monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造覚書:GTR-731H

<<   作成日時 : 2008/06/23 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

それにしてもGTR-731のコリってデカいですよねえ。
1AAの小さなヘッデンなのにHW-733Hのよりワンサイズ大きい。

しかし、どこかで見たよーな・・比べてみたらSuperFire.X SF-502Xと同じでした。
画像
なるほど、そう言えばこの時期のGENTOSはどれも狭角飛ばし系でしたっけ。

それでいて搭載されるLEDはめっちゃ小さいです。日亜Rigelの0.5Wと言う事はNFSW036C辺りでしょうか?
ちなみに電流は約180mA流れていて、LED単体での測定はしていませんが、トーチルーメンから逆算するとカタログデータ通りの照度は出ているようでした。
画像
3.5x3.5mmですのでCREEはもちろん、向かって左の3258サイズのチップLEDともそう変わらない大きさです。
ちなみに3528の方はスクーターのメーターパネルに使われていた物で、3年程前にRGB三色タイプのに換装してあります。
これらは小さいけどチップ抵抗などの表面実装部品と同様に接点端子が横に出ているので扱いは意外と楽なんですが・・Rigelのように小さい上に底面に端子があってリフローで接合するタイプは少し厄介ですね。
Rebel、Ceramosなども底面端子のピッチと適合する基板との運用が望ましいLEDとなっています。

回路はAA1本で駆動していますので、昇圧回路が使われている事は私にも判ります。
画像
画像
ところでコイルがふたつあるのはデカいサイズだと収まらなかったから分けたとかでしょうか?
いずれにしろ非常に狭いスペースに回路を構築しているのがタクトスイッチの大きさから判りますでしょうか?


さて、小さいボディにデカいコリ、回路スペースもキツキツと言う事で、こりゃあ確かにチップサイズのRigelくらいしか収まりそうにありません。
普通ならここは光学系も変えてCREE化と言ったパターンなのでしょうが・・・。

今回はこの光学系を活かしたいと考えてこれをチョイスしてみました。
画像
何だか見慣れないLEDと基板かも知れません。
これは最近ではGENTOS EX777XPなどにも使われている日亜の電球色のLEDになります。

実はこれは別の理由で小売している所を探していたのですが、LED単体ではなかなか見つからなくて唯一LED-ONさんでハイパワーアルミ基板モジュールとして販売していたのがこれです。
画像
ハイパワーアルミ基板モジュール R1S-083-L 電球色:656円也。
で、届いたのですが・・私が欲しかった上位ランクではなかったようです。
たぶん一番Vfが高く照度の低いNS6L083A(-H1)とかみたいですね。
確かに最大定格の350mA時には60ルーメン近くは出てるのですが、Vfは3.8Vを超えます。
でも0.5W駆動ならって事と、狭いビーム角と色温度の低いLEDにより距離を稼ごうと言う狙いです。

サイズはRigelよりだいぶ大きく6.5x5.0mmとほぼ倍、Jupiterに近い大きさがあります。
高さも1.35mmとRigelより0.55mm高いのですが、こちらは基板が薄いので差し引きゼロくらい。
画像
とは言え発光面の高さを合わせる為に若干コリの縁を削って広げてやる必要はありました。
とりあえずアクリルカッターを使いバリ取りの要領でサリサリと削って、ちょっとだけ磨いて終わり。

元々がLuxeonK2などに合うコリのようでRigelでもかろうじて合っていると言う感じでしたが、これもかろうじて合っている程度にはなりました。
画像
ベゼルの間にオレンジのシリコンOリングを挟んでいるのは・・単なる気分です。。
ちょっとだけGTRからHeadWarsの仲間に近づけたかなあと思いまして。

照射パターンはオリジナルのRigelより少し広がってしまいましたが、ほぼ似たような感じにはなりました。
画像
だいぶ色温度が違うので判り難いですが照度も一応アップしました。
Rigelの19.40lmから24.32lmにアップ・・ですが、この色温度だとセンサーの特性のオマケも付いていると思います。
しかし50cmの中心照度はやはり3/4に落ちていましたので、照射範囲はやはり広がってしまったようです。
それにVfが高いので消費電力も増えているかも知れません。
あ・・・オリジナルのランタイムも取っておけば良かった。。


何はともあれ再度オリジナルを撮影した場所に・・・と思ったら入れなくなっていました。
この辺は不法投棄などで荒らす人が多いせいかも知れません。
うーん、とりあえずサミットが終わったらまた別の場所を探さなくては。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
SF-502Xって確か四角い照射だったような。GTR-731は丸いのですね。(救われた?)
EX777XPで使われているLEDって事は、頑張れば280lm出る・・・
簡単にリフ(コリ)外せて、ランタン兼用ヘッデンって言うのも有りかな?
0909
2008/06/24 07:11
おはようございます。
一瞬EX777XPを額に・・を想像してしまいました。
実はそっちからNS6L083を3個ぶん取れないかなあ、とも考えていたのですが、日亜ではもう次の500mA級のも発表されているので今回はお試し的に導入してみました。

そう言えば照度的には余裕が出て来たからかGENTOS、LED LENSERともに今年は拡散方向にも力を入れて来ているのは面白い流れですね。
個人的にはシュアL1みたいな程よく混ぜながら集光させるテクスチャードコリみたいのを出してくれれば・・ぶん取りたいところです。
monozof
2008/06/24 08:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改造覚書:GTR-731H monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる