monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨・・のつもりが霧の実戦照射試験

<<   作成日時 : 2008/05/27 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

札幌は午後から天候が崩れると言う事で、密かにほくそえんでいました。
やはり悪天候で真価を発揮してこその野外ライト・・って事で、今年は雨も大歓迎です。
その為にホムセンで安いなりにレインウェアも用意しました。4千円くらいの3Dなんたら。
本当は東レのエントラントのが欲しかったんですが・・そっちは冬季用に考えておきます。

ところが、雨はしょぼしょぼ降っているのだけど・・・それ以上に霧が出てしまいました。
いやあ去年はあんなに霧を求めていたんですけどね。
今日は雨の日の濡れた路面の視認性とか見る程度のつもりだったんですが・・・。
車で移動中の視界は30m-50mくらい・・と素晴らしいまでの霧です。

まあ、夜で雨で霧なんて最高の(?)悪条件ですので、とりあえずそのまま照射試験を開始する事にしました。
場所はヘッデンの試験でお馴染みの林道試験場です。
画像
ほとんど見えないと思いますが・・グリーンの枠内の赤い矢印の先にターゲットのタオルを吊るしてあります。
また、そこから5m感覚で紙コップを11個並べて約60mの距離から照射しました。

今回のオーダーは以下の通り。
1番:OHM TL-404
2番:UltraFire 502D 12V Xenon
3番:3C4 W1 1.16A
4番:UltraFirre WF-500 SSC P7 1.4A
5番:UltraFire C2 TE Q5 1A
6番:UltraFire C8 Q5 1A
7番:3CP Q5 2A
8番:SuperFireX SF-502X
9番:FENIX L2D CE Turbo

撮影条件は60m @ ISO200,4sec,F2.6,Daylightです。
まずは全景の画像から。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
502Dの画像では私もベクターが出せました・・じゃなくて蛾が迷い込んで写っていました。
すでに何が何やらな雰囲気かと思いますが我慢してください。
また途中で霧が濃くなったり薄くなったりもしているので全て同一条件と言うわけでもありません。

今度は画像の一部、グリーンの枠内だけを見てみたいと思います。
多少は判りやすくなって・・いないかも。。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
で、以上です。お疲れ様でした。

今回の教訓は・・霧が濃い時はどうしようもない、でした。
実は最初のサンプルは比較的中庸な性能のL2D CEの画像を使用したのですが、これだけ霧が出ると明るいライトほど手前が明るくなってしまってターゲットが見えにくくなっているからです。
ボツになりましたが一番霧が濃くなった時に撮ったTL-404の画像などは光の塊だけで何も見えなかったりしました。貫通はしてるのかも知れませんが目の前の霧が明るくなり過ぎて何が何やら・・と言う状態になっていまうのですね。
まさに光の壁に視界が阻まれてしまった、と言う感じです。

となると・・・やはり紅い眼鏡か?


*6/2追記
霧と霧雨の様子を撮影したビデオを追加。

結局BGM用のCDは見つからず、仕方なく知っているメロディをMIDIで打ち込んで・・と言っても本当のスコア知らないしほとんどループです。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
C8と3CPの一直線には脱帽ですね。
霧の場合乱反射で照度高ければ反射も多い?のか対象物周辺が見難いような。
霧中でこれぐらいの距離ならWF-500ぐらいがベストかな。
紙コップがはっきり見えるのは3CPですね。
SuperFireX SF-502Xは・・・製作者の意図が良く判りません。
ライトはこの距離でタオル付近で撮影したら、また違った何かが有ったのかも。
TL-404の画像は隕石かマグマが飛んできたようで面白いかも。
0909
2008/05/27 13:31
霧が濃い時のTL-404ではなかなかリアルなカメ○メ波が出せていたのですが、肝心のターゲットがさっぱり見えずでボツになりました。
SF-502Xは電池がへたっていたせいもあってか、いまいちパっとしませんでしたね。現行モデルはパワーも上がってるんでしたっけ?
でも、こうしたシチュエーションだと一点突破の遠射系以外はみんな近・中距離用になってしまうのでL2Dなど100ルーメン機でも結構イケてたと思います。
monozof
2008/05/27 17:38
いつも楽しくROMさせて貰ってます。
雨の中での照射実験とは・・・撮影も大変そう^^;
実際の目で見るのとは違うのでしょうが、興味深いです
実際はライト(光源)の位置とか色々動かして、水の粒に反射した光が目に入らない様に何とか標的を見ようとあがくんでしょうね^^
車の場合でも雨が降っていたり霧が出るとディスチャージはダメダメです(私だけ?
黄色いフィルター着けたくなりますね^^b
これからも楽しくて参考になるブログ楽しみにしています。
S@mourai
2008/05/28 01:00
いらっしゃいませ〜。
移動中から雨はもうショボショボくらいでしたが、撮影中は霧雨+霧と言う感じでした。一定以上霧が濃くなると車のハロゲンライトでも見えるのは30m-50m位になるので、やはりゆっくり走るしか無いようですね。一応イエローのフォグもどきは付いているのですが・・車幅灯の補助的な配光になっています。。
そういえば画面右の方にポツンと光っているのはたぶん150-200m位離れたところにある街灯なんですが、地面から高い位置にあるからなのか、それだけは見え方があまり変わらないのが不思議でした。
ハンドライトだと逆に低い位置から地面スレスレを照らす事で少し遠くが見通せました。実はビデオも撮ってあるのですが・・使おうと思っていたBGMのCDが見つからないっス。。
monozof
2008/05/28 12:17
やはり濃霧だときびしいですねー。
画像を見た限りでは、502Dが見やすいような感じですか。
そして、ここでもベクターさん登場w
WF-500 SSC P7も健闘してる感じですね。
あやしげ
2008/05/30 23:11
あるいは蟲氏とか。光脈が・・って映画の方は蒼井優が綺麗だった・・だけでした。本当にありがとうごz(ry

502Dはもはやシュア以上にドロップインで活躍してくれていますね。これでテール部がもう少ししっかり造られてくれてればなあ、と思います。
次回はP7、3C4ともにもう少し出力上げてやりたいところですが、なとかして502XもT7みたいにパワーアップ出来ないかしらん?
monozof
2008/05/31 01:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雨・・のつもりが霧の実戦照射試験 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる