monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS PrincetonTec APEX:ちょっとだけ野外照射

<<   作成日時 : 2008/07/28 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

ウェブリグログで昨日から発生していた画像貼り付け機能に関する不具合はとりあえず解消されたようです。
画像リスト表示はあいかわらず一発目がエラーになりますが、画像貼り付けは以前よりサクサク行くようになりました。
何はともあれメンテの皆様お疲れ様でした。


えーと・・ではまずは途中までだった本体説明の続きから。
そうそう何気に私はこの部分も気に入りました。
画像
ええボタンのポチポチです。
普通はあまり気に留められる事さえ無いのかも知れませんが、こう言うのは私の好むところです。
それとローテーションに消灯が含まれない操作体系はたぶん賛否両論あると思います。
そうですね、例えば・・一瞬でも視界が途切れたら危険な状況・・とかでは、生死を分ける事になるのでアリかな、と考えられます。
まあ慣れるまではハイローハイローぐるぐるしちゃいそうですが、あるいはそれがいつか自分の命を救ってくれるかも知れませんので、とりあえず体に叩き込んでおこうと思います。

それともうひとつ、再びバッテリーケースなんですが・・ここ。
画像
真ん中辺りに穴が開けてあり、後ろから押し出す事で素早いイジェクトを可能にしています。
これがHWシリーズの場合はアルカリだとストーンと落っことしそうだし、ニッケル水素などちょっと太めだと引っかかって出て来ない事があるのでAPEXの方式は実にありがたく感じます。
が、その代わりキャップ自体は指かけも無いのでかなーり抜けにくいのがマイナス点。
ここも現時点では両者一長一短と言った感じです。

せっかくなので少しだけバラして構成を見てみましょう。
画像
ケーブルの付いているキャップ上面にはこのようにトルクスネジが使われていました。
私はたまたま合うサイズのドライバーを持っていましたが、最近はケータイ用に安く売ってるし、非推奨になりますがいざっとなったら六角レンチでも代用出来ます。

中は・・割とアバウトなのね。こんだけです。
画像
ネジには何の意味があるのかゴムパッキンみたいなのがくっついてました。
外す際にボロボロになりましたが・・シーリングでもなさそうだし、ネジロックにもなってないし意味不明です。
あるいは保証対象かどうかのチェック用にわざと崩れるモノとか詰め込んであったのかしらん?
どう考えても邪魔くさいだけなので、こいつは除去して後で本当にシールになるモノでも探してみたいと思います。

で、破損が心配なのはこの辺り(赤丸)でしょうか?
画像
ここは構造上かなりのトルクがかかるので、継ぎ足しで修復を図るよりバッテリーボックスごと交換した方が得策かも知れません。
もし改良するとしたら、交換が楽なダイヤル側の強度をあえて落とす・・って手もありますか。


てな感じで、ようやっと野外照射です。

メンバーはAPEXとHW-7335Zに加えSF-501とGTR-731N(暖色仕様)としました。
3W、1W、5W、0.5Wと言うラインナップでもありますね。

が・・・雨が予想より強くなって来るわ、ガスも濃くなって来るわで、ワケわからない画像に。
と言うわけで今回のはとりあえずコース見程度って事でご勘弁ください。
画像
途中で一度止めようかと退避したので位置がズレちゃってます。
実のところ肉眼ではどこを照らしているのかさえも良く分っていませんでした。
最後のSF-501がやたら明るく見えますが・・いや実際に5Wパワーで光のたっぷり感は一番なんですが・・これはガスが手前で反射している分が大きいかも。。
しかもぼちぼちデジカメのバッテリーもやばそう・・って予備電池忘れて来てるし・・・。

こりゃアカンと、ほうほうの体で帰路についたのですが、自宅近くまで来て雨も小降りになりました。
そこで冬季照射場の方で撮ってみたのがこれです。
画像
デジカメのバッテリーインジケータがピッコピッコ点滅するので、大急ぎで車内からパッパと持ち替えて撮影しました。
大体5mくらい先を照らしたつもりなのですが・・APEXだけ若干手前を照らし気味になっているよーな。
肉眼では濡れた路面のせいか0.5Wだけど暖色系のGTR-731Nが明るさ以上に路面が見やすかったのが印象に残っています。
が同時に移動時には(え?)やはり絶対的な光量不足を感じました。


まあ、その・・ここだけの話APEX、HW-7335Z、SF-501のいずれも、街灯の無い道路を50km/h位なら不安なく走れますぞよ。(こっそり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
分解、悪天の中照射比較などご苦労様ですm(_ _)m

>>50km/h
いやあ、健脚でいらっしゃる:P

APEX、というかハイパワーヘッデンは、ぶっちゃけ、お値段以上かなぁ?みたいな気がしてて(^^;
あまり興味のあるカテゴリーでは無かったんですが、、、

次にalaris540さんとご一緒出来たら、借りて少し行動させて頂きたいような気がします。てか、オフんトキ借りて試しゃ良かったと反省中。。。
川端
2008/07/29 08:29
おはようございます。
昨夜は雨中の撮影ご苦労様でした。
4者それぞれマッチするシーンが有るんでしょうね。
毎日自転車などで使うならAPEXか7335、雨中や雪上では731N、手持ちで使うなら・・・

ふと思ったんですが、電池の残量計はムリでも点灯スイッチに連動した使用時間計とか付けて欲しいですね。
連続で何時間も(バッテリーが切れるまで)使うなら別ですが、散歩等に使用する場合今入ってる電池で何時間使ったかが一目で判るカウンターが付いていれば、途中での電池切れも想像し易いかと。Hi-0.8h Lo-1.5hとか。
今のデジタル時計なんか消費電力も少ないし可能にも思えるんですが。
0909
2008/07/29 08:45
おはようでござる・・。
けふは、快晴・・あれ?変換が。。

川端様>
はい某、夜は四つ足でございますゆえ・・(都市伝説?

何かに追われ山道を転がるように逃げ帰る・・とかの状況ではハイパワーヘッデンは頼もしく思え(くわいだん?

ぜひ次回は”ドキ!ヘッデンだらけの照射大会”とか・・って最後はバラエティですか?

0909さん>
良いですねそれ!ソニーのインフォリチウムとかノートパソコンみたいな感じでしょうか。
あるいはアルカリ・マンガン・ニッカド・ニッスイ・リチウムと容量が違うから時間だけ表示の方が良いのかな?で、電池ボックス開けたらリセット・・みたいな。

そう言えばAPEXには緑、黄、赤と変わり残量確認出来るのLEDが付いているんですが、これってEX-737NXの認識灯同様にピッコン・・ピッコンと常時点滅しているんですね。ちょっとびっくり。
monozof
2008/07/29 11:51
>ボタンのポチポチ
アチラでも書きましたがウィンターグラブの上からですと狙いを外すことがあり、クリック間が不明瞭ですので点けようとしたつもりでなかなか点かず(あるいはその逆)慌てることがしばしば。

>素早いイジェクト
超重要ポイント!これなくしてeneloopのローテーションなど鬱陶しくてやってられなくなります。

>かなーり抜けにくい
バンド(私の場合改造したベルクロ)ごと引っ張ってます。

>赤丸
ハイ、まさにココを壊しました。

>50km/h位なら不安なく
monozof様、もっと明るくしたいんですけど…。

>オフんトキ借りて試しゃ良かった
あッ、森のプ〜さん様邸に置きっぱなしでした(-_-)ゞ

>残量計
電池が消耗してレギュレーターが効かなくなりますと点滅で知らせるところはQUADと一緒、ただしAPEXの場合は実質Empty、出力がガクッと落ちます。バッテリーインジケーターは最後にスイッチを操作してから24時間作動します、生体反応みたいでしょ。
alaris540
URL
2008/07/30 23:38
実を言うと真っ暗闇の中で装着しようとしたら、上下左右が分りにくかったです・・って私だけ?

残量表示はバラしてみたら緑と赤の2chipのLEDが入ってました。
電圧は1本1.2Vを切るのを集めて試してみたら4.6V近辺で赤に切り替わるっぽいです。が、黄色(両点滅)は出せませんでした。てか本当は黄色は無かったのかな?

明るさは電源的にも公道マナー的にも、補助としては今くらいで、林道とか悪天候の時にだけフル(倍)パワーってのが良さそうかも。
monozof
2008/07/31 04:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
PrincetonTec APEX:ちょっとだけ野外照射 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる