monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS UltraFire C2 TE:黄栗P4でも突破

<<   作成日時 : 2008/03/09 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

むう広川太一郎さんも亡くなられてしまった・・・。

心よりご冥福をお祈りいたします。






さて、今夜はC2 TEのパワー編です。
画像
とは言え何せボディはC2です。
無闇にぶん回してもアチチになるだけですし、三つ目たってP4ランクですから爆光などはなから狙うつもりはありません。

では、どの位が適当かなと考えて・・Kaiのコレを使いました。
7135 Regulated 1A 17mm Circit (16 modes in 3 group)
AMC7135が3個ですので正確には1050mA、1灯当り350mAと程よい出力となります。

これで・・と、タイトルに突破とありますが、実はこのコリは遠射向きではありまん。
1灯の場合は程よいサイズの大きめスポットと周辺光と言う感じ。
これが削ったせいか3灯重なるせいか、C2 TEではSSCやKLC8を使ったように周辺にかけて綺麗に減衰するパターンとなりました。
よって比較対照もそうした中距離までを得意とする範囲照射タイプとし、場所も車庫内5m照射としました。
画像
ちょっと芯が強めですが、周辺まで見やすい配光となっています。
これまた倉庫の棚卸にはうってつけかも。。
ちなみに電流は実測でもLED側でほぼ1050mAで、照度はで168.27トーチルーメン出ていました。

次にランタイムを見ていきましょう。まずは生グラフから。
画像
ご覧の通り点灯直後に少し大きい垂直降下があります。
私は最初これを熱伝導が不十分だからかな?と考えていました。
が、良く考えてみたら・・これはある程度仕方なかったようです。
普通は1LEDでも垂直降下は発生しています。
これは素子そのものがその電流で常に維持し続ける温度に到達するまで下がります。
熱伝導の状態やボディの放熱能力によっても変わりますが、LED単体ではスター基板直下で測って350mAで外気温+20度くらい、700mAで+45度くらいとかでした。
ですので、空冷とか水冷とか強制冷却しない限りは必ずある程度の垂直降下は発生します。

その熱による照度の低下が、三つ目では3倍になるんですね。

何だか損したような気分かも知れませんが、これは数少ない三つ目の顕在的なデメリットですので、とりあえずは素直に受け入れましょう。
その後に電圧降下とヘッド全体の温度上昇までの緩やかな降下があります。
グラフ最初の方にある少し角度が急な部分ですね。
ここまで来ると1LEDと同等か、むしろ降下は緩やかになります。

で、先の生グラフと初期照度から作成したグラフです。
画像
30分単位だと・・・・短く見えて損ですね(ぅおい)
いや、生グラフを参照して頂けば判りますが、実用1時間40分と言ったところでした。
これはまあ1Aクラスのライトとしては平均的な値ですね。
LightReview.infoさんところのデータではRaidFire Spearが1時間37分、Wolf Eyes Fox-1Xはちょいダラ下がり気味で2時間1分。
まあ同じ電源、同じ出力なのですから、似たり寄ったりの時間になるのは健全な証拠と言えますか。

それでは肝心の突破が出来たか確認してみましょう。
画像
条件が近い素材と言う事で、例の銀栗P4を同じ1Aで駆動した時の記録と、黄栗Q5を昇圧コンで790mA駆動した時の記録、このふたつと比較してみました。

黄栗Q5についてはVfが高くて手持ちのDCコンでは1A流せないし、900mA位で駆動してもダラ下がりが激しいので、昇圧コンでそこそこハイパワー狙いと言う設定になっています。
が、それでいてランタイムも照度も負けてしまったのは情けない感じです。
むしろ効率的には銀栗P4がなかなか健闘していますね。
グラフのラインの内側の面積が絶対効率になるわけですが、三つ目に肉薄する勢いです。
照度もQ2の下限くらい出ていますし、1LEDとしては素晴らしい効率だと思います。
しかし、さすがに1Aも流していますので電圧降下により、バッテリーの放電特性に沿ったカーブで照度が低下しています。




ここまでで何か気付かれましたでしょうか?

ええ、C2 TEも銀栗P4とLED以外は全く同じ構成なんです。
電源電圧に応じて照度も下がる定電流ボードによる1A駆動。

しかし・・描くカーブは異なるモノとなりました。




と言うところで、つづきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
照射比較の画像を見ると、SmartFireかと思いましたが良くみるとSupreFire・・・SF-501がかわいそうな気がします。1年前は「なんて明るいライトだろう」とその実力に驚きましたが、1年でこんなに隅に追いやられるなんて・・・

銀栗をあえてエコで使用する手もありますね。
0909
2008/03/10 01:12
おはようございます。SF-501も今なら\3,980セールですからほぼ半額、LED単体の価格なんですね。
DXの銀栗Q5は今日明日には届くと思います。
実はHF-18の黄栗Q5・・リフとっかえひっかえ中にぶつけたらしくレンズが浮いちゃっていました。。
どうりで前より照度がガクっと下がったわけです。
そっちもリベンジで2時間突破・・と思ったけど回路も変えなくちゃエコにならないんでした。
monozof
2008/03/10 07:03
「アレ」の出番はいつ?(黒笑)
リオ
2008/03/10 12:04
「アレ」を守る機構と共に。
その前にまずWF500系をフルパワー化。
ん?それとも「ソレ」の方かな?
「ソレ」は能力次第で「アレ」と組み合わされるかも。
monozof
2008/03/10 13:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
UltraFire C2 TE:黄栗P4でも突破 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる