの低いXR-EのR2 WHを使ってみる事とします。

が、回路は何か新規に用意しなくてはいけませんね。
これについてはCR123ライトならではの絡み合う要素についてちょっと考える必要がありそうです。

まずは自分的に”使えるライト”として組んでみたいと考えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こいつのLuxeonV版持っていますが、D-miniよりも登場は早かったはずですよ。
なのでD-miniからパクったなんてありえないです。
むしろ逆ではないかとw
構造はCREEのとほぼ同じです。
男らしく抵抗すらついていませんでしたwwwww
doc
2008/10/16 19:39
なんと新事実!もしかしてそれが始祖でしょうか?
あるいはMINI 6W系も含めて更に先祖が居るのか?ルーツを探ってみたい気もします。
個人的にはこのシリーズのボディはタフ&クールで素晴らしい構造だと思います。これなら接着剤なんて全く要らないのにねえ。
monozof
2008/10/16 20:31
おそらくヘッドの接着はリフのせいですね。
LuxeonVのはプラリフでヘッドも接着されていません。
当時Uランクが入っていて驚きました。
doc
2008/10/16 23:14
おお!TじゃなくUランクってとこにも匠と言うかホンモノっぽい匂いが。
とすると、やはりその辺の世代が元祖か原型に近いのかも知れませんね。
monozof
2008/10/16 23:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改造覚書:8W Mini+6W Mini = ? monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる