monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS CREE Neutral White:中栗の色バランス

<<   作成日時 : 2008/08/20 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

かはっ・・やっちまったのよ。
画像




実はその・・・車を運転中に咥え煙草から燃えてる部分がポロリと胸ポケットにダイレクトインしました。

いやあ、何だか胸がポカポカする、今日は何か良い事でもあるかな?
と思ったら・・・ポケットがブスブス焦げていました。。

あっちぃぃぃっ!と思いつつ、運転しているので落ち着いて左手で穴から火種を摘出。
難燃性だけが取り柄のきちゃないフロアマットに破棄。
その後は路肩でゆっくり安全を確認して事なきを得ました。
危うくm(ry



と、相変わらずマヌケな日常を謳歌しつつ、中栗の扱いをどうしようか考えていました。
野外用、それも霧や雨と言った拡散する大気の中を突破し、照射対象に反射して戻って来た波長を視認するには赤色はともかく緑〜黄色・・いわゆる555nm近辺の波長が足りない。
600nmを超えた光は直進性こそ高いが、ヒトにはあまり明るく感じられないからだ。
これでは山(家の近所)では生き残れない・・。


それでは・・と屋内用途、いや同時に平時の屋外でも使える汎用光源としての可能性を探る事としました。
まずは前にやった演色性当てゲーム(パチ)のセットを再び使います。
ただし今回は肉眼でのイメージに近い写り方をする・・と言ってもかな〜りデジカメのクセがありますが・・太陽光の設定でホワイトバランスを固定してみました。
これでどれだけ特定の色に偏らないで見えるかが、ある程度判ります。
赤は鮮やかだけど青や緑がくすんで見えるとか、逆に緑はみずみずしいけど赤が沈み気味とかですね。
今回エントリーするのは以下の6光源。

・三波長蛍光灯:FML27EX-D(Ra84)
・CREE XR-E Q5 WC相当 Cool White
・CREE XR-E Q3 3A Neutral White
・CREE XR-E P4(初期型) WD相当 Cool White
・CREE XR-E P4 7A Warm White
・SUREFIRE P60 Xenon 6V フィラメント

基準用サンプルは前回の使いまわしで、レタッチで調整したとうもろ子です。
画像
これも完全とはいかないし、モニター&環境光でも変わりますのが、まあ参考程度に。

それでは、6光源まとめて一気にご覧ください、
画像
はい、蛍光灯はすでに結構ヤニ焼けしてるかも・・です。。
WC相当はまさに真っ白って感じで一般には受けが良さそうです。
WD(相当)が訂正されているのはかなり柔らかい感じで、今見るとWG扱いとなりそうな光色だったからです。
WarmWhiteとフィラは・・もう論外でしょうか。
もっとも肉眼で色を判別する目的には向かないのですが、こうした黄〜赤に強度が偏った光は悪天候時の突破力と同時に比視感度の高さから高い視認性が得られるので野外では心強いモノとなります。
また高速移動時などには視覚情報を簡略化してくれる事により・・と、こちらはまだ研究課題となっています。

さて肝心のNeutralはと言うと・・文字通り中庸と言うべき感じでしょうか。
白さ際立つ!でもないし赤が鮮烈!でもないけどソツが無い。
悪く言えば特徴が無い光とも言えます。
マニア好みのクールさも無いし、アウトドア派の相棒には心もとない。

が、このバランスの良さは武器にもなる、と考えました。

然るべき配光と然るべき場所が与えられれば・・ですが。



と言うわけで・・然るべきライトを何にしようか目下考え中。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。KE○Tの1mgはよく火種が落ちますね。灰を落とそうと人差し指でちょっと強めに叩くとすぐに落ちてしまいます。何度危険な目に遭ったやら。

Neutral Whiteは前にも書きましたが、服売り場や生鮮コーナーが似合うかも?
0909
2008/08/20 23:29
おはようございます。
なるほど各色がバランス良く見えて欲しい場所ですね。
生鮮には発熱の少なさでも有効そうです。更に遠赤外線カットフィルターも付ければ理想的かも。
一方でLEDゆえに懸念される点は励起用の波長が白物衣料に含まれる蛍光材にも作用して、より真っ白に見えてしまう事とかでしょうか。

私は太陽光のホワイトバランスがそのまま使えちゃうので、野外日中での補助光源ってのを考えていました。特に虫やら菌類と言った薄暗い環境に生息しているやつらを撮る接写用リングライトにはぴったりかも。

思えば突破用はDreeLightのQ2 5A仕様が先駆けだったんですね。ほとんどの人は綺麗な白のWCの方をありがたがっていたようですが、さすがは直進番長・・熱い漢だぜぇ。
てえ事はFENIXのもたぶん5Aで、更にアウトドアなボディでより用途を明確にしたって感じでしょうか。
monozof
2008/08/21 08:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CREE Neutral White:中栗の色バランス monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる