monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS HW-733R:燃え氏にましたわ・・

<<   作成日時 : 2008/07/20 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

なんだかんだで今月はまだ海外通販していなかった事に気がつきました。
で、通販と言えば昔は少年誌の裏表紙を開いた所・・表3に載っている怪しいグッズをワクワクしながら眺めたものです。

まあ子供なのであまり高額な物は買えません。
時代が違いますが二光通販のトーマスのギターなんかもう高嶺の花だったのでしょうね。
そう言うわけで、どちらかと言うと品物と一緒に送られて来るカタログを眺めて楽しんでいた方が多かったかも。

それから幾歳月・・・今でも少年誌の表3はそうした通販広告の定位置にあるようですね。
画像
これは少年サ○デーの表3なんですが、やあ懐かしいなあ。

私も子供の頃にツヅミ弾を撃ち出すBS銃やらヘロヘロなボクシング・グローブやらスパイカメラと現像セット・・とかビミョーなアイテムを買ってた記憶があります。

まあこう言うのはソレっぽいパチ物とか面白アイデア商品とか、子供騙しなとこがまた魅了ではあるんですよね。
画像
ほほう、ナ○とヒ○ギクの抱き枕・・・。

う〜む、これは・・・どうしろと!?

あ・・・ああ、そうか。
これはきっと夜一人だと怖くて眠れないとか、寂しがり屋なちびっ子の安心毛布的アイテムなのでしょうね。
まさか本誌で身売りしてるとか・・では無いと思います。

ええ、なんたって夢とロマン溢れる少年誌ですから・・・ぶっっ
画像
ええと少年サン○ー・・で間違いないですね。

こ・・こんな実用的なアイテムまであるとはっ!

いや、さすがにこれは夢とロマンを刺激しまくりではないかと・・。
ん〜・・これはけしからん、実にけしからんぞハヤ○。

まったく最近の少年誌の軟弱ぶりは嘆かわしい限りですね。
ワシらの子供頃はなぁ・・クドクド



あ・・・ところでこれ、キャストオフ可?




と、そんなお約束なネタをふりつつ眺めていると、下の方にまさしく素晴らしいアイテムがっ!
画像
なんとナイト2000のK.I.T.T発見!?
いつの間にやら量産型が完成されていたとは知りませんでした。
ほうTV同様に野島昭夫氏の声なんですね。

「マイケル、一般道、駐禁エリアです。」

・・・キット、すっかり日本の道路事情に詳しくなってます。

いや、しかしこれはちょっと欲しいかも?

通販特価\59,999

ぐはっ・・・安いんだか高いんだかビミョーだけど、どっちにしろ買えねえ。。

え?なになに・・月々\4,300の分割払いもあるのか。

・・・って、これ少年誌ですよね?




な事よりHeadWarsです。
危うくライト関連のブログである事を忘れるところでした。
これまで350mA出力の743の回路と組み合わせていましたが、再び700mA出力の733の回路に戻します。
画像
両回路の違いはR6-R9までの四つの抵抗と二つの3端子のチップ(レギュレータ?)くらいでした。

外部に熱伝導板を出しているとは言え放熱能力は無きに等しいので、どれくらい熱ダレを抑えられるか何とも言えないところです。
画像
ああ・・・全く抑えられなかったようです。
と言うかノーマルより初期照度が高いだけにより急降下になってしまいました。
それでも安定期は55lm辺りをキープ出来たんですね。


が・・・これまたダメだったようです。
いや、照度的には放熱機構を何とか出来ればもう少し落ち込みを抑えられると思うのですが・・・。
700mAと倍の電流ともなると発光効率は低下するので照度は倍にはなりませんが、発熱の方は倍以上なるんですね。
そう言うわけで再びあの惨劇が・・・。


「内部に高エネルギー反応」


「表面温度が70℃を突破しました!」


「このままでは・・・盾がもちません!!」



画像

裏蓋がもちませんでした。。

スリットは歪み、ところどころに溶け跡も残っています。
ああ、こりゃ内部では90℃超えてたかも。
画像
あるいは、アルカリのようには電圧低下しなかった事が高熱の原因だったのかも知れませんが・・こうも熱に弱いボディだったとは。
と言う事は、元来LEDが熱ダレして電流が流れなくなる事を見込んだ構成・・と考えるべきか。


さて、どうしたものか?
予備に743の裏蓋はあるけど、いずれにしろ700mA駆動には耐えられない。

フルパワーで駆動するとしたら=やはり放熱フィンを持ったアルミボディが必要そうです。
再度7335仕様に戻すとしたら=より明るいLEDを可能な限り高効率で駆動する必要がある。

選択肢はまず二通りか・・・いかがいたしましょう赤木博士?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
つい先日、GYAOの「溜池Now『Vol.50 マニアックサークル勧誘会』」てのを見たんです。

内容はマニアックなサークルを紹介で、
ありがちというか廃屋の会とか、野球の審判にのみ注目する会とか、うまい棒を探求する会。「珍地名同好会」といって、変わった地名の看板の前で記念撮影をする会とか、「断面同好会」といって、モノの断面にのみ注目する会、なんてのが色々出てくるんですが、その中に「抱き枕同好会」ってのがありました。

アキバ王という青年の説明によれば、
抱き枕をこよなく愛し、「嫁」と呼び、添い寝はもちろんのこと、一緒にお出かけもする。なんなら電車にも乗る。
「イタ車」の助手席に乗せて、「嫁」意外は座らせないという方もいる。のだそうです。。。

んで、昨夜ひとと話していて判明したんですが、「イタ車」ってふつーに外車のことかと思っていたら、「痛車」といって、それはそれでジャンルが確立しているのだとか、、、


まあ、懐中電灯も不思議もじゅーぶんサブカルの一種であろうかとは思いつつ、サブカルって、ホント多種多様。
川端
2008/07/21 08:35
痛車について川端さんに解説した1人
deth(笑)。

少年誌の通販広告も、随分と様変わり
したんですねぇ。私は最近、おっさん
向け&OLさん向け4コマ誌ばっかり。
ソコに掲載されている通販広告の中に、
「超 千里眼」というのがあるんですが、
これ、もう最高ですよ〜!

さておき。爆砕ボルト作動で(笑)。
いや、そうでなく。パルス駆動の魂なら、
熱的には多少有利でわ? とか。。。
しかしまさにHeadWars(笑)。
リオ
2008/07/21 10:10
川端さん>
普通の二次元はもうすっかりメジャー化してしまいましたものね。今の内に日本の主力産業として確立しておくべきかも知れません。すぐにパチられるけど・・。
でも趣味ってのはむしろメジャーよりサブカルであった方が楽しいのかも。

リオさん>
もうちょっと大きいお友達向け雑誌の表3と言うと”届いたその日からツキまくり!”な開運グッズが思い浮かびます。「超 千里眼」にはどんなパワーが?

破壊道まっしぐら!・・な今日この頃、ロクに放熱機構のない真鍮板に集中させたのがまずかったみたい。
出力的には500mA位ならなんとかなりそうですが・・とりあえずAPEXの明るさを見てから決めようかな。
monozof
2008/07/21 12:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
HW-733R:燃え氏にましたわ・・ monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる