monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造覚書:UltaFire C2 with SSC P7 1A駆動

<<   作成日時 : 2008/04/09 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

さて、前回は笑いをふりまいてすっかりmonologにも溶け込んだ感のあるSSC P7。(いや・・)
お約束通りとりあえずC2に入れてみました。
画像
容れ物はほとんどC2Zの物をそのま使い回し。
焦点調整可能な可動式の底無しリフですね。
リフへの写り込みは良さそうに見えますが、やはり中は少し抜けています。

P7用に手を加えたのはキャニスターと拡張スラグ(仮)くらいでしょうか。
画像
水平に延ばした端子が当らないようキャニスターの縁の一部をカットしてあります。

拡張スラグは今回は1Aしか流さないのと、比較用のC2 TEとコンディションを揃えるため(何よりも後で外すの面倒くさいので)熱伝導両面テープで貼り付けておきました。これはC2 TEも同様で小さめの拡張スラグとベースはシールで貼って、シンクへはグリスも何も付けずにただ置いているだけです。

後はそれぞれベゼルを締めこんで圧着される事で熱が伝わるようになっています。
画像
リフとの絶縁&押し付け用クッションにはホムセンで買って来たシリコンゴムシートを10mm径のポンチで穴を開けて被せて準備完了。


それではC2 TEとの比較照射画像です。
画像
回路はC2 TEと同じくAMC7135x3のモード違いバージョンを接続。
ただし1A時のP7のVfがべらぼうに低いためかHiで1070mA流れていました。
同じくMidで370mA、Lowで110mAといずれもC2 TEよりも多く流れています。
各照度は暫定ですが以下の通り。

Hi (1070mA)=166.01
Mid(370mA)=51.66
Low(110mA)=17.83

とC2 TEのそれと似たり寄ったりの値でした。
いや使用されているチップがそれぞれCREE P4とSSC P4 Uと考えれば、近い値になって当然とも言えますか。

ただパターンは確かにLuxeonVに似て、気持ち中心に青暗い感じが出ていました。
画像
OPリフで目立たなくなっていますが、F5.6にした画像だと少しは見えるでしょうか?


いずれにしろ同じ1A駆動でも同ランクのシングルチップを大きく上回る照度が得られている事が判りました。
続いてランタイムグラフを見ていきましょう。
画像
350mA駆動?ってくらいに一直線なグラフになりましたが、これ1A駆動なんですよね。
時間を詰めて見ると小刻みに上下していて、それが密集した多チップ故の現象かは不明ですが、1セルで1Aでここまでフラットなラインは初めてです。

パーセンテージも見ながらTEと比べてみたいと思います。
画像
画像
P7はストンと落ちる1時間40分頃まで90%以上で不動とも言える安定性を示してくれました。
僅差とは言えTEがこんなに早く敗れるとは・・SSC、デカいとかキモイとか言ってスマンかった。

更に現時点シングルチップでは最も効率の良かった銀栗P4を交えての比較。
画像
銀栗P4もシングルチップのP4としては素晴らしい効率と安定性なのですが・・・多灯、多チップとの差は大きかったようです。

高効率と言う事であれば当然発熱も少なくなっているはず。
画像
開始温度が30度からにも関わらず最高で48度まで。
温度差は18度ですので、これも C2 TEと大体同じか少し良い感じです。

これを絶対発熱効率(更に改訂版)で見てみると・・。
画像
1時間40分までの値ではTEより低い発熱効率でした。
つまり同じエネルギーからより高い発光効率が得られたと言う事ですね。


と言うわけでSSC P7、最高照度の値は眉を唾にどぶ漬けして丁度くらいだと思いますが、この効率の高さは確認された事実であり、その性能は本物でした。
多チップ並列駆動により電源電圧をほぼそのまま使えるSSC P7は、現時点では1A運用時最も高効率でエコなLEDと言えるかも知れません。
何よりもこの性能・・驚異的な高効率駆動・・は短時間の最高照度の値とかと違って、特殊な環境とか高度な技術とか高品質な素材とかが手に入らなくても、、普通に誰もが何時でも簡単に、そして確実に手に入れられるモノである事に最も大きな価値があるのではないか、と私は思います。

恵まれたごく一部の人にしか手に入らない性能など、本当の技術では無い・・のかも知れませんね。



これでもう少し小さければねえ・・。
画像





C「デカ杉だろ?いくらなんでもw」
S「ですから自重して頂かないと・・」
K「キモいです」


CSK「でも・・・意外とやるじゃん」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
色温度とかももう少し選択肢があればなぁ。
現状では使えるリフが少ない=使えるライトが少ないということですね。手持ちのライトに簡単に交換できるドロップインモジュールセットでも有れば。
0909
2008/04/10 12:54
そう言えばP7でも暖色系とか電球色とか出すのかなあ?
あ、4チップなら白、暖、白、暖と並んでいるとか・・。

先生ー!白が買い物に行ったm(違
monozof
2008/04/10 14:12
入手性、というところではダントツですよね。
定格2800mAをどうするんだ、はありますが。

アレやらアレは、ねぇ(謎苦笑)

で。せっかくだからあのコンでP7駆動キボン!
リオ
2008/04/10 22:21
ネタ扱いかと思いきや(失礼(^_^;)
意外とまともに光るんですね〜
あのコン、キボンヌにもう1票!
cinq
2008/04/10 22:31
リオさん>
KaiではAMC7135x8でどぞーとなっていますが・・この多分VfランクIな個体なら電圧的にもいけそうなところが怖いです。でも電池側が持たない、に800ゼニー。M300ボディならあるいは。

cinqさん>
あのコンとは謹製2階建てコンですよねえ。熱に弱いICは内向きだとは言え・・アレは死んだら代わりがいないモノ・・なので、やはり燃え死んでも良いダミーからでどうか。
monozof
2008/04/10 22:58
あれ? 聞こえませんか? 耳を近づけて!
「私が死んでも替わりはいるもの。。。」
って聞こえるはずですよ(笑)。

思うのですが、LEDが死亡すると同時に
大抵、コンも逝っちゃいますよね。
「私が護るから」などっちかが欲しい(笑)。
いや大丈夫なのもあるんですけどさぁ。
リオ
2008/04/11 08:01
と、いつの間にか昼過ぎに。
そう言えばA8には試作を使われていましたものね。
しかし15W級とは・・まさにHIDとタマの取り合い?

とりあえず今夜は軽く2Aほどで比較照射をしてみたいと思っています。
もっとも当のP7はヌルくて風邪ひきそうとかぬかしてますが・・いささか過小評価し過ぎていたか。
monozof
2008/04/11 13:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改造覚書:UltaFire C2 with SSC P7 1A駆動 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる