monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 中華ドングリ:iTP C9

<<   作成日時 : 2008/09/09 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

かんてら堂さんからドングリ・・じゃなくてiTPのC9Rが届きました。
何だかずいぶん久しぶりに普通のライトを買ったような気がします。
画像
って、箱に入ってると何じゃこりゃ?って感じですが、CR123サイズのライトです。5,280円+送料で合計5,780円也。
入金確認から到着までわずか一日、EXPACK500ならではでもありますが発送の早さにも関心させられました。

ちなみに末尾のRってのはレギュラータイプって事ですが、T=タクティカルタイプはC9には今のところ無いみたいですね。
画像
質素な感じの紙製パッケージには予備のOリングとテイルキャップ、取り扱い説明書(英文)、ギャランティカード(未記入)が付属で、ストラップは最初から本体に付けてありました。

サイズはノバ太よりちょっと長いですが、丸みを帯びた造形のおかげでそう嵩張る感じはありません。
とは言えFENIX P1DなどのEDCサイズほど小さくはなく、CR123Aライトとしてはフルサイズと言える大きさだと思います。
画像
ただボディ部分が短かいので、細いくびれにはむしろ力を入れにくく、確実にホールドするにはヘッド側で握る感じになります。
この点はまだ発売されていませんが、AA仕様のC7ではもう少し保持しやすくなる・・かな?
すぼまったテールのスイッチは意外に押しやすく、ほぼ面一なため不安定ながらキャンドル立ても可能でした。

このiTP社は中国・深川のブランドで、2007年に設立されたそうですが、最近また一気にブランドが増えた感じでちょっと迷ってしまいますね。
画像
メーカー的には私見ですが一応は暫定Aランクと言ったところでしょうか。
最近の新興メーカーはもうスペック的にも仕上げについても、いずれも文句無いレベルになって来ていると思います。
その分価格も上昇傾向にありますが、このC9は50ドル以下と昨今のモデルの中では控えめな価格設定と言えるかも。
ただ画像のようにネジ部はボディと基盤の2段導通の為か生アルミのままで、シュアやNovaTacのように硬化処理は施されていないようですので、定期的にアルミかすを取って新しいコンタクトグリスを引き直してあげる等メンテしてあげた方が良いかも知れません。

リフはOLightなどでも採用されているハーフテクスチャになっていてCREE特有のダークリングの発生を軽減させています。
画像
点灯パターンは締め込んだ状態で点灯>ストロボ>SOSへと切り替わります。
照度の設定方法はヘッドを少し緩めると無段階調光モードに移行。
点灯パターンで1サイクルあるいはスイッチ入り切り毎にMaxからMin、MinからMaxへ交互に明るさが変化するので任意の明るさでヘッドを締め込めば設定完了。
その際Max、Minに到達すると明滅して「端っこまで来たよ」と知らせてくれます。

それでは他のライトと比較・・・と言っても同クラスでは最近のライトを持っていないので適当に近い明るさのを組み合わせてみました。
画像
公称値は・・・とりあえず考えない事にして、肉眼では今時のCR123クラスらしくパターンも綺麗で十分に明るい方だと感じました。
(測定ではL2D CEのTurboと同程度と言ったところでしたが、まあ個体差もあると思います)

それはさておきリフのハーフテクスチャはちゃんと機能していて、スポット周辺にもほとんどダークリングは感じられませんでした。
スポット部、周辺光ともにフラットに均されていて全体的にペタっとした灯りと言う印象を受けます。
また一見C2以上にすんごいタイトスポットの様に見えますが、これは1mだからで2mに離れるともうC2よりもスポット部は大きくなります。
基本的にリフ近くで既に集光していてレンズ面から先は緩やかに広がるタイプです。
とは言えAAライトよりはタイトで7〜20m位の中距離で使いやすそうな配光に感じました。


・・・と、今回はこの辺まで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
iTP C9、面白そうに見てたのですが、
なんというかデザインにあまりにも
まとまり感がない気がして。。。
でもライトとしての機能の完成度
は高そうですね〜。お値段まで考え
たら、けっこういいかも。。。

さぁて次はmonozof連邦への・・・
リオ
2008/09/10 13:00
C6の方はKingPowerとどう違うんじゃ?って感じでしたが、C9は・・やっぱ変な形ですね。
でも決め手はやはり安かっ・・もとい無段階調光にありそうです。それとヘッド周りのリブがNiteCore EXTREMEより一本多い・・だったかな?

あやしげさんのとこの照射見て(しかもまだハーフパワーだ)・・亡命したくなりますた。。
monozof
2008/09/10 14:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中華ドングリ:iTP C9 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる