monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS HW-7335:電流が足りませんわ

<<   作成日時 : 2008/07/19 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

昨夜の体調不良は何かの呪い、と考える事も出来ますが・・・そもそも私を殺すのにそんなパワーはたぶん要らないと思います。
物理的にもダガーナイフどころかボンナイフでも十分かと。

それくらいヒトの命は脆く儚いモノ。

そうそう、どうせなら人殺しじゃなくて人助けな通り魔とか現れて欲しいものです。
100人殺すよか1人を救う方がよっぽど大変そうだ。
ヒトなんてどうせ1000年も生きられないモノだもの。

だから呪いで人が死ぬなんてのはちいとも凄いと思えないんですよ。
時間が経てば何もしなくたって死んじゃうんですから。

そこで考えました。
もしも私が未練を残して死ぬとしたらこう願おう。


おのれえ孫の代まで・・救ってやる


・・・人によってはえらい迷惑な幽霊になりそうだ。。


そして、これもまた・・・。

”LEDはフィラメントよりも暗いけれど省エネで長く使えるモノ”

これも一種の呪なのかもなあ、と思いました。

いや、今や迷信と言っても良いくらいでしょうか。

1Wや3Wでフィラメント並みに明るく、かつ電流制御により初期の明るさを維持する事も出来る。
そうなると電圧に応じて消費電力の減ってゆくフィラメントよりも、時間当たりの消費は増えているとも・・・。

もう砲弾型でちょろちょろ電流を流している時代では無いのですね。
そうした暗いけど長時間光ってるみたいな運用法にはアルカリ電池の特性も合っていたわけですが、大電流を取り出すのには・・・これほど不向きな電源は他にない




と言う事に(今さら)気がついたので、(今頃)こいつを買って来ました。
画像
三洋のエネループ、単三型充電池と充電器のセットです。
いや実際たまのスポーツ、レジャー用ではなく毎日使う方はニッケル水素充電池をメイン電源にしてますものね。

これも一応ニッケル水素ではあるのですが、長期保存に向くよう少しばかり特性が変えてあるっぽい。
いや同じニッケル水素と一口に言っても各社各シリーズそれぞれに特性が異なるようですね。
乱暴な括りをするとしたら高速型か低速型と言った感じでしょうか。
いずれにしろアルカリ電池とは異なり、ハイパワーLEDのように多くの電流を連続的に取り出すのには向いているはずです。


と言うわけで、HW-7335で使ったらどんな具合か試してみました。
これまた今頃?と思われるでしょうが、これまでmonologではヘッデンはスポーツ・レジャー用途あるいは災害時のサバイバルと言う用途を前提とし、前述のフィラメントほど明るくないけど長時間点灯が可能なモノとして扱って来ました。
ええ、例え公称値のン十時間後が蛍の光程度であっても・・・。

が、それもHeadWarsなどハイパワーヘッデンについてはこれで最後にしたいと思います。

とりあえずはエネループで初期の1W出力をどれくらい維持できるか見てみましょう。
画像
ほぼ予想通りUltraFire C2のように降圧コンを搭載するフラッシュライトによく見られるカーブとなりました。

しかし30分までの降下率が82%と言うのは少し大きい気もします。
エネループは初期の電圧が1.4V以上と少し高めなのですが、安定するのは通常の高速型ニッケル水素とほぼ同じくらいだから・・とかなのかな?

いずれにしろ約350mAの7335での連続点灯時間は約4時間(70%以下は切り捨て)である事が判りました。

次に733のアルカリ、7335のアルカリを交えて比較してみましょう。
画像
ふむ、初期照度は少し低くなりますが2時間後には733のアルカリも7335のアルカリ共に追い越す事になるんですね。
ただし安定時は平均すると初期の75%程度である・・と。

とすれば、元の733の回路で700mA駆動した場合は連続点灯は半分の約2時間になる。
照度は・・アルカリの80%で開始して安定時には更にその75%ですので約49ルーメン巡航になると予想されます。
ちょっと物足りない値ですが、確か733もその後少し照度は上がっていると思いましたので、再び回路を入れ替えて(元に戻して)試してみる価値はありそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
最近AA使用ライト(ヘッデン)の弄りが多いようなので、ついに環境にも財布にも優しいエネループを購入されたんですね。
明るさ志向の私的には手元にニッスイがあっても、ついついアルカリを入れてしまいます。
で、久しぶりに手元にあったニッスイとLi-ionの電圧を計っていると、9本あるSANYOの18650の内2本が1.7Vと1.9V。
3ヶ月くらい前に計った時はどちらも4.0V以上有りましたが、それから全く使用せずに保管していたにも拘わらず2.0Vを下回るとは・・・自然放電したんでしょうかね?電池にダメージが無ければいいんですが。
今充電中ですが、ちょっと落ち込みました。
0909
2008/07/20 20:02
デジカメではソニーのCycleEnergyを使っていたのですが、これ系の本家エネループはまだ持っていなかったんですよ。
また同じパナのニッケル水素でも2400mAhのHHR-3XPSと2000mAhのHHR-3MPSではかなり特性が違う感じです。
エネループは容量の割りには初期電圧が高いと言うのが特徴的と感じました。幾分アルカリちっくな特性なのかな?

リチウムイオン充電池は強制的に劣化試験(S.T.Fで30回充放電)をした時はビクともしなくて、使わずほったらかしてたのが死んでたりとか、未だに先が読めないでいます。
今は一応3.8V位を保存電圧としていますが・・気休め程度って事で。
monozof
2008/07/20 21:43
>>おのれえ孫の代まで・・救ってやる!
それが宗教で言う折伏なのかも知れませんが(^^;

電池の特性って、難しいですね。なんとなくなら分かるような気がしないでもないこともないようなあるようなカンジがしないでもないと公言するにやぶさかでないのは遺憾ですか?みたいなカンジですが、、、
川端
2008/07/21 09:02
ふむ、昨今お騒がせな原理主義者なども単にそれは自分の”気持ち”優先の解釈に過ぎないと認識してくれていれば問題ないのですが、ヒト・・じゃなくて神の意思とかモノ(システム)のせいにするからタチが悪くなってしまう。それこそが唾棄すべき偶像であるとシステム開発者も記していたのに・・ってこれも私の”気持ち”による解釈ではありますね。まあ結局はまた別のシステムに利用されているんだろうなあ。

電池の特性は実際のところ私もさっぱりです。。
出来るのは既知の法則と見かけ上の現象からあーだこーだ考え、予想する事くらいでしょうか。
monozof
2008/07/21 11:49
Thanks for finally writing about >HW-7335Fd___B

monolog/EFu_u_O <Loved it!
Dewey
URL
2017/08/19 10:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
HW-7335:電流が足りませんわ monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる