monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS HW-7335Z Type F:エコECOアザラク?

<<   作成日時 : 2008/08/03 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今月も油が値上がり、ガソリン1L約190円に。
この勢いが続けば来春にはリッター300円とかになるのかしらん?
もちろん軽油、灯油も値上がりするでしょうし、物流に乗るありとあらゆるモノが値上がりする事が予想されます。
もう死ぬ気でエコらねばってレベル・・ではまだ無いですが、いよいよ本腰を入れる頃合なのかも知れません。

で、エコと言えば黒井ミサ・・じゃなくて、以前にちらと触れた省電力タイプのHDDに換装しました。
画像
日立 3.5インチHDD (500GB/S-ATA) HDP 725050GLA360:\6,647+送料\900+消費税\378=合計\7,925也。
ツクモ・インターネットショップにて購入・・は7/14で7/17着だったんですが、交換したのはつい先日です。
これに合わせ120GBのを2基と250GBを1基外したので現在4基(計1160GB)編成になっています。


えーと、それではまずは昨夜の測定結果から。
これは放熱用に1mm厚のアルミ板をくっつけたのは良いが、うっかり全閉状態にしてて空気の対流はダクトからのみでの場合になります。
画像
電源電圧によると思いますが、初期照度は少し下がって64.89トーチルーメンからの開始でした。
30分までの降下率が少ないのはそのせいかも知れませんが、巡航状態に入ってからの照度、トータル値は前回を越えていたので放熱板の効果はそれなりにあったのだと思います。


とは言え、アルミテープだけの7335ZFとの差は少ないのでインパクトに欠けますね。
画像
通常通り2段前傾させていなかったのが悔やまれますが、まあ背面についてはこの方法で正解だったようです。


とりあえず、ここまでの構造変更を記しておきます。
画像
まずSSCをリフローでマウントした銅基盤を一次伝達系とします。
次にそれを抑えているT字型のアルミ板が2次伝達系。
あ、真鍮板は単に高さ調整用なので2次に含まれます。
そこから手前に転がっている3次伝達系のアルミ板へは、絶縁を兼ねたシリコンラバーシートを介して熱を伝えています・・・が、最終的にはとっぱらってセラミックグリスにするかも。

この3次伝達系が内部と外部の熱交換を担うのですが、これは本来ABS製の裏蓋の一部になっています。
画像
画像だとわかりにくいですが、端面には傾斜が付けられており外側へは脱落しません。
裏蓋のネジを締めこむと内部の2次伝達系に押されて、裏蓋開口部に押し当てられるようになっています。
と言っても・・かなりテキトーに面合わせしただけなので、本来の防水性を持たせるにはスリットの残りを完全修復し、3次伝達系の隙間にもシリコンやブチルやエポキシなどを充填する必要があります。

まあそっちは今は急がないので気が向いた時にでも。
画像
とりあえずは台所用アルミテープでも貼っておきますか・・って、これじゃ逆戻りですね。


いや、実は1mm厚のアルミ板はトラスネジで留めていたのですが、考えてみたらネジ頭の高さ分アルミ板の厚み増やせるなあ、と気がつきました。
画像
そこで2mm厚のアルミ板に気持ちだけ溝を掘って平頭ネジで固定しました。
測定は今夜これからですが、背面からの熱伝導・・TypeFはこれをもって最終形とします。


で次は・・・再びAPEXに戻る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
HW-7335Z Type F:エコECOアザラク? monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる