monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造覚書:ECONOMICO 1W

<<   作成日時 : 2008/09/24 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

そう言えば本当に1Wか確認するのを忘れていました。
画像
310mA・・ですので約1Wと言っても良いかな?

とりあえずは手っ取り早く本家Edison KLC8に換装してみたいと思います。
画像
ちなみに350mAで照度を測ってみたところ、元から付いていた白い方ので約46ルーメン、KLC8が約79ルーメンでしたので、これで約1.7倍明るくなる計算です。

それでは比べてみてみましょう。
画像
んげ!明るくなったけど・・気持ち悪さも倍増されたようです。

素のKLC8はこの豪快な色分離があるので光学系には気を使います。
とりあえず拡散用に窓の目隠しシートを被せて光色を混ぜてみました。
画像
はいKLC8も本来はこんな感じの柔らかめの白色なんですよね。
明るさについては一応P4レベルはあるのですが、さすがにCREE Q3(しかもアタリbin)と並べると差が目立ちます。
試しにまたトイレに付けてみたら、いくらかポツンとした寂しさは和らいだ感じでした。


だいぶマシにはなって来ましたが、なんとかもう少し明るくしたいなあ、と言うわけで・・結局こうなりました。
画像
かなーり前に取り寄せたLuxeon用の三つ目基盤です。
なかなか使いどころが無くて持っているの忘れてましたさ。

これにより3つのKLC8を直列駆動します。
要するに1W×3と言う構成なのですが・・無理やりだったせいか電流はたぶん全部でも900mA切ってると思います。。

またコリメーターは使えなくなりましたので、例によってサンドペーパーでフロスト処理したアクリル板をカットしてレンズもどきを作りました。
手前の小さくカットダウンしたコリは以前に実験的に作った物なのですが、ここでは単に基盤をヒートシンク底面に密着させるための押さえとして機能します。

組むとこんな感じになりました。
画像
ええ、見るからに光学系の効率悪そうですが・・とっても悪いです。

LED単体では3つで推定180ルーメン位になりそうなのですが・・実際はこんな程度。
画像
生のCREEの1Wとそう変わらない感じですね。

これを壁面に照射しますと・・こうなります。
画像
まあ広く拡散しているので肉眼ではそれほど暗くは感じないのですが、これでやっと落ち着いて用を足せるかな?と言った程度の明るさで、なんだか田舎のぼっとんトイレが思いおこされます。
とは言えデスクサイドに置いたりする分には結構明るく、小さめのデスクライトとかに使った方が合いそうでした。
ふむ、あえて刑事ドラマとかに出て来そうなブリキのシェードが付いた昔風の電気スタンドに入れるってのもオツかも知れません。

何はともあれLED照明・・・結構コストもかかるし大変そうだなあ、と思いました。
これがまともに部屋全体を明るく出来るだけの機器となると・・一般家庭への普及にはやはり時間がかかりそうかも。


*9/26追記
トイレトイレと書いても感じだけでは伝わりにくいので、実際にトイレで撮影してみました。
狭くて汚いけ点はご了承ください。
画像
って・・LEDの方が傾いちゃってますが。。
壁いっぱいに張り付いて撮ったもので液晶見えてませんでしたが、明るさ感はまあこんな感じです。

電球型蛍光灯は東芝のネオボールZEER12ELと言う12Wレフ付きのタイプでU字型の蛍光管が4本出ています。
画像
公称値は420lmで白熱電球なら60Wに相当するんですね。
そもそも半畳ほどのトイレには明る過ぎるのですが、たまたまこれが余っていたのでそのまま点けていました。

ふむ、LEDの方も光学系からまともに作れば8Wくらいあれば足りそうかも。
(ただし価格は2万オーバーしそうですが・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
早速3つ目ですか。3発だとリフ?部分が邪魔しているようですね。レンズ無しの方がいいのかも。
昨晩テレビで漁船の集魚ライトをLED化にして省エネ・・・ってのをやっていましたが、電球と同等以上の明るさと集魚力を得るには1隻で3千数百万円も掛るそうです。
まだまだ一般家庭で現状の明るさをLEDで補うのは難しいようですね。
0909
2008/09/25 00:10
おはようございます。
60W白熱球を100円、それに相当する12W電球型蛍光灯を1,000円とした場合、同じ明るさのLED電球はおそらく安くても国内メーカーで量産されたとしても5,000円以上にはなると思われます。たぶん最初は1万円を切れるかどうか・・かも。
この時点でコスト的には電球の実に50倍とLEDの自慢の寿命もそれでチャラになるわけですが・・実際はその前に回路の部品がダメになったり、多灯の内1灯の不良で全滅したりするので更にコスト高に。
と・・現状では普通に照明装置の光源として考えた場合LEDはダメダメと言わざるを得ません。
おそらく屋内照明では蛍光灯が屋外照明ではHIDがメインとなる事でしょう。

が・・LEDには他の光源より優れている点も多いのでそこを活かして行ってくれればなあ、と思っています。
monozof
2008/09/25 08:52
最近ビジネスホテルに泊まったときベットに備え付けの読書灯がLEDでした。
コリメータだったのでLuxeonかな?
読書灯であればスポット気味でも良いのでしょうが、室内の照明と考えるとやはり役不足ですね。
いや、OSTARとかP7多灯なら・・・って幾らになるんでしょw
cinq
2008/09/25 15:07
おお!それです。狭く限定された空間や機器に搭載ってのはLEDの独壇場とも言える用途だと思います。
そう言えばOSTARスタンドって既に作られてた方がいたような。

家庭用については100V/40mA駆動のSSC Acriche(URL)も気になるところではあります。
P7もハンディライトだとデカい、電源足りない、放熱追い付かないで微妙ですが・・価格はディストリビューターのAvnetでCランクでも約15ドルにまで下がって来ているので既にP4 x4よりも割安と言えますか。
monozof
URL
2008/09/25 16:47
>1隻で3千数百万円
私の住む県の議会で原油価格高騰を受け省エネ機材への転換を助成する補正予算案が提出された、と聞きましたが…これじゃ焼けLEDに水だ!

>OSTERスタンド
G3様です(URL)。
alaris540
URL
2008/09/26 00:33
漁船の集魚灯については実際はオキアミやプランクトンを集めてるんでしたっけ?またその効果はヒトの可視光線の強さとは必ずしも比例しないようなので上手く使えば数十分の一の電力で何とかなるかも・・ってのを今実験しているところのようでした。こうした特定波長による誘導効果ってのもLEDが得意とするところです・・が本格的実用化にはこちらもまだ時間がかかるものと思われます。

OSTARスタンド拝見しました〜。
そうそう、近接照明の場合あんな感じにマットなリフの方がグーなんですね。
いっそOSRAMで販売して欲しス。
monozof
2008/09/26 01:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改造覚書:ECONOMICO 1W monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる